ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

いい加減な資本主義国家経済体制(1)>法人減税に脱税の世界 ( No.672 )
日時: 2017/07/23 08:56
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/04/10 11:03名前: 満天下有人 ID:oPloO2fo

欧米諸国でどうしてかくも税金逃れ地帯が沢山創られて来たのか、少し歴史的に復習して見ると、アメリカも今回のパナマ文書で租税回避地利用が盛んであることは、暴露されているそうだが、余り大きな騒ぎにはなっていない。何故かと言うと、国内州に租税天国州が沢山あるからだ。

最も有名な州であるデラウエア州などは、会社設立登記に役員の名前を記載する必要も無い。ここに本社をおいている大企業には、フオード、GE、コカコーラ、グーグルなど、巨大多国籍企業がずらり。テキサス州、フロリダ州は、中南米麻薬マネーを受け入れてマネーロンダリングを事実上黙認している。

ほんとの所有者が誰かは分からないようになっているワイオミング州に至っては、州のウエブサイトで態々、我が州での法人設立では、所得税の非課税、匿名の所有、無記名の株式など、タックスヘイブンの利点をアメリカ国内で享受できますとまで、おおっぴらに宣伝している程らしい。

以前にも注意を喚起したことだが、ヘイブンなる言葉をカタカナで書くと、天国の「ヘヴン」と似ており、税金を払わずに済むか資産隠しにはもってこいの場所という意味で、税金天国とも呼ばれているが、本来の意味は港の「ヘイブン」、即ちその港に避難すれば税金という嵐を回避できるという意味だ。

陸上でのタックスヘイブンは、上記米州にもあるが、国そのものがタックスヘイブンになっているのが、全ての金(きん)はスイスに通じるテーマで書いたスイスであり、ルクセンブルグ、ベルギー、オーストリアなどの欧州諸国である。EU加盟条件には、厳しい財政規律をクリアしないといけない。つまり、しっかりとした税制による税収が必須となるのに、タックスヘイブン国が結構ある。いい加減だね・・・

海に目を転じて見よう。この世の天国が広がる美しい海域、メキシコ湾内の米ニューオーリンズからキューバを経て南米ヴェネズエラ沖に散らばるアンテイル諸島海域のカリブ海、そして今回隠し資産名として名前がつけられた運河国パナマがあり、もう自然天国と共に税金天国の島々がビッシリと浮かんでいる。

有名なのがキューバ島のすぐ下にあるケイマン諸島と、ヴェネズエラ沖のアンテイル諸島、及び大西洋に繋がる海域の英領ヴァージン諸島であり、巨大船舶が謎の消失をとげる魔のバミューダ三角海域がある。船だけではない、巨額の税金、資産がここに入ると消えてしまうのである(笑)。

今回のパナマ文書事件で、日本人の名前も多く暴露され始めたようだが、日本人が最初に利用したのがこのケイマン諸島で、同島では第三位にランクされている程だった。その後アメリカによるテロ資金対策上の監視がきつくなった為に、お隣の英領ヴァージン諸島へ隠し場所を移動していると言う。そう言えば、あのホリエモンのインチキ投資がばれた時に、国税当局が同島にホリエモンが隠していた資産を摘発していた。

誰がカリブ海に税金天国を創ったのか・・・キーポイントはヴェネズエラ沖にあるオランダ領の「キュラソー」にある。オレンジ皮スピリッツカクテルでも有名になっているキュラソーである。古くは奴隷売買市場で有名であり、歌手ハリー・ヴェラフオンテの奴隷の悲痛な叫びを彷彿とさせる振り絞るような声で有名な、さらばジャマイカなどの歌でも知られた、バナナに砂糖などの豊富な島である。

1910年頃、イギリス人ピアソンなる人物が、パナマ運河のすぐ上のメキシコ領トス・ポカスで大油田を発見。第一次大戦中にそれをロスチャイルドに売却。ロスチャイルドは南米支配を視野に入れてそのメキシコ領ポカスの原油を、キュラソー島で精錬する為に、ロスチャイルド資本のオランダ・ロイヤルダッチシェル石油の精錬工場をそこに建設。カリブ海の天産品資源と、米領ニューオーリンズに運ばれて来た米国産巨量の穀物を運搬するには海運業が必須となり、寄港するあちこちの島々に税金がかからないオカネの基地も創る必要があった。どうやらこれがタックスヘイブンの歴史的発祥の背景のようで、歴史の辻褄も合う。

タックスヘイブン地域で忘れてならない有名な地域に、英王室属領であるブリテイン島のすぐ南に在るマン島、ジャージー島、ガーンジー島である。

そもそも近代国家が民主主義を取り入れ、同時に民主主義の義務として、封建時代と違う自主的な納税制度を取り入れた。だが実態は、一部の階層による税逃れも容認して来ている。これはどういうことなのだろうか?。利益、資産隠しの本能を持つ人間に対する、神のお目こぼしなのだろうか?とすると不公平極まりない。手も足も出ない普通庶民層は、消費税という逃れようのない網をかぶせられるだけである。そして巨額利潤を挙げる資本には特典が多い。資本主義なるものがいい加減な制度なのか、庶民共は自由があると言う単純な理由だけで眼を眩まされているのではないか・・・。

そして「財政規律」なる言葉で税収不足のしわ寄せが全部、庶民にかぶさって来る。徴税面で抜け穴を放置したまま、挙句にその不足分を政府に紙幣を印刷させて、政府紙幣で賄えと言う。どこかで根本を間違えてしまっている。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存