ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

金融面からしか経済処方箋を考えることができない世界経済(2) ( No.664 )
日時: 2017/07/22 17:21
名前: イントィッション ID:r6fuSgCw

日時: 2016/04/01 20:34名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

2月の上海G20でも、現状世界経済の行き詰まりは、金融政策だけでは解決できない、金融政策による通貨安競争で、自国輸出を強化するだけに留まっているとの、一応の認識はあったようだが、ではどうするかは各国の政策に委ねるとの、何とも早や、頼りない合意だけで終わった。

まあ国際会議とはそんなもので、第二次大戦終了時のように、世界秩序を一刻も早く立て直す緊急の事態でも無い限り、平時において緊張感を持って事に対峙する事は、人間と言う生き物には出来ない話なのである。現状不満階層にエサが投げ与えられるだけで終わるのが、人間社会のパターンなのである。

諸国の政策に委ねるということは、このような経済の根本構造に関わる大きな問題について結局は、どうしても諸国のエゴが出てくる。その利害調整を世界会議では調整出来ないとの限界を暴露しているとも言える。

先月、安倍官邸での国際金融経済分析会合に呼ばれたステイグリッツ博士は、世界の現状についても触れたらしく、主要国経済は日本化していると述べたそうな。要するに金融緩和しても何もよくなっていない、それよりも効果的な財政出動を進言したようだが、ここまで来ると単なる経済政策によるその場しのぎでは、また同じことを繰り返すだけ。

ということは、一歩踏み込んで社会構造にも眼を向けないと、根本は変わらない。金融政策などは、ほんのチッポケな手段にしか過ぎないものとなる。社会構造に目を向けるには、当然のことながら、そのバックボーンとしての社会哲学が裏付けとなってくる。全てはそこから発して、その先で、では金融システムはどうするか、社会運営に要する諸国通貨の交換基準はどうするのか、下降の思考としてそれが俎上に上るものである筈だ。そういう意味で金融政策などチッポケなものとなり、それだけでは何も解決できない、まあ、右翼保守日本会議のシンゾーにはムリな命題だが(笑)。

現状は、世界もその思考過程が逆さまになってしまっている。先ず、金融政策ありきで、いつまで待てば貨幣数量説から脱却できるのか、そう思うくらいに、その政策にまだ拘泥している。何故だろう?資本主義以外の社会が全く見えて来ないからであろう。だから私的資本利潤追求の命題の中で限定された思考になってしまい、結局ミクロ面で資本とのギリギリの妥協点を見出すことに汲々としてしまい、マクロ転換に至らない。諸国におけるその資本との妥協点が、当該国によるエゴとなって、国際関係の場でぶつかり合うことになってしまう。

金融システムによる金融政策、あるいは通貨をいじくることでは,解決出来ない限界に到達していることは、まぎれも無い客観事実であるにしても、G20では何とかそのことに気が付いて、諸国の政策によるとしたのであれば、まだ救われる。でもそれが、集まって議論してもどうしようもない状況だから、後は勝手にやれ、という風な投げやりな心情から出たものであるなら、恐慌に近い大混乱が起るのは、これからだと言う事になる。

テクニカル面から考えると、やはり中国・元の動向が焦点になるだろう。そこで新プラザ合意が可能かどうかにかかっている。原油市場も下落傾向からやや歯止めがかかり、中国ショックによる世界の株式市場も少し落ち着いて来たようで、目先の混乱は避け得たとしても、根本問題は、安定した循環サイクルに世界が戻れるかどうかだ。

恐らく資本のエゴが必ずどこかで吹き出すのは間違いない。そこでまた生きるか死ぬかの話が世界を覆う(笑)。数百年に亘ってここまで来た現在の構造枠内でしか対処できななら、所詮、お釈迦様の手の掌で転がされる人間の宿命だと諦観するしかない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存