ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

明治維新志士たちの資金は、誰が出していたのだろう? ( No.631 )
日時: 2017/07/21 15:06
名前: イントィッション ID:09uYRLok

日時: 2016/03/02 09:37名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

大勢の若者たちが全国を走り回ったあの維新。費用も相当な額であったろうと思うのだが、はて、その資金は誰が支援していたのだろうか?ニホンザルさんも何かネタを持っておられると思うも、私なりに当時の状況から推測して見ました。

公式資料としては、志士たちを分け隔てなく支援していたのは、長州下関の豪商、白石正一郎で、坂本竜馬なども一時、白石家に逗留させるほどの、維新びいき。でも先ず頭に浮かぶのが、日本を開国させれば、交易面で相当の利益が確保できるとして、当時日本に開国を迫っていた米英スペインなどの金融資本、特にアヘン権益を狙ってインド、中国に進出していたサッスーン商会と、蝶々夫人長崎グラバー邸で有名なトマス・グラバーが代理人となっていたジャーデイン・マセソン商会と、維新志士たちとの関係だろう。

このメソポタミア地方(現在のイラク)に移住したユダヤ人サッスーン商会は、シルクロード貿易で巨万の富を築き、後にロスチャイルド家のアジア担当とも呼ばれ、早くからインドに進出し、インド産アヘンの利権を確保、英国がアヘン戦争勝利で中国に開放の条件を呑ませた時に、孫のアーサー・サッスーンが、ロスチャイルド家のアンリーロスチャイルドと結婚、ロスチャイルド銀行役員や、既にアヘン、紅茶貿易の一翼利権を持っていたユダヤ人、ジャーデイン・マセソンらと共に、英国最大の銀行、香港上海銀行(現在のHSBC)を創立。これでまたボロ儲け(笑)。

このサッスーン商会とジャーデイン・マセソンは、政変ある所に巨大利潤ありの原則に基づき、維新で激動していた日本にも進出、片岡物産に紅茶販売などをやらせていたが、本筋は武器の対日販売にあった。ジャーデインマセソンは、上記グラバー邸で有名になったグラバーに代理権を与え、グラバー商会を設立させている。

坂元竜馬が、維新の為の財源と国際貿易勉強の為に長崎に創立した商社、亀山社中は、このグラバー商会の手ほどきによるものであった。もっと突っ込んだ言い方をするなら、ジャーデイン・マセソンによって創られたダミー商社であった。

そう言えば、竜馬が持っていた私兵・海援隊は、当時で60名の要員をかかえており、且つ、艦船などの費用も含めると現在換算でも約50億円の投資を行っていたという(日銀、高松支店所蔵の史料)。

まあ、下関の豪商白石正十郎の支援もあったにせよ、竜馬だけに50億円をポンと出せたとも思えない。貿易商社・亀山社中が、薩長和解の場を作り、長州がコメを薩摩に販売許可する見返りに、薩摩が持っていた英国からの武器輸入権の一部を長州に譲渡すると言う取引は、竜馬の仲介で行われている。

開国こそが、旧幕藩政治を倒す革命なりとしつつ、資金支援を受けながらしっかりと欧州流ユダ菌商法は取り入れていたのだ。これが大正、昭和初期の三井、三菱による日本型国家独占資本を養成する礎となっている。戦争は最大の公共事業であると言われてきたように、資本主義である以上、この宿命からは逃れられないだろう。現在にあっても、下落する原油に鉱石資源などを横目に、これに歯止めをかけるには戦争しかないと、戦争を仕掛けたくてウズウズしている国際マフイアどもは、大勢居ることだろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存