ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(10)>債務通貨は最終的には国民が担保し、国民が清算することになる ( No.646 )
日時: 2017/07/21 17:15
名前: イントィッション ID:09uYRLok

日時: 2016/03/14 16:34名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

重なる内戦の為に維新政府は遂に、西南戦争を契機に不換政府紙幣太政官札を大量に発行せざるを得なくなった。

この現象は我が国だけではない。後になるが第一次世界大戦によって、当時の英国も同じ状況に陥ったのである。各国とも停戦までの軍費を税で賄うことは不可能であったし、英国でも政府債務によるイングランド銀行からの借り入れは急増して行った。同時に英国政府は、開戦時に急を要した通貨は、取りあえず政府紙幣発行によって賄ったが、実は、停戦まで発行を止めることは出来ず、これも増えて行ったのである。

しかしその弊害が発生することを予め予想し、終戦直前から英政府は、イングランド銀行カンリフ総裁を委員長として、通貨発行も含め正常な状態に戻る手順報告書の提示を求めた。そして委員会は、やはり金価値をバックにした通貨に戻すのが最良の方法であり、それ以外に効果な手立てはないとし、それが機能しないのであれば貿易赤字の発生を初め、政府権限による信用の拡張は(不換政府紙幣発行のこと)銀行券の兌換性を脅かし、英国全体の国際的信用にも関わるとの報告書を提出したのである。

その政府権限による信用の膨張が、国民納税あるいは国民貯蓄からの借り入れを越えないようにすべきであるとして、一刻も早く国民の真の貯蓄が増加するような政策を発動せねばならないとしたのである。

ここにも通貨の価値は、最終的には国民資産によって担保されているのだから、その国民資産が増加して行くような政策=通貨の問題はそれ以前に経済政策の問題であるとの明確な意思が表明されている。我が国が西南戦争での不換政府紙幣を消却できたのも、国民納税が順調に戻ったからである。当時の大隈重信大蔵卿も、士族華族向けの殖産を興業する為には、起業公債を発行すべしとして、国債発行の原型を提示し、後任の松方正義もまた、通貨は民間経済に必要なのであって、民間市場の動きに従った民間による通貨発行にせねば、政府権限による発行では、民間活力の芽を育てることは出来ないとしたのである。

それが今日において尚、民間による信用創造の通貨が経済の活性化を邪魔している、故に政府権限発行を要するとの本末転倒の理屈が消えない。一体、民間信用創造通貨の何が、どこが経済成長を邪魔しているのか、そこを丁寧に説明した上での批判は、お目にかかったこともない。ただ民間通貨信用の創造を批判しているだけで、実例をあげての説明は皆無である。

何度も言うが、預金通貨という信用の創造による通貨は、経済活動においては常時現金を準備しておく必要はないというだけのことを、経済の実態、預金通貨も含めてそのパイの現実規模を説明するだけのものである。約束手形と同じ理屈なだけのことである。問題はそれ以前の経済政策にあるのである。更には資本主義的経済関係にあっては、商品としての通貨にも私的利潤追求の因子が含まれているのだから、その体制を抜きにした通貨論をいくらこねくり回したところで、金魚鉢の中で金魚を追っかけているようなものである。ミヒャエル・エンデやシルビオ・ゲゼルの童話的通貨論の幻想を追ってるだけである。

通貨の公共性を言うなら、私的利潤追求の総合的体制を、100%転換しない限り、単なる通貨の中での通貨議論をいくらしようが、百年河清を待つが如き、出口のないすご六ゲームをやっては振り出しに戻る堂々巡りをするだけである。まあ、暇な人がおやりになるのは勝手だが、グローバイリゼイションを認めながら、一方で諸国通貨発行自由権を持てとか、矛盾した発想が出るようではジャパンハンドラーズたちにまで、笑われてしまう。

私的利潤追求を社会の軸とする経済体制では、必ずどこかで行き詰まる。そして巨大な格差社会になる。なっても別にそれは滅びない。搾取できる民衆が存在する限りは。その巨大なシステムを通貨で解決しようとするは、ムダなことである。通貨によってではなく、その通貨による資本に、如何に共生のための公共性を埋め込めるかどうかが、最重要事項であるはずだ。資本主義の永続を願う体質を土台にしておいて、通貨面では公共性を求める二律背反では何も達成できないことに、どうして気がつかないのだろう、不思議である。

国民もまた、利子を望み資産蓄積したいのなら、それが政府によって破壊されないように財政面での関心を高めるべきである。利子を望むとは、通貨もまた利潤を求める資本主義を望むということだから、それを維持したいのなら、政府による財政破壊を十分監視せねばならない。同時に国家の国民であるなら、最終清算は国民の責任であることも当然なのである。

政府が社会保障費を賄えないと言うなら、徹底して他の経費削減を求めるべきである。さすれば私的資本にではなく、国民に最低必要な財源位、簡単に創出できる。官僚経費、軍事費、野放しの海外ODA・・・20兆円くらいはすぐに捻出できる。それを危険極まりない通貨印刷で賄えば、その跳ね返り後始末も又、国民に跳ね返ってくることを、十分に認識すべきである。その為に歴史を振り返っているのである。歴史遊びをやってるのではない。

その面での現状は、政府も国民もだらしない状況に至ってしまっている。それさえも気がつかいない状況を是正する方法は、破綻を待つしかないだろう。エンデの理想や、キツネと枯葉のような話は、全て童話に過ぎない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存