ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

通貨の債務化 ( No.608 )
日時: 2017/07/19 13:46
名前: イントィッション ID:i18aL8GI

日時: 2016/02/07 20:59名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

<金貸しは国家相手に金を貸すという言葉があります。
通貨発行者は国家を相手に金を貸し出しするという意味ですが
タダで貸すわけではありません。金利を付けての貸し出しです。

国家は国債という借用証書で紙の通貨を借り受けします。>

発行された通貨は、その価値が維持されないと、世の中の経済秩序が滅茶苦茶になってしまう。ここにもある種の通貨の債務性=何かに担保されているという債務性が存在すると思うのですが、具体的に通貨は本来的に債務性を有しているとの、発行形態から見た債務性は、仰る通りで、分かりやすく良い説明だと思います。今でも覚えておりますよ。

歴史的に見ても、債務に金の裏付けを求めたのが、1694年に、イングランド王・チャールズ二世が対仏大同盟戦争で国家財源が枯渇した為に、ユダヤ人追放令を解除し、側近であったウイリアム・パターソンによる通貨発行権と国債発行権を持つ中央銀行設立案を受け入れて、オランダから連れてきたユダヤ人金融商から120万ポンドの金を出資してもらい、同額の兌換ポンド紙幣を発行するイングランド銀行が創立されました。利回りは年12%を要求されています。

これがニホンザルさんが言われている<金貸しは国家相手にカネを貸す>という歴史的証明になると思います。

そのイングランド銀行を実質的に支配下においたのが、1815年のロンドン・ロスチャイルドのネイサン・ロスチャイルドですね・・・ナポレオン戦争で、フランスロスチャイルドと緊密な戦況情報を交換し、ナポレオン優勢の情報を流して英国債を大量に売り仕掛け。暴落した英国債を今度は、英国勝利の情報をいち早く知って底値で買い戻し、戦争に投資した額の2500倍の利益を独り占めしたとの史実があります。この間、欧州の富裕層はほとんどが破産に近い状態に追い込まれ、英国家(=イングランド銀行)も、国債デフオルト状況によって金利暴騰、ロスチャイルドから巨額の支援を受けて頭が上がらなくなってしまった。

近年ではロシア危機、アルゼンチン危機、マニラ水問題などで、IMFを通じGSの支援を受けて、ボロ儲けさせた状況も、似たようなものでしょう。

さて、これからどうなって行くことでしょう・・・仰る通り、債務の性格を持つ米ドルは、その債務破綻をどのように回避するのか、米経済の回復もあまり芳しくないようで、これにちょっと触れましたシーエルガスの推定巨額デリバテイブの逆回転が、どのような形で噴出するのか・・・

少し休憩する合間にゆっくり考えてみることにしましょう、ご心配ありがとうございます。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存