ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ガチョウにエサを詰め込むが如き金融政策の副作用が怖い。 ( No.602 )
日時: 2017/07/19 13:06
名前: イントィッション ID:i18aL8GI

日時: 2016/02/02 08:43名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

先週日銀によるマイナス金利導入に際し、いくら超金融緩和をやってもその効果が出ない、借り手が増えないものだから、市中金融機関が日銀に預けている当座預金に対し、その一部に手数料と称して金利を課すマイナス金利政策を日銀が発動した。

これは、無理矢理エサをガチョウに詰め込めば、フオアグラが沢山とれて儲かるとの理屈にも似て、需要という経済上もっとも大事で、経済の根幹を成す現状を無視し、無理矢理市中にオカネを流し込めば景気は上向く筈だとの、過去何度も失敗して来た教訓にも気がつかない愚策だが、この金融政策の行き着く所で最も怖いのは、バブルという副作用である。

1985年のプラザ合意の結果、低金利政策に走り、ジャブついたオカネが向かった先は投機であったことも、既に忘れてしまって、何でも良いからカネを使えとゴリ押しする。金利をこれ以上下げることも出来ないとなったら、マイナス金利にしてでもカネを使えと言い出す。

そう言われても、投資する分野が無いから心配はないと思うなかれ、原油市場の異常な下落傾向は、中国経済の成長限界や、アメリカによる対イラン地政学的政策緩和が原因となっているが、リーマンショック後の世界的な金融緩和政策による超低金利傾向の下で、ジャブついたオカネは資源開発投機に向い、まだ表に出ていないが、その損失は世界規模でも結構大きな額になっているそうだ。

アメリカではFRBによるなりふり構わぬ金融緩和により、そのオカネの一部がシエールガス開発に向かい、開発コストに対し市場相場が下落の一途を辿ったものだから、開発に参加した企業は巨額損失を出して破産があいついだ。

2015・3月 米大手ガス開発のクイックシルバー破産。 損失▼約2820億円
        (東京ガスは開発権益25%を4億8500万ドルで買い、其の後の円安で▼580億
         円の損失計上)
2015・4月 米WBHエナージーが破産。        

伊藤忠累計▼1000億円。 大阪ガス▼290億円。
住友商事▼3100億円

その住友商事が今年新年早々、アフリカマダガスカルのレアメタル・ニッケル開発一杯で▼770億円も追加損失を出している。

シーエルガス損失についても各社共、まだ損失は清算し切れていない。帳簿上隠れた損失はこれから表に出て来るのかも知れない。

危ない案件でも企業は銀行がいくらでも貸してくれる、しかもタダみたいな金利だからリスク観念が薄れてしまう。銀行はリスクを感じても背後に居る日銀の無理強い政策にたてつくことは出来ない。
まあ、日本を代表する一部大企業が巨額損失を出しても、これを放置することはしない政府・日銀がやったことだから、何とか始末すれば良いだけのことで、一般には関係無いことさと、思うなかれ。

日銀財務諸表は相当悪化しており、これに無理を強いた市中銀行のB/S悪化を上乗せすることはできないだろう。しかもこの政策を転換する為に金利を上げることも出来ない。事態を更に悪化させ、政府国債にもダメージを与えるからだ。プラザ合意後のバブル崩壊は、日銀による慌てた金利引き上げであった。

米FRBが超金融緩和政策を転換した。だが一気に金利を上げることができない様子を見れば分かるだろう。

かくしてプラザ合意後の失われたウン十年の再来となる。それは銀行大再編成の形となって現れ、市中にオカネを供給することさえ出来なくした。マイナス金利で驚ろかせて、株価を支えれば良いだけの話ではない筈だ。資源投機に見られる相次ぐ巨額損失。金利0の世界がもたらした次のバブル崩壊の暗示ではなかろうか・・・。

あの失われたウン十年の教訓は、もう失せてしまったようだ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存