ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

金融資本主義の象徴・GSゴールドマンサックス(2) ( No.605 )
日時: 2017/07/19 13:29
名前: イントィッション ID:i18aL8GI

日時: 2016/02/05 15:48名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

債券、通貨などの金融資産、株式投資や不動産売買、企業の買収合併、富裕層へのプライベートバンキングを業務とし、ウオール街最高の利益率を誇ってきた金融ビジネス界のリーダーとして君臨するGSとは、どれくらい最強なのか?我が国メガバンクと比較するにも、GSはリーマンショックの時にオバマ大統領による普通銀行業務と投資銀行業務を分離する1930年代の世界大恐慌時のグラスステイーガル法の復活に際し、スルリと投資銀行オンリーに脱皮してしまったから、業務内容も違い、一概に比較してもあまり意味が無いのだが、

(因みに投機に走りがちな投資銀行業務と普通銀行業務を一体化させてはならないとして大恐慌時に立法されたこのグラスステイーガル法を潰してしまい、普通銀行の預金まで投機資金として運用できるようにしたのが、GSでCEOを務めたOBのルービン財務長官である。)

投資銀行GS:資本金約1兆円。総資産約109兆円 。
普通銀行三菱:資本金約1.7兆円。総資産約163兆円。

やはりこの数値からだけでは、最強の姿は読み取れない。世界に影響力を持つ米国際政治と相まって、世界の隅々まで情報収集能力を持っているのが、世界最強の投資銀行になっているということであろう。財務長官まで送り出し、米政治情報力(CIA)をフルに活用できる、これに敵う者はいない。ロックフエラーのシテイバンクグループまで配下に置くくらいだから、そして各家が分散してしまったロスチャイルド系投資集団とも、歴史的成り合いからして、ツーカーの関係にあるのだろう。この構図は、競争相手は居なくしてしまったとも言える。

マーカス・ゴールドマンが娘の結婚相手としたサックス家の、サム・サックスを手形割引の稼業のパートナーとして、ゴールドマン・サックスを商店名として以来、そのサム・サックスが隠れた才能を発揮し、1880年では年間3000万ドルにまで手形割引の商売が大きくなった。

1930年代にGSを将来の世界名門銀行に育て上げる夢を持って登場した中学卒で単なる用務員に過ぎなかったシドニー・ワインバーグが、ペンセントラル鉄道の崩壊など、揺れ動く米金融界の中でGSを守った人材の功績も大きかったようだが、それより遥か以前にこのサム・サックスは、やはり世界に名を馳せる国際名門銀行になることを夢見ていた。

その方法は、欧州本土から食い詰めて新天地に逃げてきた者にとっては、やはり欧州で地盤を築くことが先決であった。金融テクニカル面で言えば、当時の英国の資本収支は黒字で金利はアメリカより低かった。英ポンドで借りて米ドルで運用すれば儲かる。昨今、0金利政策で我が国の円が外人に借りられて、海外通貨で運用される円キャリートレードとして利用されて来たが、世界中が低金利政策に傾いてしまった今、加えて円安で実態はかなり変わってしまっていることだろう。

欧州で名をあげるために渡英したサム・サックスは、ロンドンの名門銀行であるクラインウオート・サンズ社のドアを叩く。GSのことを何も知らないサンズ社は、NYのロスチャイルドの代理店に調査させた結果、将来有望であるとの回答を得て、GSと提携、米英金利差によって利益を上げ、信用を得たサム・サックスは英ロスチャイルド家の黄金の間にも出入りを認められるようになる。

アメリカ金融史で、米最大の財閥になったモルガンの歴史でもそうなのだが、一介の織物商ジョージ・ピーボデイが、マチューセッツ州の州債が、過剰発行により暴落、引受先無き為に金利が高騰し、州債がデフオルト寸前の状況を見かねて渡英、その時に構えた店も机一つだけのピーボデイ商会であった。彼も渡英したものの、当時では英国金融界のアメリカ蔑視の風潮が強く、ロスチャイルドと取引ができるなど、夢のまた夢のような時代で、一人ではムリだと判断し、パートナーとして迎えたのがJSモルガンで、その息子が後に現在のJPモルガンを創立する。

米英戦争時にロスチャイルドは、むしろ南部綿花商を支援し、欧州金融資本によるアメリカ支配を嫌う北部と対立、だがJPモルガンは北部公債を引受け金融面から支援、と言えば聞こえが良いのだが、弾丸の発射スピードをあげる線条のない弾を使う旧式銃一丁$3.50を、線条をつけて$22で売る辣腕を発揮してボロ儲け(笑)、GSと共に将来ウオール街を担うことになると予言されたものである。

