ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(21)>結局は国民が清算した戦争資本主義のツケ ( No.657 )
日時: 2017/07/22 16:03
名前: イントィッション ID:r6fuSgCw

日時: 2016/03/23 14:30名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

これも当然と言えば当然だ、国がそこの住民の経済行為=付加価値創出を根底に生きている以上、国のふん詰まりは所詮、国民負担で始末をつけねばならない。通貨も財政も最終的には国民が担保しているのだから・・・だが頭に来るのは、その担保の執行権者が、何の資産も持っていない政府権力だということ、こんなのに通貨発行権を与えでもしたら、積り積もって結果はどうなるか、その見本が敗戦時の国民による政府負債の清算であった、そういうことになる。

問題は、その国の政策が、主権者の為に為され且つ主権者が同意していたかどうかで、その清算政策に対する国民の反発の度合いが違ってくる。

一連の植民地拡大戦争政策についても、当時の遂行責任者である岸信介などは、「自分の理想」を実現するには権力が必要だとうそぶいていたくらいだから、そこには国民の為になどと言う思想は皆無で、国家があってこそ国民も生きて居られるとの厚かましい、保守右翼にありがちな独断による政策であったからには、最終精算も国民が行って当然という、誠に勝手な論理によって戦後精算が為されたのである。

先ず精算に至る当時のGHQ了解の上での大蔵省による金融立法と、そのスケジュールに従った大蔵省による巧妙な国民資産による精算のプロセスを見てみる。数値は昨年夏、敗戦回顧録で記載したものを再掲するとして・・・

国債による政府負債:敗戦時昭和20年8月 1233億円  年末再集計 1994億円
             昭和21年  2653億円 (預金封鎖発動)

GHQ同意を取りつつ、面子を保つ為に何とか日本独自でこれを償還精算しようとした政府大蔵省が取った金融緊急措置三勅令は、
〇全金融機関の預貯金支払いの原則禁止。
〇日本銀行券預入令によって昭和21年3月3日を以て、既発行の日銀券は失効する。
〇臨時財産調査令により、全国民は昭和21年3月3日現在の金銭資産の全額を届け出ること。

かくの如く金融債務返済不能な状態による混乱を防止する為に、厳しい措置が取られたのである。勝手に混乱を起こすような政策を取り続けながら、今度は混乱防止を理由に国民資産が封鎖されてしまったのである。勝手な戦争資本主義を遂行した者たちの、その後始末やり方も、その名に恥じず正に強盗にも等しいやり方であった。

預金封鎖は、第一次封鎖と第二次封鎖の二段階に分けて行われた。第一次封鎖は、昭和21年2月17日朝日の記事にある通り、預金引き出し額に制限が掛けられ、世帯主は月額300円(現在の15万円くらい)、扶養家族は月額100円(現在の5万円くらい)しか引き出せなくなった。僅か1日で実行に移されたのである。

これは新円への切り替えが名目にされた。新円旧円の比率は1:1とされ、端数は切り捨てられたものの、ここに騙し戦法が隠されていたのである。それは第二次預金封鎖でその狙いが何であったかが、明らかになったのである。それでも1:1比率なら等価ではないかと、単純な向きはそう思ったであろう、だがハイパーインフレ下にあっては、新円の価値は1/10くらいであったろう。これに同年10月の第二次預金封鎖が追い打ちをかけた。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存