ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(12)>満州事変から太平洋戦争に至るインチキ通貨戦費 ( No.648 )
日時: 2017/07/21 17:30
名前: イントィッション ID:09uYRLok

日時: 2016/03/16 17:45名前: 満天下有人 ID:9DKn2Z3M

関東軍による満州における暴走。帝国憲法では緊急時における緊急予算については、内閣総理大臣が天皇に奏上して勅令を得て支出できたが、後日必ず議会の承認を要した。だが若槻内閣は、現実に起こしてしまった事件はしょうがないとして、規制をかける訳でも無く満州事変費の予算計上を始める。これを背景に関東軍は調子に乗って、戦域を上海、南京にまで拡大してしまった。

高橋是清がこれを、日銀に国債を直接引き受けさせ、円印刷を容易にするため、それまでずっと保証発行限度額1億9千万円であった限度を一気に10億円まで引き上げたのである。そして戦争費についても、支出し易いように一般会計から切り離し特別会計を設置して協力したのである。満州事変勃発頃の一般会計予算は1億5千万程度のものであったが、特別会計上の軍事費会計はどんどん膨張して行き、当初20億円規模でスタートした額が、満州事変から太平洋戦争敗戦に至る間に、累計戦費は1554億円に達し、うち976億円が臨時軍事費公債でフアイナンスされていたのである。これは全公債の80%を占めるに至っていた。

この実態によって敗戦直後に、財政法が定められ、第5条で原則日銀による国債直接引き受けが禁止されたのである。

いすれにしても、高橋金融政策によって、そのようなやり方で、外貨建て日本国債には既に大きなリスクプレミアムがついていたのに、よくもまあ国債が暴落しなかったものだと感心するのだが、そこはちゃんと手品が発動されていたのである。

一つは、高橋による金本位制の停止で円が大暴落、維新の時に$1=1円と定めた基準値は、1931年(昭和6年)$1=2円にまで下落し、その翌年には4円にまで大暴落。輸出は三倍にも伸びたが高橋は、低金利下におけるインフレを嫌う資金が更に海外へ逃避し、円安に歯止めがかからなくなることを怖れて、資本防止逃避法を立法、ケースによっては国内市場を国際市場から遮断し、統制された国内で大量の国債が日銀直接引受で価格下落=金利上昇させることなく戦費を捻出できたと言う訳だ。そして二つ目に、国債保有者には市場変動影響を受けないように、発行価格を帳簿価格とする国債標準価格制度も設定していた。

これって私がいつも言う国債燃やしてしまえ、ただし金融鎖国が絶対必要条件、同時に物価統制令も要するとの論法に似ている(笑)。さすが、英知に長けた先輩たちは、とっくの昔におやりになていた(笑)。だが、やはり、通貨価値はそんな裏付けの無い通貨発行では必ず破綻することを予定しない大間抜けをやっていたのである。

高橋及び、その政策に呼応していた日銀深井総裁も、需給ギャップがプラスに転じ、雇用が上向くまでの一時の便法であり、時が来れば日銀によるフアイナンスは止める考えを持っていたようである。
(当時でも、こんな目茶苦茶な金融緩和をやっても、雇用者の実質賃金は下がり続け、満州事変時の指数100に対し、太平洋戦争開戦時では84にまで下がっている。何も要りません勝つまでは、と、少年時代にたたきこまれた者の実感としても、世の中給料が上がったと喜ぶ者はいなかったように覚えている。)

高橋や深井が一時の便法と言ったところで、ここにも麻薬症状が染みついてしまった・・・維新政府が政府による不換太政官札発行をやめることもできなかった、英国政府が第一次大戦勃発時に、一時の緊急対策としてイングランド銀行にポンドを印刷させ、結局終戦まで発行をつづけたと同じように、高橋や深井が一時の便法であって、止める予定であったと言ったところで、世間は、こんな便利な方法があるのかと、イージー・ゴーイングになってしまった。いつでも好きに出来る政府発行権限に潜む麻薬症状なのである。この政策は既に社会にモラルハザードを起こし始めていたのである。

当時の西村・大蔵事務次官の回顧によれば、日銀直接国債引受を世間は、こんなことが簡単に行われると将来、えらいことになるぞ、と心配していたのであるが、そのううちに、井上蔵相の時は公債で戦費調達は絶対いかんと言われていたのに、高橋さんの時代になると、通貨発行保証限度枠が2億円から10億円に増やしても経済はうまく行ってる、となれば更に20億円に増やしてもどうってことは・・・・・というムードが支配的になり、各省の予算要求は、政府には無償でオカネがどこからかいくらでも入って来る、一時便乗主義がはこびったと述懐されている。

そして財政規律が崩れて行くことえの世間の警戒感は後退して行ったのである。これもまた現在のムードにそっくりである。いくら政府借金が増えようが、何も破綻しない、インフレも起きないから、政府紙幣発行のどこが悪いと言う論である。満州事変勃発後の国債増発は7億6千万円に増加していたが、打ち出の小槌のような政策に麻痺してしまい、これに味を占めた軍部は遂に1000億円の予算を真面目な顔で要求するようになったのである。

高橋是清蔵相の一時の便法とする思惑は、軍部の便利な財布となり、満州事変拡大に拍車をかけ、遂には対米開戦という無謀な擧に出て行くのである。

これは知らなかったのだが、暴走関東軍による戦費確保は、高橋財政による円の印刷し捲りだけではなかったようである。NHKスペシャルが2011年に「圓の戦争」というタイトルで放映していたものだそうだが、朝鮮銀行の協力によって朝鮮銀行券を大陸で大いに活用していたそうである(次稿で・・・)。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存