ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(9)>暗い時代へ ( No.645 )
日時: 2017/07/21 17:06
名前: イントィッション ID:09uYRLok

日時: 2016/03/13 13:09名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

旧幕藩体制廃止により溢れ出た旧士族たち。当面食い扶持を与えないといけない明治新政府。士族宛て一種の国債である秩禄公債を発行せざるを得なかったが、いつまでも出来る訳でもない。

幕藩体制から溢れ出た士族面倒見に、どれくらいの財源が必要だったのか、幕藩体制の頃では○○何万石というコメ高で各藩に秩禄を与えていたから、石高を基準にすると、家禄は藩主に軍事的義務を負う武士の家の生活費で、幕末総額は約1300万石だったようだ。

それと別に維新政府は、維新に勲功のあった公卿、大名、士族に対し90万石のボーナスを出しており、その合計約1400万石が秩禄とされた。でも何時までも制度を続ける訳には行かないから、政府はそれを、最大の公共事業である軍隊創設によって、兵隊として吸収し、富国強兵目的として一石二鳥の政策を取った。喜んだのは武器ユダ菌商人どもであったから、一石三鳥であったかも知れない(笑)。

徴兵令は木戸孝允による「今日の急務天下士族旧来の禄食を裁減し、以て新兵を養うにあり」とする提言によって、明治6年に発布された。まあ武士道を基本にし、武器戦術は欧米流だから、これも司馬遼太郎さんの言葉を借りるなら、和洋折衷のような揺籃であったろう。これに神道精神が加わって、わが国の軍隊は神がかり的に変化して行き、戦争も金融を抜きにしてはやって行けないという算数的合理性が抜けて行き、ユダ菌がカネ貸さないとなると新たな攘夷?思想で、天誅!と叫んで走り出す奇妙な右翼思想軍隊によって暗い時代に突入して行くのである。

足りないカネは、政府が印刷して精神を吹き込めば、紙切れがたちまちにして黄金札に代わると言う(爆笑)、これまた神がかり的発想を基に「紙」に頼り出した、それが西南戦争時における大量の不換紙幣発行となる。キツネと枯葉の童話ではない、現実にあったことであり、21世紀にもなって今日また同じような発想が出てくる(笑)。現物黄金をバックに価値基準を特化するユダ菌VSキツネおとぎ話との闘いのようなものである。人間が最終的には実物価値を求める本能がある以上、これで勝てる筈が無い・・・・でもどうしてもこの国では神がかり的になってしまうゲノムが抜け切れない。日の丸バンザイ突撃精神なのである(笑)。夢想的なのである。

ニセ札に等しい不換紙幣発行に至った遠因は、国際市場における金銀比価を計算に入れずに、銀貨に重きを置いた貨幣政策の間違いで、金が大量に流出してしまい、金の重しの無い紙幣を発行せざるを得ない状況に追い込まれてしまったことにある。

そこえ旧士族、武士に対する秩禄減額政策が取られた為に、蟄居していた西郷隆盛配下の武士たちに不満が爆発し、明治10年の西南戦争となって行く。戦争インフレと不換紙幣大量発行が悪相乗効果をもたらし、インフレが玄米2倍の価格となって襲った。

前年の財政規模約6000万円に対し、この西南の役討伐軍事費は約4200万円だったというから、普通一般会計の7割が別途の戦争費として費やされたことになる。そのうち約2700万円が、政府不換紙幣として印刷されている。一時的であったにせよ、悪性インフレになっても当たり前のことであったろう。不換であったからには、消却は不要なのだが、そんな紙切れが世に浮いて放置しておく訳には行かない、だって民衆社会ではまだ金銀貨幣の時代であったから、消却せねばならない、誰の負担で消却したのか?毎年の税金で消却して行ったから、結局国民が払ったのである(笑)。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存