ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

通貨の悪戯を実験しているのか日銀クロ総裁>下手な金融政策は国の命取りとなる ( No.683 )
日時: 2017/07/23 10:13
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/05/01 13:27名前: 満天下有人 ID:tJRAcljs

訂正投稿


連休前先週28日の日経平均、上下900円にも及ぶ大暴落。大引けは▼624安で終えたが、日銀が金融政策は現状維持とする発表を受けて、更なる緩和を期待していた市場が暴落開始、シカゴ日経平均先物では中心限月6月物が、1040円も下げていた。

年初め1月21日に、アベノミクス終焉を思わせる日経平均の暴落で16,000円台ギリギリまで下げ、その対処策として1月29日にマイナス金利を決定、もう考えられるあらゆる金融手段をいじくり回すお遊びのような政策で何とか17,600円まで戻しはしたものの、原油国際市場の$25台での低迷と、中国成長ショックで2月12日には14,865円まで大暴落。その後原油市場が$40台に戻す高環境と米企業業績回復にも関わらず、今回大暴落の憂き目を見ることになってしまった。

午前中は280円ほども高く買われていた日経平均、それが大引けで▼624安で、上下の幅が大きく、市場がいかに金融政策だけに頼って上げて来たかを示すもので、上記の通りこれが初めての大暴落ではない、アベノミクススタート後、4回目の大暴落である。その要因は、金融緩和政策による事だけの市場となってしまったから、その政策の鼻息動向ばかりを見ている以上、実質経済が上向き始めた、あるいは踊り場に入ったとかの、経済の実態を反映したものではなかったから、上下の乱高下の幅がでかくなってしまう。着実に経済がよくなっているのいではない事を示しているものだ。

4月12日にはIMFが、来年度わが国GDP予測を0.4下げて0.1ポイントの下方修正を行い、マイナス成長の予測に変更している。現に日経が28日までに判明した主要企業の3月期決算では、軒並み減益となり、20%も収益が悪化しているようだから、連休明けには更に落ち込んだ統計が出て来るだろう。

だが為替は、米国の為替監視国家に初めて日本を指定したこともあって、円高方向に向うことで市場の方向が決まりつつある。100円割れの見方が増えている。28日の日経平均大暴落にも関わらず円は逆に一気に106円台を覗く高値向かいの動きを見せていた。海外居住の投機家による為替ヘッジのテクニック上、円のリスク回避に、株式買いの時、先々の株式売りによる円売りリスクを避けるために、予め円売りポジションを立てておいて、株式売却時に円の売りポジションを買い戻す操作を行うから、株売り(株下落)円売りポジションの買戻し(円高)という現象が生じている。

だがその内、為替と共に超金融緩和政策による国債価格の動向が日銀のバランスシートに影響し始める時が必ず来る。26年度決算では、超金融緩和のやり方として、コマーシャルペーパー社債や、上場投資信託、不動産投資信託REITなども、買上げの担保適格証券として認め、日銀純資産約3.4兆円に対し、これら新たな適格担保証券が約10兆に増えている。

円価値の維持が主たる役目である中央銀行のB/S上の株式、不動産証券の評価額が市場暴落で毀損して行けば、評価損が出て純資産を喰い始める。その評価損を計上するには財務大臣の承認を要する。政府の経済政策アベノミクスによって日銀なる中央銀行の財務内容が毀損されて行くのに、損失計上に財務大臣の承認を要すると言う、実に滑稽な珍風景となる(笑)。でも承認されたくないなら、実損を計上せずに放っておいても良いから、財務諸表上では日銀は債務超過にならない。

それらプライベート証券類はまだ額が10兆円程度で小さいが、超金融緩和で抱え込んだ既に300兆円にも及ぶ国債の評価はどうなるのか・・・・国債の帳簿上処理で日銀の場合は、価格は特例法で時価でなく簿価で計上される法的擁護があるから、これも帳簿上では赤字にならない。だが、マイナス金利による国債満期処分損が将来において必ず発生する。それが日銀自己資本を喰い初めて債務超過に陥る。3兆円程度の純資産を食いつぶしてしまうのは、あっと言う間であろう。
これが市中金融機関の場合は、満期保有の国債の場合その会計処理は、評価損を会計期間中に減損処理をして行かねばならない。だがその額は例えば三菱UFJの場合、満期保有しない国債34兆円に比べて1兆円程度であり、やはり日銀がこれ以上の金融緩和をしないとなると、国債価格の下落がモロに影響を受けることになる。

