ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

すべての金(きん)は、スイスに通じる(完)>金は通貨の混乱を救えるか。 ( No.627 )
日時: 2017/07/20 18:08
名前: イントィッション ID:oIAr8l72

日時: 2016/02/25 08:23名前: 満天下有人 ID:UbwfbPeY

通貨の混乱が何故起こるのだろうか?言うまでも無く世界の基軸通貨としてのドルの不安定化が、世界の通貨の交換価値基準を混乱させてしまうからである。

金が最後の決済手段であると、暗黙の了解があるにせよ、表向きの基準は第二次大戦後のブレトンウッヅ体制で決められたドルが基軸通貨である以上、そのドルに対し諸国は、自国通貨の交換価値が影響を受ける。

ドル基軸通貨の最高の特権は、それが無いことにある。貿易収支が赤字であろうと、簡単に印刷できる。諸国の場合は、それを経常収支を通じて稼がなければならない。勝手にドルを印刷することは出来ない。北朝鮮の先代キム・ジョンイルは、それをやった(笑)、ニセドル札を印刷したものだから、アメリカから手痛い制裁を受け、マカオなどに持っていた隠し資産を凍結されてしまったものだ。

アメリカはドルをいくらでも印刷すれば事足りるが、そうも行かない場合がある。前稿で書いたように、国内インフレが生じ金利が高騰して行けば、過剰なドル高を招き、国内が混乱してしまう副作用を持っている。

それを抑えたのが、半ば強権的にドル安への転換を世界に呑ませたプラザ合意であった。当時はまだアメリカによる世界一極体制が幅を利かせていたから、やれた事ではあったろうが、昨今のように世界が多極化している状況では、そう簡単に世界の合意を得ることは困難であろう。中国が出て来ている。ロシアも一筋縄では行かない。

それよりも何よりも最も難儀なことは、米国自身の国内経済の回復がうまく行かないことだろう。サブローン破綻という身から出た錆びではあるが、現FRBが苦悩しているようにそこから脱出できないものだから、それが世界に波及して疑心暗鬼にさせて、ドル安傾向となっており、それが再び1985年のプラザ合意の時のような状況になったとして、現在の多極化状況では、世界がそう簡単にドル様の言う事を聞くとも思えない。

一通貨による基軸体制が機能しなくなったと仮定して、では諸国間の最終決済基準は、何で行われるようになるのか・・・金本位制への復帰となるのだろうか・・・そうでない場合は、最終決済がドルでなくとも良い、ロシアルーブルでもよい、中国元でもよい、ブラジルとの決済ではレアルでも良い、アルゼンチンペソでもよい、そういうことになると、その交換価値が瞬時に決められなくて、混乱の極みをもたらすことになるだろう。

では一通貨による新たな基軸体制が求められるとして、しばしばドル一極体制を批判し続けている中国元が、その機能を果たせるのか?基軸通貨であり得る基本的な機能には、自由な為替市場において自由に通貨が交換される機能がなければ、その役割を果たせ得ない。変動管理制によって元の変動を管理して来た中国が、為替の完全自由化を果たして実行できるのだろうか?今年10月からIMFによるSDR特別引き出し権に、元も参加できるようにはなったが、そのSDRが日常の民間決済にまで適用されるものではないとすれば、やはり何らかの別の単一の基準が必要になってくる・・・それが何になるのか、
世界単一通貨はどうか、これはユーロ圏で生じたギリシャ問題に対処できなかった失敗例の通り、土台、経済あるいは文化の違いから生じるフアンダメンタルズを、統一通貨では制御できないことを示したものであった。

いずれにしても今回のドルを中心にした通貨の不安定さは、過去未経験の複雑さを見せている。そもそが、アメリカによる過剰なデリバテイブ金融商品の悪結果としてドルが不安定になり、これに世界規模での原油安が重なり、ロシアルーブルなどここ一年くらいの間に、対ドルで60%も下落、一部地域ではインフレで暴動まで起こっている。物はあるのだが通貨安インフレを生じている。

今回通貨混乱の引き金となるインパクトは多々あれど、やはりキイーポイントは米経済の減速によるドル安、そして原油価格の回復による金融不安の払拭、中国経済の減速と元安への歯止め・・・これがどれもうまく行かないようになった時が世界に赤信号が灯ることになる。

その時、何が新たな通貨担保規準となるのか・・・すべての金(きん)はスイスに通じるとの俗諺のように、戻る所は金しかないのだろうか。

それにしても円はどうか・・・円キャリートレードや、比較高金利通貨を手じまいした時に、円買いに戻しておくことによる円高が続いている。日銀黒田総裁は、インフレに転換することで経済復活を図るとして、円安狙いの超金融緩和を始めた。だが効果はさっぱりで、遂に最後の手段マイナス金利政策までをも発動した。だがドル安転換で円は逆回転を始めている。

それでも一昨日、マイナス金利の効果は出ていると言いだし、それは何かというと、住宅ローン金利が下がり始めて、これで景気は回復にはいると(爆笑)・・・一体、超金融緩和政策発動時の当初政策の趣意と似ても似つかぬことを言いだした。こんなのが一国の中央銀行総裁なのである。スイスバーゼルクラブの連中は、腹の中では薄ら笑いをかみ殺していることだろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存