ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

全ての金(きん)は、スイスに通じる(1) ( No.621 )
日時: 2017/07/20 17:30
名前: イントィッション ID:oIAr8l72

日時: 2016/02/20 16:34名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

昨日のNY金市場は、一気に$14.9/1オンスも上昇し、2011年の最高値$1,923から一貫して下げ続けてきた市場傾向に、底値を打った感じだ。これはドル安傾向に転じようとしている米経済の動向を反映して、国際金価格フイクシング会議が、金買いに転じたのか?もっと大きな視点では、紙幣の乱舞に対し、国際的に通貨価値の立て直しを図る動機があってのことなのか、時間が経ってみないと分からない。

中国経済が台頭し始めた時に、原油の高騰が始まり、並行して中国がすごい勢いで金買いに走り出していた。市場全体としては国際投機家のジョージ・ソロスが予言した(人的に仕掛けを創った)空前の$2,000に向った2010年、中国の国務院通貨担当者で、大型国有企業幹事会の李主席が、現在の金保有高約1000トンを10年以内に1万トンに引き上げるとセンセショーナルな発言をした為に、金市場は一気に暴騰を始めたものだ。

金の宝飾品などへの需要は、中国が世界トップで、昨年では金の世界年間産出量約2900トンの内、約985トンも消費する需要がある(第二位はインド)。しかし産出量でも世界トップで2900トンの内450トンも産出している。金といえばすぐに南アが頭に浮かぶが、既に埋蔵量が枯渇し始めており、今や中国がトップ。

だが、中国国務院の金保有を1万トンにまで増やすとの豪語は、金需要を増やす目的からの発言でないことは明らかである。金が持つ二重の性質、宝飾品及び工業面からの性質と同時に、古くから人間が金に対して持っていた本能、これさえ持っておれば何も心配ない、その為に金に群がる欲望。シエイクスピアやゲーテが、金に振り回される人間の不思議さを戯曲で表現したように、財の何でも交換できるという通貨面からの発言であることは、明らかであった。

目下、米経済の復活が芳しくなく、ドル基軸通貨体制の変化の兆しが現れ、この期に中国人民元がSDR加盟を認められた訳だが、これは上記2010年に既に中国国務院が米ドルに対抗する通貨として元の格を上げるために、金保有高を増やすとの発言であった。

金本位制を撤廃したアメリカ、だが不思議なことに紙幣管理通貨制度になっても、世界はやはり通貨に金の裏付けを見ているのである。そこで金を消費需要面でなく、通貨価値の側面から見て見ると、金ドル兌換を停止したアメリカの金保有高が、今も世界ダントツなのである。

世界の中央銀行及び公的機関が保有する金の量は約3万トン、上位国を見ると次の通りで、金保有高は要するに最終国際決済手段用としてリザーブされているから、外貨準備高に占める金の割合が指標としては重要となるので、その比率はカッコ内で示した・・・単位はメトリックトン。

米国8133(72%) ドイツ3381(68%)  *IMF2,814(−)  イタリア2451(64%)  フランス2,435(60%) 中国1,762(2%・・・ドルそのものの保有高が大) ロシア1,392(13%) スイス1,040(6%) 日本765(2%・・・米国債保有高が大きい。しかしそれは帰って来ないものとすれば、最悪ケースの場合、困る。米ドル圏になれば話は別だが、そのドル自身は、何だか言っても金保有高は世界トップであるし、アメリカがそう簡単に、アメリカ保有金で面倒見てあげるとは、言ってくれないだろう。)

金本位制でなくなったのに、国際通貨基金のIMFが、世界第三位の金を保有している。これは戦後ブレトンウッヅ体制でも、最後の国際決済手段としては、「金」を使う、金を未だに無視していないことの表れであろう。しかもその取得原価は48億ドルに対し、市場価格で再評価すると1、150億ドルに膨れ上がっている。デルバンコが、IMFを利して金を埋蔵させているのか?

2011年に金が最高価格$1,923を示現する以前の、1980年にも金は$200から$850にまで暴騰している。当時は大二次オイルショックが発生し、国際政治面ではイラン革命が起り、イランのアメリカ大使館員が人質となり、ソ連によるアフガン侵攻が始る直前であった。

金暴騰の背景に、金の支配者デル・バンコが、NY商品先物市場COMEXで、仕手集団を結集した結果であったことは、後に事実として明かされている。昨今の複雑なペーパー上のデリバテイブ商品のような複雑な仕掛けであなく、単純な仕掛けではあったが、金もまた無視できない仕手通貨としての側面が利用されるのである。しかも公的国際決済基金であるIMFが根城にされる。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存