ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

すべての金(きん)は、スイスに通じる(6)。 ( No.630 )
日時: 2017/07/20 18:29
名前: イントィッション ID:oIAr8l72

すみません。。。(6)がぬけてましてました。。。
今日はここまでです。。。

日時: 2016/02/23 02:09名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

長年に亘る欧米の金融システムの変遷を見ていると、伝統的に金に通貨の価値を置く欧州と、金の頸木から離れ、自由に印刷できるドル紙幣との闘いが見て取れる。

それでもアメリカは、ほんとに金保有なくして通貨体制を維持できるものなのか、不安は持っていたのであろう、レーガン大統領の諮問により、*リーガン財務大臣が1981年に「金委員会」を設置し、国の内外における金の役割の調査研究に着手している。

(*レーガン大統領もアイルランド出身で、アイルランドでは“レーガン”でなく、リーガンと呼ぶのが正式な発音。大統領選に出馬するに際し、同じ名前のリーガンを財務大臣に据える予定だったので、同じ名前では有権者に混同されてしまう。そこで大統領の方が呼び名を「レーガン」に変えた経緯がある。)

この時、金の裏付けを求め且つ、一部金貨発行を求めたのが、前稿の金重視者ロン・ポール下院議員であった。でも委員会は形式的にほんの僅かの金貨を発行しただけで、金を通貨価値に再び組み入れる制度は実現されなかった。

喜んだのは、スイスバーゼルの金信奉者及び金マフイア達であったろう。これでいずれかの日に、アメリカドル紙幣主義者たちに、目に物を言わせてやることが出来る。

アメリカはアメリカで、金の頸木から解放することで、ドル紙幣の上に更に際限なき紙のデリバテイブ金融商品を創り上げてきた。その煽りを受けた欧州では、金価値本位に戻そうとする根強い動きが消えない。紙幣通貨戦争に金の戦争・ゴールドウオーにと、この世界は実に複雑怪奇である。

現状紙幣管理通貨制度においては、通貨売買の流れは、当該国の金利差によって動く大原則がある。だが、ただ金利が相対的に高ければその通貨へ他の通貨が流れるという単純なものでもない。インフレ率が加味された実質金利の差で交換されて行く。早い話が、超高金利になったアフリカジンバブエドルが、金利が高いというだけでは誰も買わない。インフレ率の高さを勘案した実質金利では、異常に低い金利になる。しかもデフオルトの危険性が最も高い通貨だ。

翻って円はどうか・・・。昨今では世界株式市場が暴落する度に、諸国通貨売り、円へ一時避難=円高の傾向を示している。これは円の安全性に世界の通貨が逃げ込んでいるとの説明が多いし、現行通貨の売買がペアになっているから、止むを得ない現象かも知れないが、果たして円のどこに安全性があるのか、サッパリ分からない。基本的にはドル売りの反映にしか過ぎないのに・・・

政治面における安倍政治の無秩序さ、来る日も来る日も子供のような国会議員による子供のような発言の連続、そして一般民衆の家計生活は、統計が示すように、悪化の一途を辿っている。米ジョン・ポール元下院議員は、米国における金融制度を一つの端的な例として、国の行く末について警告を発していた。我が国に国会で現状を憂う政治家の演説など聞いたこともない。聞けるのは北方領土の字も読めないか、環境の日も知らない者が環境大臣であったり、米大統領は奴隷の子、と言って見たり・・・このような国の通貨のどこに、安全性があると言うのか?。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存