ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

いい加減な資本主義国家経済体制(2)>プライマリーバランスで苦労するバカ政策 ( No.673 )
日時: 2017/07/23 09:07
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/04/12 07:15名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

今回のパナマ文書漏洩で、不思議なことに米日政治家の名前が一人も出ていない事に対し、疑問の声が出ている。他国大物ではロシアプーチン大統領、中国習金平主席の名前がクローズアップされており、特にアメリカでは国内州に既にタックスヘイブン州があるからとは言え、政治家の名が一人も出て来ない不自然さは、確かに感じる。

何か、国際戦略上で新たな仕掛けを始めようとしているのか、アメリカの意図が分からない。と言うのも、このパナマ文書なるものは既に1年半も前にアメリカNGO団体である国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)がリークしており、そこに資金援助をしているのが、ロックフエラー財団やジョージ・ソロスの投資フアンド、フオードフアンデーションなどであるから、何か狙いを持ったリークである筈だ。

いつか紹介したように、ヒラリー国務長官が、アラブの春運動を裏で計画し、現に支援したエジプトなどの学生団体が、その国の政府に対する不満を、抗議運動として拡汎させた行動を、実際に仕切ったのがこのICIJだと言われているから、この組織は民間NGOではなく、CIAなどアメリカ政治権力の各所から構成されている国家機関なのだ。

まあそのことと、我が日本人にも莫大な資産をこのタックスヘイブンに隠して、無税で運用している事が明らかになったこととは、別問題である。そう言えば5年前にオリンパス光学事件があって、一時このタッックスヘイブンであるケイマン諸島の名が世間の目を引いたが、それきりであった。あの事件は、資産隠し脱税ではなく、ワンマン社長による社の業績悪化を隠す為に、負債額をタックスヘイブンに飛ばしていたものだった。

元大蔵省国際租税担当官によれば、日本の金融機関でも、高い手数料を払って、悪化した業績の粉飾を、今回のようなパナマ弁護士事務所モサック・フオンセカに依頼するケースが結構あるそうだ。

4年前にも一つの事件があった。厚生年金基金を運用する団体の年金資金を詐欺手法で食っていたAIJ投資顧問事件。野村証券のOBが、ケイマン諸島にフアンドを設立し、配当は新たな顧客からの投資金で支払い、その繰り返しだけで営業を行という、ねずみ講そのものの手法で騙していた事件である。

このような手口に乗って運用されている資産は、そしてその運用によって利益を上げ、納税すべき税はいか程になるのだろうか・・・大蔵省OBによれば、毎年約50兆円には達している筈だと言う。その元になっている利益は、生産投資分野ではとても上げ得る利益では無い。やはり金融商品による利益であろう。国内では金融証券利益は別税となっており、一応課税はされているが、税率はその利益に比して低いものである。そして更に、無税を狙ってタックスヘイブンで稼ごうとする。人間の欲望には限りが無い、その動意を利用して発展させるのが資本主義なのだ。

アベシンゾーは最近、財政予算編成でプライマリーバランスについて何も言わなくなった。アベノミクスの破綻で恰好悪いものだから、意識的に避けているのだろうが、財政規律維持の為に増税を実行し、国債費以外の予算上の基礎的財政収支では2020年には赤字を解消すると言うものであった。

要するに成長を基本におきながら、その成果がさっぱり出ない、ま、超金融緩和以外何もやっていないのだから成長しないのも当然の話なのだが(笑)、これでどうやって基礎的財政収支をトントンに持ち込めるというのだ?邪悪な男だから、社会保障費削減で辻褄を合わせる算段なのだろうが、も一つはタックスヘイブンにおける徴税強化を図れば、減少して行く国内税収と同額くらいの税収はすぐに稼げる。プライマリーバランス問題で何も悩むことなど無い。

でもそれは国際法上の取り決めがまだ、タックスヘイブンに手を突っ込むそこまで合意に達していないこともあって、やらないであろうが、やれるようになっても恐らくやらないだろう、巨大利益には頭が上がらないのが、政治なるものの本質であり、特に資本主義国家経済体制では、その本質は強固なものであるから。特に資本に従順なシンゾーだから、資本主義をひっかき回すような行為は、絶対にしない。

見て御覧なさい、今回パナマ文書で名前がリークされた大企業、そこへの減税措置と、そこから受ける政治献金の構造、額の問題以前に、そのような構造になってしまっている所に問題があるのであって、そしてそれはどうする事もできないのである。パナマ文書問題も、一時の興味をそそっただけで、立ち消えになって行くことだろう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存