ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(20)>戦争資本主義による膨大な借金 ( No.656 )
日時: 2017/07/22 15:54
名前: イントィッション ID:r6fuSgCw

日時: 2016/03/22 10:04名前: 満天下有人 ID:yVCe.YDg

維新以来、日露戦争、満州事変を経て太平洋戦争に至る我が国の近代史。富国強兵は日本資本主義を戦争型に発展させて来たと言っても過言でもないだろう。

庶民国民は、北一輝や岸信介などのような国家あっての国民であるとの全体主義的総動員の思想によって、政治の失敗を全て清算して来た。金額的に具体的に示された物が、巨額に積み上がって来た国債であった。富国強兵近代化にとって、無くてはならない資源を買うには、ドルやポンドの準備金が必須の通貨であった。

明治維新の時からそうである。ポンド建て外債を起債するにも、世界最高の利率でないと起債できなかった中南米のホンジュラスに次ぐ高いコストで外貨を集めねばならなかった。

それは満州事変の時の高橋是清蔵相が、敵対性国家からの借金は、一刻も早く償還しておこうとして、禁じ手の日銀による政府国債の直接引受にまで手を出して、何とか国内での戦争財政の資金繰りを考えたのだが、ロスチャイルドの代理人であった当時の駐日米大使ジョセフ・グリューが、満州石油権益の割譲まで債権の担保に求め出した為に、外債返済の時期を早めざるを得なくなったが、何しろ軍事費だけで国家予算に匹敵する巨額の財政圧迫があっては、外債償還にも限度があったろう。

問題は外債だけではなかった。一国の生活基盤であり、戦争ともなると最重要エネルギー源としての電力、その電力会社の社債が外国によって引受られていたのである。東京電灯、日本電力、東邦電力、大同電力、台湾電力、信越電力など軒並み、外資に首根っこを押さえられていたのである。電燈会社の乱立によって経営が苦しくなっていた東京電灯に対し、社債引受先のモルガン商会は、利払いしないと次の社債は引き受けない、利払いについて政府保証まで求める状態であった。

ちなみに太平洋戦争が始まった昭和16年時点での外債は次の通りであった。

米ドル建分 2億8334万ドル
英ポンド建分 8844万ポンド     個別の為替が不明だが当時のレートで27億円だったようだ。
仏フラン建分 3億3716万フラン  為替が不明で円でどれくらいか不詳。

上記27億円の内訳は、約13億円が日本人所有分。残り約13億円が連合国分。

これらを全て償還する為に昭和18年に、外債処理法が成立し、すべて国内発行の国債で財源を調達し、外債は償還した結果、残高は8億8742万円にまで圧縮されたようだ。当然のことながら、その分、国内国債発行額は巨額になって行く。

そうなると日銀がいくらでも円を増刷できるように日銀法を変える必要が出てくる。それまでは金(きん)保有高との見合いがあって、円の発行上限は22億円くらいであったものを、太平洋戦争開戦時に日銀法を改正し、大蔵大臣権限によって発行額は青天井にされてしまったのである。今日右翼が望むところの政府通貨発行権によって、債務性無き通貨発行が実現されて、泥沼にのめり込んで行くのである。

更に戦時金融公庫法と南方開発金庫法が定められ、日銀が回す輪転機から出てくる円を、この両公庫が債券を発行して吸い上げ、兵器開発の中小零細企業への貸し出しに回されたのである。南方開発公庫は軍が次々に占領して行く南方へ帯同し、発券業務も出来る機関であった。満州事変の時のように植民地銀行券ならまだ、植民地経済の実態が背景にあったろう、だが、この南方券は、軍部の中をグルグル回す「軍票」であった。最後は誰が清算するのか、その性格が不明確な一種の政府紙幣であったと言える。

さて、敗戦時昭和20年8月発行残高 1233億円  (同年国家予算760億円。軍事費735億円。国民所得900億円 )。

このような事が可能になったのは、日銀が独立した金融政策を放棄して、全てが政府権限の配下に下って、いくらでも、通貨を発行できる体制にしたからである。当然ながらインフレが昂進していた。敗戦時昭和20年には物価は、8年前の3倍に上昇。

そして更に昭和20年から26年までに物価は30倍にも上るハイパーインフレに襲われている。概算では政府債務は名目上97%も目減りしたことになる。だが現実には償還期限が到来した債券は償還せねばならない。ほっとく訳には行かない。ましてやGHQの占領下にあって目が光っている。政府と日銀が一体化して印刷した円による国債引き受け分は別にしても、現実に大部分を引き受けて来たのは国民である。

どうも一般の人には、ここが理解できないようだ。国債を実際に引き受けているのが銀行、生保、郵貯であるから、それらが自分のカネで引受けているとの印象があるからか?・・・一部はその金融機関自己資本による引受もあるが、それは僅かの額である。そのオカネは殆どが国民が預けているものなのである。生保なら、保険代として巨額に達する額を、数多くの国民が掛け金として預けたものであり、郵貯なら庶民が預けたオカネなのである。銀行しかりで、実務に疎い民衆がよく誤解する預金通貨にしても、それは架空のものではなく、例えば或る日、経済活動をストップしようとしたら、信用の創造で孕んだオカネとて、現金で払い出さねばならないものなのである。

そこが分かっていないのだから、国債は最終的に国民が担保しているとの理屈が理解できないのである。空理空論ではない、銀行が預金者から預かったオカネで国債を、その預金の運用ために仲買人として買っているのだから、これもある日、国民が預金引き出しを一斉に行えば,国債を売って現ナマを用意せねばならないのである。空理空論とは次元が全く違う、現実のソロバンなのである。1円−1円は0なのである。簿記実務の初歩の初歩が分かっていないと、このようなとんでもない思い込みとなってしまう。キャッシュフローと発行額、それにその財源はどこからか、三者の関係が分かっていない。延いては何故預金封鎖が行われるのかも、理解できなくなってしまうのである。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存