ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(2)>欧米金融資本の草刈り場 ( No.633 )
日時: 2017/07/21 15:26
名前: イントィッション ID:09uYRLok

日時: 2016/03/03 08:49名前: 満天下有人 ID:0F.Tfs0Q

参考までに東京駅前と皇居に繋がる地域に、丸の内ビル、新丸の内ビルに象徴される三菱財閥グループ、この土地は昔の陸軍省から三菱地所が払い下げを受けたもので、三菱の雄、軍事産業の三菱重工業は、品川駅南側開発に応じて、現在はそこにでかいビルを建てて移転しております。

三井グループ本社の土地は、三井不動産が管理。

三菱財閥が三菱重工に象徴されるように、軍事産業を軸に拡大してきたイメージに対し、三井財閥は、その前身・三越越後屋による商人の道と、為替屋としての業務イメージから、むしろ三菱の工業化イメージから離れた海外交易も含む貿易商、金融業として発展して来ております。政府閣僚を辞めて下野した長州藩士・井馨や越後佐渡藩士の益田孝、そして我が国主要企業となる企業を500社も創った渋沢栄一によって、先収会社と言われる日本初の商売取引会社を設立し、三井組と組んで三井物産を設立し、三菱における重工業化イメージに対し、金融為替、貿易商業イメージで発展して来ております。

維新の時代の三井が、英国オリエンタルバンクと強く結びついたのも、三井が今日の銀行金融と言うよりも、為替業務面での金融色が強かった=国際取引による発展の性格があったことが、三菱財閥とのイメージの違いになって現れていると思います。

日露戦争資金約1000万ポンドを、アメリカロスチャイルドをダミーとして借り入れた日本政府、全額を未返済のうちに満州進出のキナ臭い匂いを漂い始めた日本、英ロスチャイルドの代理人であった英駐日大使・フランシス・リンドレーが着任。何をしていたかというと三井に頻繁に出入りしては軍部の情報取りと、日本政府への残り債権の取り立てを三井に依頼していた。その折り合いは、日本が満州支配に成功した暁には、満州原油の利権を共同管理するとの裏取引によって、その場をしのいだようです。

前稿で、戦争は最大の公共事業であると記しましたが、この日露戦争の本質にも、それは単なる極東における日露権益の争い、というような単純なものではなく、背景には当時の帝政ロシアによるユダヤ嫌い、特にニコライ二世は「ジャデイア!(ユダ公!)と叫ぶほどに反ユダヤ主義者であったと言われています。ところがロスチャイルドはカネの力でカスピ海のバクー油田横取りのために、素知らぬ顔で、日本の極東におけるロシアとの紛争に目をつけて、これを煽って日露戦争に持ち込み、大儲けを狙う。

その為に英国海軍を利用し、あの有名な東郷元帥によるロシア艦隊撃沈のT字戦法を教授するために、英海軍作戦参謀5名を旗艦三笠に乗艦させていた。ロシアのバルチック艦隊が対馬海峡に現れた第一報を東京に打電したのは、三井物産の、当時の日本では初の海外支店。香港支店でした。当時衛星もない時代に、よくもまあ、ロシア艦隊を見つけたものですね(笑)・・・予め情報が与えられていたのでしょう。

それにしても、日露戦争威容が1000万ポンド、当時の為替レートでは1£=10円ですから、戦費は約1億円・。当時の日銀正貨(金)の保有高が約1億7千万円。国家予算が5億円で比較すると、大変なことをやってのけたのですね、後に尾を引いた費用を入れると20億円はかかったとの試算もあります・・・太平洋戦争でもそう。日本って頭に血が上ってしまうと前後不覚になってしまうようです。欧米列強は既に、その気質は計算済みだったでしょう。現在でも異変があればそのような日の丸バンザイ突撃の気質は、あると思いますね・・・シンゾー内閣一派のやることを見ていると、ヤケクソになったら怖い(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存