ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

金融面からしか考える事が出来ない世界経済(完)>通貨の堕落 ( No.667 )
日時: 2017/07/22 17:40
名前: イントィッション ID:r6fuSgCw

日時: 2016/04/05 19:58名前: 満天下有人 ID:QSmX6jhs

『資本主義を崩壊させる最良の方法は、通貨を堕落させることである』と言ったのは、ロシアをソ連共産主義国家にしたレーニンの有名な言葉である。古典経済学の重鎮ケインズ卿も、第二次大戦後の講和の経済的帰結で、現存の社会の基盤を覆す上で、通貨を堕落させる以上に巧妙かつ確実な方法は無いと、同じような名句を吐いている。

日銀によるマイナス金利にしてまでもの超金融緩和、EUもマイナス金利を導入しているが、何の為にそこまでやらねばならないのか、要するにオカネを使わない者からはペナルテイを取るという、一種の間接課税を始めているに等しいのだが、とにかく物を買わせないと経済の、特に資本主義経済は死んでしまうとの危機感があるからだ。

先程ニュースで、世界一貧しい大統領として来日した、ウルグアイのホセ元大統領を見たが、激しい口調で過剰消費経済を批判され続けて来た方らしい。でもそれは資本主義経済の下では、過剰であろうがとにかく次の利潤確保の為には、避けることができない行為なのだ。

昨今の金融ありきから入る手法も、裏返して見るに、遂に金融資本主義にまでたどり着いた資本主義経済が、最後の局面に到達してしまった光景でもある。だが同じ制度においてパイを維持しようとすれば、そして金融面からだけの手法としては当然ながら、オカネを回転させることしか方法が無い。実質成長が0になっている場合、同じパイの中では、ペナルテイを掛けてでもオカネを退蔵させないようにするしか手が無い。

同時に成長無き経済では、税収不足によって政府財政が悪化して行く。借金が増えて行くから何とか利息の増加を抑えねばならない。この二つの要求を同時に満たす為に、0金利政策が取られ、そして効果が無いものだから遂には、預金に対してペナルテイを掛ける=間接資産課税の徴収にまで踏み込んでしまう。

そして0金利は当該国の通貨安を招く。上海G20で各国は、そのような通貨安競争によって経常収支を維持しようとする傾向に、一応は反省の表明もしていた。だが、ここまで行き詰まってしまうと、経常収支上での為替の問題ではなくなってしまっている。為替が経常収支上での外貨との取引によって、当該国の通貨の交換価格が決まる部分は、ほんの僅かである。

資本主義における通貨が、それ自体利潤を求める商品に転化すると、何を基準に世界を飛び回るのか、言うまでも無く利子率によってである。それも実質金利を基準にして徘徊するのである。利子や配当を産んでくれない通貨など、資本主義経済下にあっては、単なる交換の媒介にしか過ぎなくなる。

利子率で動く通貨は、ドル・円の関係を見ればよく解る。超金融緩和によって円は安い方向に展開した。でもそれは円それ自体によって円安になったのではなく、対ドルで、米経済が回復基調に戻ったことに対する、相対安に過ぎなかった。

その証拠に、日銀がマイナス金利にしてまで超金融緩和を強化したのに、円は逆に円高に転じてしまっている。貿易収支は逆に悪化しているのに、円安が止まってしまった。一つは米FRBが利上げに苦しみ、なかなか踏み切れないこと、も一つがその米ドルに対して、経済がデフレから脱却できずに更に強まる日本経済状況から、円の実質金利が高くなる傾向が出ているから、円高に転換したのであろう。

これを止めようとすなら円は、更なる超、超、超金融緩和をせねばならなくなってしまう。しかしその事は同時に、通貨もまた商品として利潤率を求めて来たのに、利子を産まないという点で、通貨の利潤率を妨げる要因になってしまう。ここにも資本主義の限界が見えて来るのである。レーニンやケインズが言った通貨の堕落、というよりも金融システムによる政策が、堕落してしまっている。それも当然の成り行きではある。周辺にも手を伸ばさないとやって行けない資本主義の宿命として、グローバリ化させ、周辺をも喰い、喰う場所が無くなって初めて崩壊する。グローバリ化した経済のパイにあっては、いくら国内で超金融緩和をやろうと、その効果は出ない。そんな初歩も分からなくなっている。

その意味で0金利政策が、利潤を追い求める資本主義からの転換を暗示しているなら、結構なことなのだが、どうもそれよりも、アベ・クロを見る限り、最後の悪あがきをしているとしか見えないのだ(笑)。専門家筋によると、資本主義の限界は、日本で一番早く現象が現れていたと言う。1997年における中小企業の利潤率は9.3%、そこがピークになってしまい、後は下がるだけの現象になっている。だが巨大資本にあっては、内部留保は増加の一途を辿っている。

二極化も、資本主義が行き着く所まで来てしまったことのシグナルであろう。政治がそれにどう対処して行くのか、資本への迎合を転換できるのか、特に我が国においては期待も出来ない。成長路線という政策は、耳にタコが出来るほど聞かされてきた。だがさっぱり成長しない(笑)、GDPのことではない、あらゆる分野で・・・。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存