ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ボノボさんの「政治は妖怪の時代」に、この国の構造の真実が読み取れる。 ( No.603 )
日時: 2017/07/19 13:11
名前: イントィッション ID:i18aL8GI

日時: 2016/02/03 13:25名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

気風(きっぷ)の良い江戸っ子気質(かたぎ)で、維新の時に薩長の田舎モンが江戸仕草を壊してしまったと、嘆いておられたボノボさん・・・

あれからもう15年も経ちましたが、当時、神戸の女傑でピアノの先生でしたHNセバちゃんとひょんな事から知り合うことになり、そのセバちゃんとボノボさんも掲示板で意気投合する仲でした。

ある日、セバちゃんが上京して来て、浅草でボノボさんと会う事になった、ついては私も来いと誘われたのですが、何かの用事で日程が合わず私は会えませんでしたが、セバちゃんの感想では、気さくでユーモラスな人だったと・・・ボノボさんは確か、クリスチャンでもあったと記憶します。

それにしても、政治は妖怪の時代スレッドが、どうしてオジャマ虫の投稿の標的にされるのか、全く解せませんが、ま、管理人さんが手こずる程の執拗さでは、しようがないですね・・・どうぞここをお使い下さって結構です。

ユダ菌が世界を牛耳って来て、今日では金融資本主義の代名詞にまでなった彼ら。

実は中年時代にアメリカで、コーン、大豆、小麦などの国際基幹食糧の取引に従事させられまして、当時のセブンシスターズと呼ばれる石油メジャーと同じレベルで、世界の基幹食糧を牛耳っていた五大グレインメジャー、白人種のカーギル社を除く4社は全てロスチャイルド資金によって巨大化し、南米までをも勢力下におくようになった歴史については識っていたので、その背景を長々と投稿させて貰ったこともありました。

でも、分野が違う金融界、それがロスチャイルドを原点にどのような変遷を経て今日に至っているのか、細部が分からなかったので別途、多くの史料を詠み込んでみました。ニホンザルさんも指摘されていた記憶がありますが、彼らが世界を席捲できたその手法は、「通貨の債務化」によってであった。

そこを基点に、英イングランド銀行創立の背景、そして新天地アメリカにおける金融支配の基点としてのFRBの創設。これなど下手な推理小説より、余程面白いですね(笑)。JPモルガン私有の島、ジキル島で、全米金融制度を支配するFRB創設の謀議に集まった面々・・・シテイバンクの元祖・ロックフエラーも入っている。無名のウイルソンが大統領に担ぎあげられた謀議等々。そして昭和恐慌時の金解禁、金輸出禁止と二転三転したあの政策も、FRB創設に力のあったモルガン商会の主席パートナー・ラモントが一々当時の山本内閣や浜口内閣に指示している。日露戦争でも既に戦争金融でユダ菌に支配されてしまっていたのですから。未だに我が国が支配される原点である歴史の根は深いですね。黒田日銀など、手の平で弄ばれるのも簡単なことでしょう。

そして今日のユダ菌金融支配は、金融資本主義の代名詞ともなっているゴールドマンサックスによって為されている。ロスチャイルドに出入りを認められるまでは、一介の手形、債券割引業者であったゴールドマンが、何時を基点に覇者となったのか、これも面白いと思いますので、体調と相談の上、ボチボチ史料の読み込み開始をしようかと・・・(笑)。

行き詰まりを見せ始めた資本主義の中で、果たしてゴールドマンが生き残れるものなのか、この視点で分析予測を試みるのも、面白いかと・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存