ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

通貨安競争に、どこまでのめり込むバカクロ ( No.671 )
日時: 2017/07/23 08:47
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/04/08 11:26名前: 満天下有人 ID:js3VqvX.

東証日経平均の下げが止まらない。一昨日+)17円、昨日の+)34は、上げたと言えるシロモノではなく、下げ過程において良く見られる罰点十字(始め値と大引け値がほぼ同じで、高値と安値が直線で結ばれている気迷い値動きの現象)の出現だ。

戻り高値を取に順調に上げて来たNYダウも、遂に昨日▼$174下げて、一応戻り試しは終わったと見える。言わずと知れたFRBの、利上げ観測が後退=米景気回復にまだ自信が持てないことが表面化したことによる。

同時にECBが追加金融緩和を発表したものだから、FRB利上げ後退観測が重なって円は、一気に107円台にまで高騰した。

日銀バカクロは一昨日、東証日経平均が下げ続けている事への弁解補強コメントを発し、必要なら追加金融緩和をやると、市場に向けて発信。だが、NYダウの下げ=FRB利上げ見送りと、ECB追加金融緩和政策によって円が、一気に高騰してしまった。

何が言いたいかと言うと、ここまで当初の政策の結果が正反対の現象を伴って何の効果も無いのに、金融緩和ばかりにのめり込む怖さである。これ以上の緩和をやっても税収も増えない、実質賃金も増えない、家計もよくならない、そのような状況にあって、日銀当座預金勘定だけが積み上がって行くブタ積政策を続けて、最後の始末=出口をどうやって作れるのか?増発される国債は、どうやって精算するのだ?何?マイナス金利にして放っておけば、市中金融機関が融資に踏み切る?もうそんなことは有りえない実績があるのにまだ、性懲りも無くバカ緩和をやりおる。

日本証券業協会がまとめた2月の公社債投資家別の売買高を見ると、都市銀行は2兆763億円の国債を売り越している。これを埋めているのが外人買いの2兆6356億円だ。我が国国債は殆どが国内引受だから、投機的売買を行う外人に振り舞われることがない、というのが、国債破綻無の根拠の一つになってきた。

だが昨年9月期での外人保有高は101兆円と、前年比17%も一気に増加し、金利乱高下の要素が徐々に増えて来ている。価格低下利回り上昇で1%増えれば、一般会計の国債費に占める利払費約10兆円が一気に倍の20兆円に増えてしまう。税収が減る傾向にあるから、これをカバーする国債が増発され、しかもマイナス金利では、引き受け手がどんどん減って行き、マイナス金利政策に反し市中では金利高騰のリスクが生じて来る。この引受け手が投機的色彩が強い外資系となると、尚一層、金利乱高下の状況が出てくる。

そうなると日銀が直接引き受ける違法行為をやらざるを得なくなって来る。自民党部会では、満州事変の頃に軍部をなだめる狙いで直接引受をやった高橋是清に学ぼうという動きがあるようだが、当時の高橋は、直接引受けと同時に、目立たぬように売りオペもやっていたのである。だから国債破綻には至らなかった。尤も、その積み重ね反動は、昭和20年の敗戦で一気に覆いかぶさって来たのであるが。

歴史を振り返って見れば、アメリカの要請によって内需拡大、バブルを起こしてくれと頼まれたのが1985年のプラザ合意。同年の国債発行残高は僅か134兆円でGDPは323兆円であった。その後の国の負債の一気増加は、高齢化による社会保障費の増加であったか?当時ではまだ、そのような状況は生じていない。バブルが崩壊した平成3年での国債発行残高は一気に172兆円に急増している。大蔵省による住宅専門金融・住専発足とその崩壊過程におけるスキャンダル(大蔵官僚によるノーパンシャブシャブ)は目を覆うばかりであったし、国会は住専国会と名前が付くほどに大荒れ。

それでも今日のような異常なポジションにはならなかった筈なのに、どうして?税の公平公正な徴収の手抜きをやったからで、今更、富裕層や大企業に完全に手が出せなくなってしまっている。いや更に手を緩めている状況だ。そして非生産的で寄生虫的な利益の獲得によって税も払わない。正にパナマ文書が示している通りなのだ。こんな歪んだ構造で、何が金融緩和だ、何がインタゲだと言うのだ。それでも効果があればまだしも、状況は正反対の方向へ向かい、そして誰もそれを阻止できない。

国債だけでなく株式市場も含めて、売り空気で満たされている時に、ただ追加金融緩和をやるだけでは、一緒になって溶解のルツボに落ち込んで行くだけなのに、どうして東大大蔵官僚出身秀才たちは、逆さまをやるのか?。要するに人間性が欠落しているからであろう。人間性が無ければ、生きた経済とは何であるかが、理解できる筈が無い。そしてその状況はもう維新以来、150年も脈打っているのである。奇妙な国であることよ・・・。こんな政治に通貨発行権を持たせたら、どういうことになるか、想像するだけでも背筋が寒くなる。いや政府官僚が事実上システムを握ってしまっているから、おかしな状態になってしまっているのだ。

政治権力とは、歴史が示して来たように、正攻法でやりにくい疚しい事をする時に、インチキをやるのが本質なのだから。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存