ロスチャイルドに反旗を翻すようなモルガンが、では何故ロスチャイルドと提携できるようになったのか、話がGSゴールドマンサックスからやや横道になるが、しかし今日においてはGSがモルガンと入り組むようになっているから、あながち関係ない話でもない。キーワードは後に英イングランド銀行総裁になるヘンリー・グレンヘルの息子がモルガンのパートナーとしてJPモルガンに入ったからである。ここでモルガンは社名をモルガン・グレンヘルに改める。

父ヘンリー・グレンヘルの妻の兄であるエリオット・ヨークの妻は、名門英ネイサン・ロスチャイルドの孫なのである。これでモルガンとロスチャイルドの関係が分かる。

このモルガングレンヘルには、どうも暗い影がつきまとう。モルガンJPは先見の明があったのか、モルガングレンヘルの持ち株を全部処理してしまっていた。

東西ドイツ合併の時に、ヒトラーの財政を支えたドイツ銀行が、戦後衣替えしたとは言え、軍事産業の復活とそのモルガングレンヘルを買収し、ロスチャイルドから切り離してしまおうとするドイツ銀行と、東西ドイツの壁取り壊しの前日にフランクフルト本家の復活を宣言したロスチャイルドとの間に、軋轢が突発し、1989年11月28日、当時のコール首相による東西ドイツ合併の構想が、「ある者」にとってはナチスドイツ復活の陰謀と映り、二日後の30日に、ドイツ銀行のヘルハウゼン頭取が爆殺されてしまった。

このモルガン銀行は、1907年にニッカーポッカー信託による過剰な投資が引き金となって起った金融恐慌発生の時、国家救済を名目に集まったロックフエラーやロスチャイルド米国代理人のクーンレープ商会などによる2500万ドル拠出の提案に対し、それはインサイダー取引になるとして反対する良識をまだ持ち合わせていた。

だが、GSのCEOであったルービンが財務長官になり、投資銀行と普通銀行業務を兼任させてグラス・ステーガル法を骨抜きにしておきながら、リーマンショックで具合悪くなり、同法に従って投資銀行に衣替えした時に、そのJPモルガンもこれに従い、投資銀行として再出発。ある意味、GSの裁量下に入ってしまっている。

いずれにせよ、初期GS時代に、欧州ロスチャイルドにあこがれたサム・サックスや、GSと同じように机一つから出発し、GSと同じように欧州で認められないと投資銀行として一人前ではないと思ったモルガン財閥の原点であったピーボデイなどには、まだ牧歌的な匂いが残る。

それが途中からガツガツした金融覇権争いになってしまった。最初に書いたように、一般大衆が融通無碍な貨幣を、少しでもより多く蓄えておきたいとする人間本来の欲望は、至極自然な行動であり、問題は巨額になった資金を金融資本が運用面で好き放題やり、単純再生産でも資本主義はやっていけないこともないのに、それがどうして金融資本なる冠が被さると、秩序を乱してしまうのか・・・生産資本が金融資本に特化した方が手っ取り早い、それによってキャッシュフロー準備を厚くしたが便利だ、そのような動きに転化してしまったのか・・・

リーマンショック時に、生産資本であるGMまでもが、金融資本に染手した所為で破綻し、デトロイトを悲惨な街にしてしまった・・・

その根はやはり、生産資本であれ多国籍企業による国籍を超えた領域にまで入り込み、地域の自立を損なわしめ、資本蓄積を図ろうとする所謂グローバリゼイションなるものの萌芽によるものだろう。それをリードするのが金融資本なのである。多国籍生産資本は、労働の機会を失わせるような投資であっても、自己利益が得られるなら、どこえでも進出する。当初は底辺への競争とまで断定された低賃金を求めて世界を徘徊し、そしてそれに金融支援を行うのが金融資本なのである。かれらに取っては、共生などという言葉は空念仏なのである。何故か・・・僅かでも貨幣蓄積を求める不特定多数の膨大な人間の本能をよく見ぬいているからには、言い換えると金融資本は在るべき所に在るとの本質をよく見抜いており、いくら反グローバリ運動が起っても、あるいはウオールストリートを占拠せよとのOWS運動が起ろうとも、不特定多数の有象無象連中に、貨幣運用など出来る筈がないと、タカを括っているのである。

現に反グロ運動も、OWS運動も、其の後沈静化してしまっている。

このように政治権力と合体しておけば、反金融資本運動など問題にもならないと見抜いて政治権力と結託してしまったのがGSのルービンCEOではないか・・・労働機会を失わせる低開発国進出に手を貸し、さすがにそうも行かなくなってくると今度は、多国籍企業利益を無税天国タックスヘイブンに誘導する。次はGSなどの金融資本誘導による国家への税未払い問題が大きな障害になり始めている事実、それを摘発させない政治権力をも支配下においたGSルービンの糾弾に向かおう(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存