ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(11)>禁じ手の、日銀国債直接引受に踏み切った高橋是清 ( No.647 )
日時: 2017/07/21 17:23
名前: イントィッション ID:09uYRLok

日時: 2016/03/15 10:17名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

通貨の必要性は、民衆の自由な経済活動の為にあるとの当然の原理に気が付いた松方正義は、政府不換紙幣の発行を禁止し、政府財政運用に要する通貨も、国債発行によって調達する方法へ転換して、政府から通貨発行を切り離してしまった。

それでもまだ金融制度が未熟なままで、それは当時の秩禄公債、金禄公債に転換しても、それを財源に利子運用を始めた旧士族、華族が銀行もどきの金融業を始めて、当時の我が国にはきちっとした銀行が確立されておらず、国債発行、引受もスムーズには行かなかったようだ。

もたもたしている内に、戦争景気を謳歌させてくれた第一次大戦も終わり、NY株式市場にもバブル終焉が訪れ、1929年(昭和4年)、暗黒の木曜日がNY株式市場を襲って世界恐慌の幕が上がった。背景には戦争で本土に痛手を受けなかった米国と、英国の葛藤が恐慌を深化させてしまった。英ポンドが金兌換を停止したものだから、金流出を阻止する為にアメリカは、欧州からの輸入を制限する悪名高きスムート・ホーリイ関税法を成立させて、40%もの関税の壁を創ってしまった。この報復措置としてカナダ、フランスまでが関税を引き揚げ、関税報復合戦が繰り広げられて、世界経済は一気に収縮してしまい、恐慌を長引かせることになってしまった。

わが国は不幸にも、これに巻き込まれてしまった嫌いが強いのだが、経済、金融などのシステムが未熟なままであったから、めまぐるしく金輸出禁止、その解禁と、政策をクルクル変えてはみたものの、世界の趨勢に翻弄されて、昭和恐慌へと突入して行く。暗い時代の始まりである。

いびつな形で発展して来た金融と、企業の関係の代表例が、台湾銀行と当時の大手貿易商社・神戸の鈴木商店であった。鈴木酒店は早くから、医薬、防虫、防臭、防腐剤からセルロイドの原料や火薬原料まで幅広く利用される台湾樟脳の可能性に注目し、当時の台湾総督府長官で、後に初代満鉄総裁となる後藤新平に取入ってその利権を獲得し、巨財を得ながら、戦争情報にも特化して巨財を成した。これに食い込んだのが台湾銀行。業務の比重を余りにも鈴木商店に置きすぎて、関東大震災による不景気加速で倒産した鈴木商店と共に倒産してしまう。

この年昭和2年に陸軍大将であり政友会総裁であった田中義一が内閣総理大臣となり、戦争財政創りの為に禁じ手の国債日銀直接引き受けに踏み切った高橋是清が大蔵大臣に就任する。松方正義が通貨は民間経済の為にあるののであって、政府のものではないとして国債発行による通貨発行に政策を転換していたのに、戦争となってまた、国債発行による通貨調達を、事実上の政府発行紙幣として日銀に印刷を命じたのである。

大蔵大臣は政府である。我が国の通貨発行史は事実上、政府権力によって発行されて来ている。中央銀行には発行権など無かったのである。

軍人が総理大臣になって、いよいよ満州特化へ向けて走り出した時に、関東軍独走による張作霖暗殺事件が起こり、関東軍を制御できなかったとして田中内閣は総辞職してしまう。だが後を受けた政友会の犬養総裁は、不景気の民政党か、景気の政友会かとのスローガンを掲げて、総選挙に臨み、解散時の131議席から303議席へと大躍進したものだから、本格的な戦争財政へと突き進んだのである。

何だか現在の状況とそっくりだな(笑)。憲法を無視し、戦争出来る国にしたいアベシンゾー、経済政策面で野党よりましだと思う世論が、この一派を大躍進させてしまった。そしてテロ撲滅を名目にバンバンオカネをブン投げている。中国脅威を名目に、米軍事産業からは欠陥武器であろうが、まだ手に渡されていないものにまでオカネ払っている。

満州事変の頃は、内閣がクルクル変わり、当時当初の民政党内閣による予算は13億円程度であったが、満州事変を考慮すれば少ないとする政友会では、既に満州事変費として7000万円を計上していたのに、選挙に勝った犬養首相は更に6750万円を追加。その結果、最終歳出額は19億5千万円となり、高橋蔵相によって初の赤字国債が実行されたのである。そして公債の発行方法は、日本銀行をもって引受けせしめるとされた。

高橋蔵相の本音部分では,軍部の手前一時の便法としてやむを得ないと考えていた節もあり、事実、暗殺される前の頃になって、このようなやり方での戦費増加は好ましくないと発言している。だが、第一次大戦勃発時に英国政府が緊急事態」として一時的に発行した政府紙幣も、結局戦争が終わるまで発行し続けた麻薬症状と同じように、この日銀による政府国債の直接引き受けも、止まることなく継続されて行き、そろそろ出口を探すとした高橋蔵相も軍部に暗殺されてしまうのである。そして太平洋戦争終結時には巨額となって、国民預金封鎖、新円発行でようやく精算されるのである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存