ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

コンドラチェフの第五の谷間(4)>繁殖する毒キノコ現象にも表れたか(笑) ( No.583 )
日時: 2017/07/19 10:33
名前: イントィッション ID:i18aL8GI

日時: 2015/10/01 04:16名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

お昼のテレ朝ワイドで、今年は毒キノコが滅多やたらに繁殖しており、その見分け方について山の植物に詳しい人達の現地での説明がとても良かった。

まあ都会人はスーパーで、人工栽培のキノコ類しか食べないから、毒にやられる心配はなかろうが、山林などにおけるその種類は沢山あって、しかも食生のものと区別がつきにくい、ほんとに良く似たキノコが多い。

毒性のものでは、何という名前だったか、食べて一週間後くらいに苦しくなって、それから死ぬまでに、もう一週間もかかるものがある。あっさりと死なせてくれない(笑)。

人間が大勢集まって暮らしている街中なら、毒キノコが生えている訳でもないから、これにあたってしまうリスクは非常に小さいが、人間が育成した別の人間による毒のばら撒きでやられてしまう別のリスクが大きい。しかもそれが年々大きくなっている。

自然繁殖の毒キノコにも似たりで、区別判別が非常に難しい政界毒キノコという種類がある。最初は実に口当たりが良い(笑)から、食ってしまうとその毒は、時間をかけて徐々に体に回ってくる。植物なら2週間ほど苦しんでお陀仏になるから、まだましだ。だがシンゾー型毒キノコとなると、殺されるまで時間がかかる。

それを排除しようとするグループも出ては来るのだが、その毒キノコを育成している同じ土壌の上で、変えようとしても、変われる筈がない。土壌が同じなら、自然生育している毒キノコが、いくらでも繁殖する土壌なのだから、これを変えない限り、毒キノコの繁殖は止まらない。

まあ、自然共生の原理があって、生物の世界でなら、毒が必ずしも害であって不要とは言えない。毒も存在しないと器官が正常に働かないケースが結構多い。これと同じで、人間社会も毒を必要とするケースもあるからなのか?毒を排除できない。典型的システムが資本主義であろう。廃棄物(毒)を出さないとそれを処理する分野が、資本が望む、否、そうしないと成長の一分野を形成してくれない。

わが国が一時、1億総中流化時代を楽しめたのは、この国が無意識の内に、資本主義をそれなりに日本型にして上手に運用したからだろう。その中間層を維持したから経済の循環がうまく行っていた。ところがやはり米国流の、資本主義に必ず冠として付けられる「自由」資本主義のその自由という可食キノコに似せた、毒キノコを食わされてしまって、毒が回ってしまい、解毒はやはり企業資本に優先されて生活者は放り出されてしまった。

具体的には資本の論理に合わないものは、排除され出したのだ。その典型が派遣労働法の出現であろう。ここでも好きな時に働けるとかの、自由なる言葉が最初に出ていた。そして未だに世界は、資本主義の行き詰まりが、中間購買層を無くしてしまった(=格差の発生)事に原因があることに気がつかない

だから、中国が成長の限界に来たと知ると、一斉にそこから逃げ出し、資本の引き上げに一斉に走るから株式市場も暴落に暴落を重ねている。資本的生産の本質は、G(資本貨幣)→W(商品化)→G´(剰余貨幣を含む資本貨幣の回収)という単純方程式で成り立っている。WがG´化されないでは、資本主義が成り立たない。誰がG´化してくれるのか・・・それは生活者だと言う簡単な事に戻れないのである。ただただ生活者を騙して毒キノコを食わせるだけのような根性では、コンドラチェフの谷間を大きくするだけであろう。

シンゾーが如く、米国毒キノコ売りに熱中するような人間が、好き放題やっていては、おいしいキノコなど安心して口にすることも出来ない。生活防衛に走るのが人間と言うものである。GDP600兆円などという毒キノコも、実に危険極まりない食べ物だ。なぜかと言うと、借金で一過性のバブルをまた作ろうとしているからだ。

問題は単に安保法案を閉じ込めてしまえば万事OKではないということだ。毒キノコが生える同じ土壌の上で、土地改良もしないでは、また自由とかヘッタクレとかの肥料を蒔かれて、可食キノコをごまかされて、毒キノコを食わされてしまう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存