ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ユダ籠で孵化したか、日本独特の資本主義(笑) ( No.660 )
日時: 2017/07/22 16:55
名前: イントィッション ID:r6fuSgCw

日時: 2016/03/28 17:12名前: 満天下有人 ID:QVVygyqc

ニホンザルさんが言われる通り、維新当時の薩長とユダヤ金融資本との関係について、纏めた本はありませんね、それもそうかも知れません。維新の時の一時期のことで、後は日露戦争、満州事変の歴史の一部としてしか、関係していなかようですから。

従って私も、その断片の繋ぎ合わせ程度のことしか知りませんし、また事実関係も、「薩長」なる直接関係としては、さほどの事実もなかったから、かも知れません。でも、薩長閥維新政府という括りでなら、膨大な物語になります、維新以降の日本独特の官僚裁量資本主義を孵化させたことから、これまでの経済史をほぼ貫ら抜いていると言っても過言ではない。

日本資本主義揺籃の場の書き出しでも紹介した通り、幕末から維新にかけて英国は、駐日公使パークスによる積極的な対日政策を、例のオリエンタルバンクを通じて金融することで幕府、維新政府、そして薩長の志士たちを温めて孵化させた(笑)。

維新政府が引き継いだ幕府の対外債務借金は600万両。この内450万両がオリエンタルバンクからの借入金でした。おまけに貨幣鋳造権まで与える条約まで結んでしまう。そして維新政府は、幕府がフランス銀行に担保に取られていた横須賀の製鉄所の担保をはずす為に、オリエンタルバンクから借金して仏銀行に返済し、担保を解除してもらう。幕府は戊辰戦争に要した戦費はフランス・ロスチャイルドから、そして薩長族は英ロスチャイルドの支援を受ける。

もうあっちもこっちもユダ菌に押さえられて、日本資本主義の原型が出来上がって行く。正にユダ菌籠の中で孵化させられたようなものです。

だが薩長の志士たちには、資金を「貸す」のではなく与えていたのは史実ですね。その仲介をしたのが坂本竜馬で、そのバックに居たのが長崎グラバー邸のトマス・グラバーで、彼は英ロスチャイルドの傘下にあったジャーデイン・マセソン商会の一員で極東に派遣されていた。グラバー邸の片隅には彼の石碑があって、例のフリーメイソンのシンボルマーク、道徳を意味する上向きコンパス∧のマーク、真理を表す下向きの∨三角定規マーク、この二つの組み合わせで出来てるシンボルマークが刻まれておりますね・・・このシンボルマークを更に組合わせると、ユダのシンボルマーク「六芒星」・現在のイスラエルの国旗になる。

明らかにユダ菌であったこの武器商人・グラバーによって、薩長同盟が為される。これは同じく長崎に居てグラバーのバックアップで創立した商社・亀山社中の坂本竜馬の発想ではありませんね。土台、幕府に反抗していた長州、幕府はこの長州に対し、グラバーのジャーデイン・マセソンからの武器購入は禁止しており、一方で購入を許されていた薩摩、その薩摩から武器を長州に流し、当時の基礎税であったコメ不足に悩んでいた薩摩に、コメをふんだんに確保していた長州がそれを薩摩に供給することで、薩長同盟が成立している。今で言うところのバーター取引によって・・・

さて長州の志士たちには、どのような支援をしていたか。所謂長州フアイブ=マセソンボイーズたちには、英国に密航させ、現在の貨幣価値で10億円に相当する留学費を出しておりますね。

長州フアイブ・・・この国、初代内閣総理大臣となる伊藤博文。井上馨初代外務大臣。井上勝初代鉄道省長官。遠藤謹助造幣局局長。山尾庸三法制局長官。この長州藩五人は、既にユダ籠の中で、孵化させられていた(笑)。幕府と倒幕派、国内敵味方にくまなく網を張って卵をかえらせたのです。

その遺伝子は、霞が関に一杯残っている。出来上がった官僚独占国家資本主義、これを潰すには、革命遺伝子の無い我が国では、余程の社会情勢の変化を要することでしょう、簡単には潰せない、不可能に近いでしょうね、周りは右翼日本国家会議が固めている。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存