ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(18)>アジアへの拡張主義揺籃の芽(3) ( No.654 )
日時: 2017/07/22 15:40
名前: イントィッション ID:r6fuSgCw

日時: 2016/03/20 13:46名前: 満天下有人 ID:LP2Vwt7I

私有財産制度に疑問を持っていた岸信介が、東大学生時代からその思想に傾倒した、2:26事件の理論的指導者であり、昭和12年に銃殺刑に処せられた北一輝。北もまた私有財産は制限すべきであるとの思想を持っていた。社会主義や共産主義は最初から肌に合わないとする彼らの思想には、私有財産制度の否定があり、ならばそれは極端な社会主義、むしろ共産主義に近く、話が矛盾するではないか・・・・

北一輝が弱冠23歳で初めて著書にした「国体論及び純正社会主義」では、帝国憲法における天皇制までが厳しく批判されている。『明治維新革命の本義は実に民主主義であった。天皇も国民の天皇であり、国家の天皇ではない。天皇が一国民として、一般の国民と共に国家の為に行動する公民国家こそが、維新革命の本来の姿ではなかったか。』

これを読むと、私有財産制度の否定と合わせて、文句なしの国民主権説に立つ社会主義者としか受け止められないが、順次その思想の展開を読むと、最後はやはり国家崩壊させる思想の持ち主であったことが分かる。弱冠23歳の青二才の頃に書いたもので、まだ学生だった岸信介が、同じ青年として共感したのであろう。だがその青二才どもの共感が、国を滅ぼしてしまったのだから、怖い。

そして当時、辛亥革命に身を投じるために上海に逗留していた北一輝の「国家改造案原理大綱」を国内に持ち込んだのが、東京帝大で東西宗教学を専攻し、神秘的宗教について学んでいた元満鉄調査部の思想家で大アジア主義者の大川周明であった。

北一輝は国体論及び純正社会主義理論で、一見、国民主権説に立ったような論理を展開するのだが、途中から、人間の集合体である社会は有機体である国家によって総括される時にのみ、意味を持ってくるのであって、社会の中のいかなる人間も(主権はあっても)個人としては、あるいは社会集団も「国家を」自らのものとする「主体」にはなり得ないのであって、国家そのものが唯一の「主体」なのであると結論しているのである。

ここでハンドルをグ〜ッと右へ切り出すのである(笑)。

どういうことを言ってるのかと言うと、現在に当てはめて見るに、国民が主権を持ち、選挙する権利を有する。だが、後は選んだ政治家、そして彼らが作る国家運営の執行には国民は、個人としては参加することは出来ない。極論すれば、選ばれた者によって形成される国家に、個人としての主権者は身を委ねろ、と言ってるのですね・・・その光景は、正に今日見れる光景そのものです。

そして全体としては、社会主義も国家によるものでなければならないと言ってるのです。つまり「国家社会主義」でなければならないということです。共産主義、社会主義は肌に合わないと言いながら、国家社会主義を言うのだから、嫌いなはずのものを今度は好き、と言ってるようなもので矛盾も甚だしい。今日においても右翼によく見られる資質です。資本主義を擁護しながら、その矛盾は棚に上げたままで、社会の閉塞を嘆くのです(笑)。

北一輝が描いたそのような政治体制にするために必要な国家改造の手法として書かれたものが、「国家改造案原理大綱」であり、その柱は、

〇天皇の非常大権による憲法停止と戒厳令布告。(これはもうクーデターですね、事実、2:26事件となった)
〇私有財産は一人  300万円を限度とし、超過額は国家に納付せねばならない。                
〇都市の土地は市有とし、私人生産限度額は資本1000万円とする。それを超過する生産業は国有とする。
〇労働時間は一日8時間とし、私人に雇用されている労働者は純益の1/2を配当されるものとする。(こういう箇所が出てくるか  ら、社会主義的思想だと思われてしまう。)                             
〇この政策は、朝鮮、台湾、樺太を初め、現在及び将来の帝国領土内に拡張される。
 
将来の帝国領土とは、豪州、シベリアが想定されていたのである。その理由は、ロシア、豪州は不当に広い領土を有しおり、人類平等の理念に反するから、というものであった(笑)。ここで明確に、改造国家日本によるアジアへの拡張主義が明確にされており、それが軍部や岸信介などのアジア植民地主義のバックボーンとなったのである。

〇徴兵制度を維持し、異民族に対しては雇用契約による義勇兵制を採用する。国家は自己防衛のためは勿論、“他の国家・民族を抑圧 から解放する為の戦争開始する権利を持つ。

ここまで来たら、国際法も何もあったものじゃない、神国ニッポン唯我独尊である。

通貨が持つ本質を悪用してまでアジア制覇に乗り出した当時の軍部と文民官。その思想的背景がよく見えた。維新自体にも勝手な論理が見えていたが、それとは別に同じような勝手な論理がこの思想家たちからも見えて、要するに「勝手な論理」同士が国内で勝手にケンカし、そして勝手に外に向かい出した、それが当時の世相というものであったのでしょう。勝手にされる外は、たまったものじゃなかっただろう。

このような思想の元に始めた領土拡大戦争、その損益計算はいかほどであったろうか。いや、高貴な思想の下ではゼニ勘定など下品な計算は蔑視されていたであろう。だから国際金融市場も無視した戦費調達に走ったのであろう。

現在でも散見される政府権力による紙幣発行論にも似た資質がある。経済は国家が行う行為では無く、あくまでも民間による行為であり、政府はそれを側面から支援する役目を負っているだけである。だから民間の行為は全てが私法上における債権債務の概念から、その権利義務が生じているのである。

北一輝などが私有財産制度を制限する思想では、通貨をも国家権力、つまり政府紙幣によって財の交換がなされることになり、そこには私法上の債権債務の概念は消え失せてしまう、あのソ連共産党時代を上回る共産主義が出現することになり、だが彼らは、それは嫌だと言うような自己矛盾の自己同一性によって、思想が固められていたのである。債務概念無き政府通貨によって民衆は、民間生活における債権債務を精算して行かねばならなくなる。そんなことが通用する筈が無い。利子概念も何も無い制度にして、そんなことが出来る筈が無い。

現在のシンゾー内閣総理大臣がやってることにも、その資質がある。国内経済などどうでもよく、世界救済の為に、外にはいくらでも国民負担でカネをばら撒いている。そのカネは政府特権のようになっている特別会計から捻出されているのである。そこに眠っている剰余金が国民に使われることは無い。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存