ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・R ( No.68 )
日時: 2017/06/24 13:22
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/12/21 08:12名前: 満天下有人 ID:MYqoxBD.

「南米穀物王者・ブンゲ@」

・・・先週NHKBSで、豪州で農業をやりたいというイギリスの青年が、豪州青年の指導で農地に取り組む番組を見た・・・

3年前からの穀物市場の高騰は、大部分が豪州の旱魃、洪水の繰り返しによる収穫の不安定さが要因になっていた・・・

豪州旱魃は降雨量の減少によるものだが、水不足を地下水に頼り過ぎると、塩分を押上げる・・・地球創世紀に海底が隆起し土地になったのだから、地下水の過剰汲み上げは塩分を押し上げる、それを中和させていたのは、森林による天水の保存及び土への放水である・・・豪州の土壌にも塩分が浮かび上がっている箇所が広範囲に亘っているが、一面、ガラスが光っているような光景だ・・・

・・・アメリカも広大な平原の土地柄で、地下水汲み上げの灌漑によって土壌がかなり変化している・・・水系確保にカナダとはよく揉め事を起こしている・・・豪州でもかなり伐採が行われ、その影響が出始めたということだろう・・・

・・・近年、伐採が激しく行われたのが南米だ、それは米国に追いつけ追い越せの大豆増産と、バイオエタノール用のサトウキビ耕作面積を増やすためで、その事業推進者が、現在の三大メジャーの一つであるブンゲ社なのだ・・・

ブラジルと国境を接するボリビア、ペルーのアマゾン川上流地域リオブランコで、森林を伐採し広大なサトウキビ畑が出現したのが07年、それをさる03年に、下記ADLの斡旋で世界大手の化学会社デュポンとブンゲ社が合弁会社を設立、種子も含むブラジル開発促進の土台が出来ている・・・
・・・05年のブラジル日系人新聞社が発行するニッケイ新聞にこう書かれていた・・・「ブラジル第一の農産物商社であるブンゲ社は(米国バンギ社が株式82%保有)、営業本部をサンパウロから人口僅か4.5万人の小都市ガスパル市へ移転した。閑静な田舎町であった同市は突然、大豆、サトウキビなどの大オンビナートへ変身した。」・・・

・・・あたかも不夜城のような町に一夜にして変貌したかのような光景である・・・

・・・一昔前の五大穀物メジャーが現在の三大メジャー、カーギル、ADM、ブンゲ(米読みバンギ)に再編されてしまったのだが、穀物メジャーが同族による非公開経営であって、中身が不明な中でもこのブンゲほどヴェールに包まれたメジャーはいない・・・コンチネンタルグレイン、ルイドレフスと共に、ユダヤ資本の特性でもある、それは米国におけるユダヤ人名誉棄損防止同盟ADLと無関係では無いからだ・・・

・・・オランダ系ユダヤ人・ボルンが1818年創業、パートナーがブンゲ・・・米国本社と併せて28カ国に事業所を持つ多国籍企業で 売上高は約2兆5千億円、大豆加工で世界第2位。南米最大の肥料製造、バイオエタノール製造販売会である・・・

 南米への進出は、第一次大戦(1914〜1918)、三国同盟(ドイツ・オーストリアハンガリー帝国)VS三国協商(英・仏・露、後に米国もこちらにつく)の戦いでブンゲ社がドイツ側を支援、北米・欧州の穀物取引から排除された為に、南米アルゼンチンに進出、ドイツユダヤ人財閥のアルフレッド・ヒルシュ(後にブンゲ社社長)の支援を受ける・・・第一次大戦当時、並行してロスチャイルドは、南米ヴェネズエラ沖合オランダ領アンテイル諸島のキュラソー島に石油基地を建設、アルゼンチン鉄道建設も支援して両者による南米覇権確立の基礎が出来上がったのである・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存