ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

すべての金(きん)は、スイスに通じる(3) ( No.623 )
日時: 2017/07/20 17:40
名前: イントィッション ID:oIAr8l72

日時: 2016/02/21 09:05名前: 満天下有人 ID:mhyncnHU

金(きん)・・・古代から人間が崇拝し、畏敬の念を抱くこの世に二つとない物資。現代では通貨の流通システムが紙幣管理通貨制度に代わってしまって、一般生活者にとっては、さほど必須なものでなくなってしまい、まあ宝飾品として喜ばれる程度の物になってしまっている。

だが、物資との交換、あるいは貨幣同士の交換過程で、何だかだ言っても最後の決済手段としては金しかない、そう信じ金の保有を怠らない者が存在する。しかも、世界金融の奥の奥の中枢がそうであるから、例え金本位制でなくとも通貨制度において、人間の本能とも言える裏付けとしての金への信奉は、これもまた絶えることはない。紙幣は人間の手でいくらでも製造出来るが、金はそうはいかない。しかも石コロと違って量的にもどこででも手に入る物資でも無い。

以下、カール・マルクスの「経済学・哲学草稿・貨幣」から引用すると、シエイクスピアのアテネのタイモンの一節を引用しながら『黄金か。貴い、キラキラ光る黄色い黄金か!いや神様!私はだてにお祈りしているんじゃないよ。こいつがこれくらいあれば、黒も白に、醜も美に、悪も善に、老いも若に、臆病も勇敢に、卑賤も高貴に変えることが出来る!・・・こいつは司祭を誘惑して祭壇から引っ張り出す。泥棒をも栄位につける・・・』

あっはは、其の後甘利元経済大臣様は、隠れたままだな(笑)。

少し難解な表現で分かりつらいが、これもカール・マルクスの「経済学・哲学草稿、貨幣」から引用すると・・・

『人間が人間的であり、したがって彼の感受性などもまた人間的であるかぎり、他人による対象の肯定も、同時に彼自身の享受である・・・・』

貨幣論においてこれは何を言ってるのかというと、貨幣に対する人間の感受性、それは一部の人間だけによるものであるなら、価値はない、と言ってる。他人が肯定する価値観が自分にとっても「享受」できるものであって始めて価値がある。簡単に言えば、多くの人間の感覚において共通する価値観があって初めて対象物に価値という属性が生まれる・・・・

通貨を必要以上に発行するとよくインフレを引き起こすと言われる。それは、財貨の量に比べて多すぎる通貨に対し、“皆が”あれ?少しおかしいな、と感じ始めたら、その人間の感受性によって通貨の価値が下がり始めると言うことを、150年も昔に既に言っていた、ということである。ヘリマネ論でよく言われるように、空中から通貨がいくらでも降ってくるものとして、それに対し人間はどう享受するか・・・一部の人間だけが、それでもオカネはオカネだと思っても、他の人間の人間性では、それを「享受」できないとなると、価値が失せて来る。言い換えると、貨幣価値は、他人も自分も含めて人間がその価値をどう思うか、によって変わって来る。金の場合はそれが不変であると言っている。

そしてこうも言っている。『私有財産制度の下における貨幣は、私有財産制度から“疎外”されない限り、その享受は人間にとっての本質的存在である。』・・・・ここは難解だがそれなりに有名な個所である。疎外されない限り、とは・・・逆に人間にとって、疎外されることが多いと言っている。つまりそう簡単に金(きん=オカネ)は手に入るものではない、故に価値が維持される。

何故スイスに金を隠そうとしたのか・・・金を私有財産として、それから疎外されたくないという人間が、本能的にも大勢存在するからだ。そして大勢の人間は、それに預かれない。預かれないから益々隠そうとする人間が増える。それが最終的には自己覇権維持になると思うからである。

これを自由に隠しておけるシステムにしたのが、ロスチャイルド及びデル・バンコによるスイス三大銀行の創立であった。1856年、創立のクレデイスイス銀行の別名は、スイス・クレデイタンシュタルトで、これはスイスにおけるロスチャイルド財閥なのである。

この成功に続いて1862年にチューリヒに小銀行も設立されている。後のスイス・ユニオンバンクで、現在のUBSである。

三つ目が1872年のバーゼル銀行。バーゼルに集まり始めた化学、製薬工業を支援する銀行で、後のスイス銀行である。これら三大銀行がスイス国立銀行経由、バーゼル国際決済銀行・BISを設立することになる

これら三大銀行は、顧客名、口座などは調査を求められても絶対に明かさない。スイス国法で守られている。リーマンショック後の2009年、アメリカ歳入庁が税収の落ち込みカバーの為に、サブローン乱舞で大儲けして、運よく破綻から免れたヘッジフアンドや富裕層が巨額利益をスイスに隠しているとの情報を得て、上記スイス・ユニオンバンク、現在のUBSに対し、米顧客情報の開示を求めて、米司法省に訴えたが、ウヤムヤにされてしまう程に、スイストンネルの壁は厚いのである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存