ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

金融資本の象徴・GSゴールドマンサックス>メキシコも喰われた。 ( No.613 )
日時: 2017/07/20 16:14
名前: イントィッション ID:oIAr8l72

日時: 2016/02/13 20:11名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

今日は気温が20度くらいまで上がり、4月の陽気、明日関東地方には春一番が吹くそうです。病み上がりの身には、ほんとに助かります。

全く!、NAFTAではメキシコ農業も丸裸にされてしまい、米墨国境線に難民が殺到、イントちゃんの言う通り、アメリカへの低賃金労働者の供給源になりましたね・・・それでも押し寄せる難民排除で、砂漠地帯に張りめぐらされた鉄条網の砂地の中から、銃殺された数百名ものメキシコ人が掘り出された事件もありました。

共和党大統領候補のトランプは、有色人種の流入を排除する政策を強化するというのですから、一昔前のような米墨戦争が起るかな?

メキシコはスペイン植民地からやっと独立したのもつかの間、ロスチャイルドがナポレオン三世による南北戦争を利用したスペイン植民地復活の計画に、2億1千万フランを融資しています。これにテキサス州の帰属を巡って米墨の間に衝突が起き、有名なリオグランデ砦の攻防戦が繰り広げられた。名監督ジョン・フオードによる「黄色いリボン」と共に名作となりました。

いずれにせよ人間にとって、食い物の恨みほど怖い物は無いと言われるくらい、人間本能の俗諺として定着していますから、水と共に基本食糧の確保は、「国」という枠組みの中でも、非常に重要な部分を占める、それがおっちゃんの経験から培われて来た信念でもあり、いや食べ物の無い生活に追い込まれた戦時中のトラウマかも知れません(笑)。

先日、ある記事で、北海道で新種の小麦が栽培されていることを知りました。製パン用、とくにフランスパンなどに使用される小麦粉、中華めん用の小麦粉などの原料となる強力小麦・・・今では国際市場規格の変更で呼称が変わっていると思うが、カナダ産のマニトバ小麦が世界的に有名だ。

わが国では北海道で「ゆめちから」というブランドの新強力小麦が栽培され、製パン革命がおこるかも知れないと言われているようだが、国際穀物メジャーの支配から僅かでも脱出できるなら、結構なことであります。

あのカナダ小麦産地の広大な光景。どこが終点なのかも見えないなだらかな起伏のある丘に、一面にビッシリとグリーン色のカーペットでも敷き詰めたような、柔らかで平和な色合いの自然風景。

この収穫、保管はカナダ農協が伝統的に強い力を持っており、農協系のユナイテッド・グレインUGGと合わせると2/3は農協系であった。それが何時の間にか、自然の平和な風景からは想像もできない、米多国籍ユダ菌メジャー=ADMが先ずは、UGGの株式50%を所有する手法で侵略を開始、これを通じ、マニトバ小麦プールは株式会社化され、農協は姿を消されてしまったのです。

この手口は最近の豪州でも使われて、農協が煮え湯を飲まされている。2010年に、農家が主体となって小麦輸出組織を株式会社化したが、カナダの肥料会社アグリュウムに買収されてしまい、その直後に米カーギル社に売り払ってしまった。ユダ菌お得意のM&Aに引っかかってしまいました。

もう随分昔の話になりますが、北海道のある農協が、醤油、とうふ原料として大豆栽培を米イリノイ州のレッド・リバーという地方で契約栽培を委託したのだが、栽培地の契約先を北海道に招待、至れり尽くせりの接待。相手はビジネスとしか扱っていないのだから、そこまでしなくても良いものを、と思ったこともあった(笑)。まあ、農業同士のふれあいと思えば、それで良いことだが、ユダ菌メジャーどもの手口を知ると、何を切っ掛けに侵入してくるかも知れないから、最初に記した新種北海道小麦「ゆめちか」も、気をつけておくれやす・・・(笑)。

何しろ、内閣総理大臣殿からして、ユダ菌解放主義者なのだから(笑)、農協改革を唱えるその黒い腹の中から、何かが見え隠れします
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存