ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・L ( No.61 )
日時: 2017/06/24 12:47
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/12/10 20:01名前: 満天下有人 ID:nEEcnlWA

・・・1971年から72年にかけての、あの穀物争奪戦は生涯忘れることが出来ない・・・情報力の無さと、市場が存在していても世界は巨大勢力によって動かされているということを、鼻血も出ないほどに思い知らされたものである・・・TPP論議が喧伝されると、ついあの頃を思い出してしまう・・・

あの頃と今回の違いは、当時は物量の問題であったが、科学が発達した現在では、第三者が簡単に開発できない種子戦略が軸になっていることであろうか・・・

19世紀初頭のナポレオンによる英仏戦争時代の、穀物貿易禁止紛争を第一次穀物戦争とするなら、72年の米ソによるデタントの駆け引き、食糧、食料品を結果として暴騰させたそれを、私は勝手に第二次穀物戦争と名付けている・・・

・・・食糧も巨大勢力によって動かされている構図は、当時でも巨大穀物メジャーがソ連の極秘買付けによって凶作をいち早く知って、そして米政府に送り込まれていた穀物メジャー要員によって、先に事が進められていたことが、後になって分かる・・・

後にソ連の穀物生育状況をCIAは把握していなかったのかと批判が起こったほどなのだが、いくらCIAといえども、人工衛星探査があろうとも、地上で一粒一粒の生育状況が判るはずも無い・・・ましてやソ連はやっと米ソ緊張緩和政策に乗り出したばかりであり、外国人のソ連邦内移動は制限されていた時代である・・・

・・・年9千万トンの小麦生産を誇り、輸出国であるソ連が、よもや米国産穀物の輸出余力約2000万トンを全部買い付けてしまう状況にあるとは、誰も夢にも思わない、その買い付け額はソ連の金準備を空っぽにしてしまうような量だが、ソ連側はそんなことに構っていられなかった・・・一回の取引としては例のない史上最高の貿易取引記録となっている・・・そして数年前からのソ連による米国穀物の買付け思惑が無かったなら、米軍によるヴェトナム北爆、あるいはハイフオン湾に仕掛けられた水雷網に対するソ連の報復は、もっと激しいものになっていたであろうと言われる・・・

・・・極秘裏に米穀物メジャー、それも昔ロシアの飢饉を救ってくれたロシアユダヤ人のコンチネンタル・グレインに絞って買付が始められていた・・・極秘裏に話が進められたのは、情報が漏れると市場が暴騰し、高い買付けになるからである・・・そして政府間協議になると米消費者からの猛反発が生じて、交渉がうまく運ばなくなる・・・結果は未曽有の食糧食品の高騰となり、全米生活者が困るほどの事態を巻き起こしたが、コンチネンタルがソ連側安値に応じても、後で米政府補助金で埋めわせることが出来、後の高騰でシカゴ先物市場で更に巨額の利益を得ることが出来る・・・

・・・創業が古いカンサスシテイの業界紙、サウスウエスターンミラーの社主・ソーズランドの述懐によると、1972年7月2日、サマーヴァカンスでがら空きのNYヒルトンホテルに、誰も気にしない中西部田舎風の男が二人何気なくチエックイン、それがソ連食糧公団買付代表のベルオーゾフと、もう一人・・・

・・・相前後してソーズランドの新聞社に怪電話が定期的にかかって来たという・・・相手は、ロンドンフアイナンシャルタイムズの論説委員でスミスと名乗り、ソ連による極秘穀物買付けの物語を書きたいので、協力してくれというもの・・・その数量を聞いて腰を抜かしたソーズランドは、親しくしているシカゴ取引所の立会人に、この話をどう思うかと意見を求めても彼は、ソ連が一気に300万トンも買付けるなど、そんなおおそれたこと出来る筈が無い、しかもこんな大豊作では、相場が上がる筈が無い、俺は買いでなく先物を売りまくるよ・・・しかしその時既にソ連とコンチネンタルは、小麦400万トン、トウモロコシ450万トンの売買契約を済ませていたのである・・・

当時の日本商社も大豊作による先安ポジションで売りまくって、スネに傷を負った者が続出した(笑)、損失は柔なものではなかった・・・現物買いの手当もせずに先に売っておくのである、穀物メジャー達にせよ、信じられないソ連の大量買い付けに疑心暗鬼で持ってもいない物を先に売り始めていたのである・・・しかし、そこにメジャー達と一般との力の差がある・・・集配配送面で農家をほとんど傘下に入れてしまっているから、いつでも現物手当てが出来る・・・そして前にも申したように輸送用の自前海上船舶も保有しているのだから・・・

・・・シカゴ相場に影響力を持っていたソーズランド社主のもとに、ひっきりなしに電話をかけて来た得体の知れないスミスと名乗る男、ある日、ロイターの商品市況担当のワッツにも、このことを知らせている、ソーズランドさんよ、あなたの新聞にソ連の大量買い付けの特ダネを書いたらどうですかと・・・

数か月後ロイター通信が言うには、こちらにもスミスと名乗る男から電話がかかっていたことが判明、商品市況担当のワッツが、怪電話の主スミスが教えた電話にかけてみても、出る者はプエルトリコ出身の大豆とトウモロコシの違いも知らない女であったと言う・・・

・・・72年7月2日、がら空きのNYヒルトンホテルに、目立つ風采でも無いソ連食糧公団ベルオーゾフがコンチネンタルグレインと密会を持った日から4週間後の7月31日、怪電話のスミスがまたソーズランドの所へ電話をかけて来て、今日はソ連による第二回目の買付け交渉が行われましたよ、合計で2500万トンの買付けですよ・・・ぼやぼやしてたら儲け損ないますよ・・・(当時の米穀物生産量は約8000万トン、内輸出余力は2000万トンだから、いかに膨大な数量であったかが分かる)・・・

同時にスミスは、ワシントンでコンチネンタル側から役員のジヴイと農務次官のパームビーが会談していることもほのめかしていた・・・農務次官が秘密会談に応じるとは、米ソ政府間取引を匂わせるが、そうではなく、パームビーはその時、コンチネンタルから役人俸給倍額で副社長の椅子を用意され、米ソ穀物取引成立後に米政府がいくらの補助金を出すかの情報要員として雇われていたのである・・・ソ連に出張後にパームビーはバッツ農務長官に辞表を出して役人を辞めたのである・・・後に司法省に捜査を命じられたFBIによってパームビーは下院査問委員会にかけられてしまうのだが・・・

・・・米高級官僚の天下り・・・米国では政権が変わると官僚上層部も総入れ替えになる、我が国の官僚機構と違うとよく言われるが、米国の場合でも上層部は政権が変わると次の椅子が用意される・・・ブッシュ政権におけるネオコンのウオルホフィッツやゼーリックがそうである・・・この春、ヒラリー国務長官が、次期大統領選には出ない、政治家を引退すると言っていたが、どうやら世銀総裁の椅子が用意されているようだ・・・そえでも米世界戦略の一環に組み込まれていることに違いは無い・・・食糧分野でもそうである・・・TPPにせよ米農業団体の背後に居るのは、巨大食糧メジャーなのである、野田など交渉に参加してみないと分からないなどと、トボケたことを言っているが、戦略は既に出来上がっているのである・・・ノコノコとそこえ行くだけである。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存