ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

いい加減な資本主義国家経済体制(完)>私的資本を擁護し、矛盾を拡大して、その矛盾に悩むバカ体制 ( No.674 )
日時: 2017/07/23 09:13
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/04/12 09:32名前: 満天下有人 ID:wQjynK3s

利益が大きくなり、税負担が少しくらい増えたとしても、残る利益の絶対額は已然として大きいのに、人間と言う生き物はどうしても、一定の率で税が増えることを好まない。負担が大きくなる額にだけ目が行って、オレ達はこんなに多「額」の税を負担しているのに、所得が少ないことを理由に支払い税額が小さいのは不公平だと言い出す。

額は大きくても税率は逆に小さくなって行くのだから、つまり残る利益の絶対額は、利益が大きいほど大きくなって行くのに、人間と言う生き物は、利益額の増加に比例して欲も深くなって行くものらしい。近代社会にあっては税は、文明に対するコストであるから、公平平等に扱われて当然の事なのだが、私的利潤追求が命になっている資本主義社会にあっては、人間の欲がそのシステムを支えており、それをエンジンとして活動して行く社会経済制度なのだから、利益が大きくなる程に、利益擁護の為に税を払わずに済む方法もまた許容されてしまうのであろう。

だから格差が生じて来ることも必然の事であるのに、その根本原因について触れないと言う矛盾した思考しか出来ずに、そしてその矛盾に悩むというバカな現象が続いている。

戦後高度成長期に形成された分厚い中間層、資本主義経済にあっても分配にさほど歪みが無かった事が、健全で分厚い中間層を産み、それがうまく循環したのに、どうしてそれを崩してしまったのか、何故態々非正規労働を増やして、態々社会経済構造を不安定なものにしなければならないのか、そして苦しい者には態々全部に網を張る消費税ばかりを増やして、何故態々十分過ぎるほどの利益を上げている者には更に減税するのか?さっぱり理解できない世の中になってしまった。

そんな時に、パナマ文書がリークされ、巨額利益を上げ得る者は、更に無税で利益積み上げに利する地域が地球上に沢山存在し、そして国際社会はそれに対し、有効な対処をしようともしない。

社会的利益分配の不公平さを測るジニ係数、課税の不公平さもこの係数に大きな関係があると思う。所得が限りなく公平に分配されている社会なら、社会全体の所得の伸びは、社会全体の裕福率と比例して行く筈で、それを示すローレンツ曲線は45度の角度で比例的に上昇して行く。それを下回る曲線が出ると、その社会は貧困二極化した不公平な社会だという事になる。上記した利潤が大きい資本ほど、税の負担率が小さくなる制度は、この45度で上昇すべきローレンツ曲線の逆曲線のようなもので、それも社会公平曲線である45度線を下向かせる要因になっている。

我が国が、せっかく分厚い中間社会層を産みだし安定した社会に向かっていたのに、どうしてローレンツ曲線が下を向き始めたのか?バブルを創らされ、そのバブルを破裂させられた資本の利潤率の低下傾向が、資本にとっては「費用」である人件費の削減を始めたからである。つまり資本の限界効率が顕著になって来たということだ。

なのに税制面ではより利益率が高い先には減税を行い、大多数生活者にとっては生活逆進性の強い消費税増税に国家政策が注力し始め、同時に、社会保障費名目での別税が強化され始めたからである。中間層をやせ細らせ、富裕層だけがますます裕福になって行く社会が、安定した社会である筈が無い。そんな簡単なことが、欲に目が眩んだ人間には分からない。

矛盾は放置したまま、更に資本に税制優遇策を与えてまで、偏った利益確保政策を取るバカな政策。我が国で更に、経済特区を創って、資本に無税天国を与えようとまでする。そこで働く者は、首切の自由に怯えながら、所得税を払い、消費税を払う。

苦しくなってきた資本主義は、総社会を一層の不安定化に向かわせるような政策を政治に強いて、生き延びようとする。その動きの象徴は、更なる金融資本の乱舞と言う形で続くだろう。マイナス金利という再度の金融危機のタネが撒かれている以上、不安定化が本格化して来るのは、これからだろう。株式市場のヘッピリ腰的な動きがそれを暗示している。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存