ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・O ( No.64 )
日時: 2017/06/24 13:06
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/12/15 07:33名前: 満天下有人 ID:Oqoqitmk

・・・次期主力戦闘機、どれにするか思案中の所、昨日防衛省はステルス性が過去最高になったF35を2016年までに、最初が10機(一機約139億円、合計40機購入を決定(合計約5500億円)、野田は判断がつかず一川防衛大臣に丸投げ、大臣は防衛官僚の言うまま・・・やはり主権は官僚にありだ・・・その官僚は日米同盟に従い、何機くらい導入が適正でしょうかと宗家にお尋ねする(した結果がこの機数だと思う)・・・これも一種の丸投げである・・・

・・・防衛省の導入理由は、中国の武器開発が異常な速さで進んでいることにあるらしい・・・しかし考えて見ると、武器開発で中国を封じ込めるでなく、双方が軍拡競争になっても、それは封じ込めより力のバランスとすれば、実質的には双方とも武器を使用できなくなるとする、あの有名なキッシンジャー国務長官の均衡理論=バランス・オブ・パワー理論が生きていて、それによる中国軍拡競争を黙認してのことであろう・・・別名武装平和=Armed Peaceとも言われる・・・

余りにも力が抜きんでた国があると、逆に均衡ある秩序は守れないとする理屈である・・・一方が余りにも力が衰えた場合もそうなる・・・この理屈の元祖はかのプロイセン宰相・ビスマルクであると言われているが、キッシンジャーもそれを受け継いでいるのであろう・・・

・・・72年の穀物を巡る米ソの駆け引きの時、キッシンジャーはソ連に対し、穀物と石油を戦略物資に使う案も考え出していたのだが、当時の中国に対する食糧戦略は、どのようなものであったろうか・・・

あの頃の中国は小麦を米国から輸入していたとしても僅か年300万トン程度であった・・・ソ連が2000万トンを超える大量の穀物を米国穀物メジャーから買付けたという数字にピンと来ない向きは、我が国の主食オコメの需給が約800万トンであることと比較すれば、いかに膨大な量であったかが分かる・・・

・・・しかし中国も人口増加の兆しが見え始めて、77年から米国産穀物の輸入は900万トン→83年には1300万トンに急増した・・・ニクソンが対共産圏向け穀物扱いを戦略物資と位置つけ、しかし対ソ、対中国向けに大量の輸出を実行した裏にはキッシンジャーによる均衡理論があったと思われる・・・
更には中ソ間における対立が生じていたことも、中国に接近することによってソ連牽制の狙いもあった、トライアングル均衡理論である・・・逆にソ連は米国が中国に売る前に買い占めておいたという説、それはインド・パキスタン紛争で、インドと折り合いが悪かった中国がパキスタン援助をやるのではないか、パキスタン侵攻を狙うソ連としては事前にそれを阻止する思惑があったという説もある・・・

・・・ニクソンによる寝耳に水の対中国交回復、それはキッシンジャーがいずれ中国は米経済にとって必須の国になると睨み、中国が天安門事件で人民に圧政を敷いても、あるいは将来軍事大国になろうとも、それは力の均衡となり、米軍事産業にも大きな利益をもたらすことになるとの読みをニクソンに伝授していた・・・

アイゼンハワー大統領がホワイトハウスを去る時、軍産複合体は、将来に禍根を残すとのメッセージを遺したものだが、キッシンジャーはそれとは逆の軍事経済依存の道を選択し、ケ小平と意気投合していた・・・ケ小平が晩年、学生運動弾圧による第二次天安門事件で失脚した時、キッシンジャーは、キッシンジャー・アソシエィツの肩書で即座に訪中している・・・

・・・米国が初めて中国に大量の穀物を売却した時、中国は親ソ派のコンチネンタル・グレインを起用しなかった・・・戦後、先進国で最初に中国を承認したのはフランスである、中国は大量米国産穀物買付には、フランス籍のルイ・ドレフユスを起用している・・・ドレフユスもロスチャイルドの金融力をバックに五大メジャーの一角を占める有力な穀物商になったのだが、ドイツユダヤ人のキッシンジャーもロックフエラーの使い走りをしながらロスチャイルドとは密接な関係があったのである・・・国務長官を退いた後に、ロスチャイルドのアメリカン・エクスプレス=AMEXの重役に納まっている・・・

・・・キッシンジャー・アソシエィツの副会長は、陸軍士官学校を出てから一貫して、ニクソン政権→フオード政権→パパブッシュ政権→ジョージブッシュ政権で国防トップとして大統領補佐官を務めているスコウクロフト、社長はブッシュ政権国務省NO.2のイーグルバーガーである・・・この二人がアメリカロスチャイルドのクーンレープ商会から資金を得ていた話は、米裏業界では誰でも知っている有名な話なのである・・・米国が当時、通信衛星を中国に売却したのはこの3名によるものである・・・

軍事兵器と共に食糧も支援するその背景には、相手に同じ力を持たせ、それによって得られる巨大な利益が目的である・・・見よ、例え対立する相手にも戦略物資を与える平和を志向しているではないか、我々は平和と民主主義を志向しているのである、な〜んてセリフは表向きのプロパガンダに過ぎないのである・・・

・・・ハワイAPEC開催直前に、既に88歳にもなるキッシンジャーが我が官邸にすっ飛んで来て、野田のTPP参加姿勢を確認しに来たのか脅しが目的であったのかは知らないが、多分脅しであったろう・・・背後における寡頭勢力との共同作戦であることは明白である・・・

金融寡頭勢力は、金融分野だけにおいての寡頭勢力では無く、食糧分野においても寡頭勢力なのである、コンチネンタル・グレイン、ルイ・ドレフュス、南米大豆の王者ブンゲみな、ロスチャイルドの金融力によって巨大化して来たのである・・・そして彼らが北米や南米に進出する時は必ず、ユダヤ難民を引き連れて入植させている・・・

・・・次期戦闘機FXのことから話が広がってしまったが、戦をするにも腹が減っては敗けである、そして腹減らさせて勝ったにせよ、今度は巨大国家を統治するのは並大抵のことではない、巨大化した帝国が必ず滅びてしまった歴史上の教訓が、キッシンジャーの力の均衡論を作らせたのかも知れない・・・我が国の自衛が中国を想定しているにせよ、米中は裏で繋がっている、表向き米国主導のTPPが中国牽制を意識したものであっても、究極は力の均衡・バランス・オブ・パワーを通じ巨大利益を得るのが目的になっている筈だ・・・

・・・このような勢力に対抗するためには、市民、国民派もまた、対峙し得る力を持たねばならない・・・力の均衡がどこで交差するかの問題でもあろうが、腹が減っては戦にもならない・・・食糧自給は力の均衡に幻惑されないで行ける大きな戦略でもあるのだ・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存