その恐怖が28日の株式市場大暴落となって現れたと見て間違いないだろう。つまり金融政策は従来通りとするとの日銀発表が、従来通り年80兆円にも及ぶ国債買入れを行うと言われても、マイナス金利で利ザヤが減って行くでは、同じく商いによって成り立っている市中金融機関にあっては、実質経済に融資して利ザヤを稼げない経済状況にあっても、これ以上、国債を買う訳には行かなくなる。最大手の三菱UFJ社長が文句を言い始めている所に、日銀クロ総裁の政策が、いかに気違いじみているかが伺える。

中央銀行が下落した資産勘定を評価しないでも良く、実質債務超過の状態でも通貨の番人であり、だが民間金融機関は資産の評価損を計上せねばならない、そして国全体として政民ともに異様な額の負債が積み上がり、こんないびつな形の国の通貨が果たして国際的に信任され得るのか・・・そして税収増加を図れる道はあるのに、パナマ文書関係では日本人の名は出さないでその実態を批判しおる。

だが如何なる事態になろうとも、ここまで超金融緩和をやってしまえば、止める訳には行かなくなるのだ。ここで日銀がこれ以上の国債買はしないと言ったら、阿鼻叫喚の地獄を見るだろう。毎年80兆円もの国債をこれ以上民間が買えるのか?だから止めることができない、出口の無い「ホテルカリフオルニア化現象」になってしまった。最初からインタゲ2%の為に、こんなやり方で経済が元気に戻る筈もなかった、最初から批判は大きかった。でも目標達成できもしないのに、その実現時期を先延ばしするだけの日銀官僚総裁。

全ての事について、金融マンが遊びでやっているようにしか見えない。悪戯を楽しんでいるのか?・・・タイトルの「通貨の悪戯」とは、米ノーベル賞受賞金融学者で、新自由主義マネタリストであった故ミルトン・フリードマンの著書の題名である。よく議論されるヘリコプターマネーなる言葉はフリードマンがこの著書で仮説として初めて使ったものである。

ミクロネシア諸島のヤップ島に、フエイと呼ばれる巨大なリング状の通貨・石貨があった。原石は遠く離れた別の島にあって、何故か島民は態々そこまで原石を取に行って加工し、サイズでは大きな物で3メートルもある石貨が庭に据えられている。取引が成立し支払いとなると、その石貨の所有者が変わるだけなのである。そして次のエピソードに、ある裕福な家庭があって、ではオカネ持ちかと思うと、そのようなフエイ石貨は持っていなく、実は昔、別の島で立派なフエイ原石を見つけ、大層な量を持っていたそうだが、持って帰る途中で嵐に会い、海中に沈んでしまった。

でも島民たちは、手元にない石貨であっても、海中に持っているとして、それも交換手段として認めて取引が成立していたそうである(笑)。

何が言いたいかと言うと、要するに金融政策上の結果を、民衆がどう思うかによる、ということだ。大きな損失を受けた市中金融機関は、倒産に追い込まれる。一方で損失は計上しなくとも済む中央銀行があり債務超過になっていても、しかも一国の法定通貨を印刷し、その価値維持が最大の役目になっている所が通貨の管理人であるとき、その通貨を一般はどう見るかにかかって来る。為替もしかりである。仮に日銀保有の国債が10%毀損しても大変な事態になる。国家予算に占める国債費がそれだけで毎年一挙に100兆円にもなって来る。為替についても国際市場が、それをどう見るかにかかって来る。フリドマンが仮定したヘリコプターマネーであっても民衆は、それはこれまでの1万円と同じ価値があると思うかどうかにかかって来る。際限なく国債を買い入れる日銀の行為も、それによってバラ色の昔に戻れるからと、それを認めるかどうかによって、国債価格が下落もし(すごい利子負担となる)、あるいは現状と同じ状況で推移するかも知れない。

果たして現代人、資本主義は、石貨であってもそれに特殊な思い込みを抱くヤップ島の住民のようになれるか、いかなる悪化も受け入れることが出来るのか、そういうことである。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存