ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場、皇居前大手町から丸ノ内界隈。 ( No.632 )
日時: 2017/07/21 15:16
名前: イントィッション ID:09uYRLok

日時: 2016/03/02 23:15名前: 満天下有人 ID:Uu3X.Tz.

そうですか、イントちゃんのスレッドも書き込みが出来なくなったのですか。

新規スレッドで、大手町界隈から丸の内のことが書かれているようなので、現役時代この界隈に20年間、皇居を見下ろしながら(笑)勤務していた者として、少し詳しく補足しますね。

皇居御堀端に、マッカーサーによって解体されて、其の後、大合同で復活した三井財閥が座っていますが、元々は、現在の三越本店の横に総本社がありました。その皇居側隣に日銀本店があります。

大手町から順に日銀本店のある日本橋本石町までに、官邸を動かす日本総司令部があります。

すぐ横に経団連がありました。その前に、御用聞きマスコミ読売本社があって、その先に日本郵政本社があり、そして東京駅から出ている線路のガードをくぐってすぐ右に、日本富国強兵を支えた日本製鉄(現在の新日鉄)があり、そしてその右側を歩いて行くと東京駅前に出て、その前に三菱グループが丸の内ビル及び新丸の内ビルに、ずらりと割拠しております。

JRガードをくぐる直前の右側に、つまり東京駅前に向って三菱財閥の本拠が並んでおり、ガードをくぐって直進すると日銀本店、その南隣が元々の三井財閥の総本山でした。現在は三井住友信託銀行本社が入っております。そして西隣が三井財閥の発祥である三越越後屋、つまり三越本店ですね・・・

日銀本店が何故、三井総本山の横に居を構えたかというと、いつかの投稿でちょこっと触れましたが、ジャーデインマセソンの進出と同時期に横浜に出ていた、英国のインド植民地銀行の一つであった英国東洋銀行=オリエンタルバンクと三井の関係にその基があるのです。

さて幕府を倒し、開国した明治維新政府は、幕府の対外債務600万両もの負債を抱え、その中には、朝廷が早期攘夷を求めていたことを実行すべく、長州の跳ね上がり攘夷派が、下関海峡を通過したアメリカ商船を攻撃、これが米英に日本攻撃の格好の口実となり、その賠償金が150万両。上記600万両の負債に含まれている。

この支払の為に維新政府は、このオリエンタルバンクから、年利18.2%で借金。加えて政府は、貨幣改鋳のために建設した大阪造幣局に、貨幣改鋳のために引き渡す金銀貨幣の取り扱い人として、オリエンタルバンクにその利権を渡し、同時に三井にも御用為替座の地位を与えました。ここでオリエンタルバンクと三井の結びつきが始まったと思われる。

維新の時、欧米の金融制度視察に出かけた岩倉視察団が持ち帰ったのは、英国型中央銀行制度ではなく、アメリカ型の、国の法律で設立される民間銀行の「国立銀行」(国の銀行という意味では無い)方式を採用していたので、日銀などはまだ出来ておりませんでした。そこでこのオリエンタルバンクが、一種の中央銀行のような役目を持っていたようですが、こんなの日本植民地化を狙った金融にしか過ぎず、日本政府に対するあれこれの要求を、三井を通じて行っていたようです。

そしてその三井も、封建時代に創った基礎である為替業と呉服業では経営が成り立たなくなってきて、オリエンタルバンクから100万ドルの借金を背負っていた。その担保の中に、明治14年に創られた日銀の母体、第一国立銀行の銀行券100万円も含まれていた。ちなみにこの第一国立銀行は、オリエンタルバンクと三井が創ったものです。

明治9年に国立銀行条例が改正され、これでは貸金を回収できないとしたオリエンタルバンクは、三井に対し猛烈な返済を迫る。三井に泣き込まれた政府は、止む無く立て替え払いをしてやる、が・・・その財源は、何とオリエンタルバンクから150万ドルを借り入れ、その内から三井の借金返済に充てていたのです(笑)。

まあ、バブル崩壊後の近年でも、メロメロになってしまった我が国の各銀行に対し政府は、真っ先に救済に走りましたね。昔からそうなのです。金融システムが壊れるのが、資本主義に取っては一番怖いのです。

日銀が何故三井総本山の横に在るのか、上記経緯のように、実は日銀が中央銀行になる前に、その前身である第一国立銀行時代から、一身同体であったし、三井組が建設した海運橋兜町(現在の日本橋一丁目)の三井ハウスも、ある時期、この第一国立銀行に譲ったりしていました。

まあその後、松方正義が大蔵卿のとき、フランスロスチャイルドの指南によって中央銀行としての日本銀行を創立してはおりますが、当時ではすべての参考になるのは、欧米の金融制度しかなかったし、残念ながらその歴史的経緯によって我が国は、国際金融マフイアの鼻息を伺うことでしか金融政策をやれない国になっていますね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存