ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

独立国家⇒共同体⇒また独立国家へ>不寛容時代のなせる業か ( No.699 )
日時: 2017/07/23 12:46
名前: イントィッション ID:uY/Lj8OA

日時: 2016/06/15 07:36名前: 満天下有人 ID:aFgQuxQ6

資本主義世界経済危機が起ると、その指標である株式市場は暴落する。日経平均など暴落幅が一番大きい。だが為替となると何故か、円に逃げ込んでくる。為替市場が主要通貨のペアー取引になっているから、ドルにせよユーロにせよ、自由通貨である円にリスクをヘッジしてくるから、しょうがない。まあ円高でも結構で悪い事ではないし、主要企業は既に海外生産工場を持っているし、別にどうということもない。

困るのはアベノミクスと日銀だけだろう。円安にして物価を上昇させ、国家借金の目減りを謀ったのに、日経平均は二日連続で大暴落、EU各国でEUに加盟している意義が薄れてきて、EU離脱の世論がどんどん増えている。

通貨面では日本株式市場暴落にも関わらず、円に逃げ込んで来るから、ユーロなど約3年ぶりに119円半ばまで暴落。その分、対ユーロでも円は高くなった訳だが、昨日も指摘させて頂いたように、為替で巨額損失を蒙った日銀が、ユーロも保有していたとすると、更に損害が増えて財務は更に悪化する。

明日は日銀定例の政策員会が持たれる。クロダハラグロを共にする委員共が、またシンゾーをよいしょして参院選目的で追加金融緩和をやるのか、ミソはそこにある。英国EU離脱旋風によるだけの円高を、クロダ円が防衛し切れるものではない。ただ政権維持の為に、公共政策であるべき金融政策が、国民にとって何のクソ役にも立たない方向で行はれる。

英国のEU離脱世論が、残留すべしの世論を上回ったのは、あのスコットランド独立国民投票時に似ていて、事前の世論では独立が大勢を占めていたが、結果は英国として残留すべしが勝った。事前の予測に危機感を持った中間層が増えた結果であったと同じように、今回も23日の英国国民投票まで、確かなことは言えないらしい。

でも、長年に亘って豊かな風土を荒らして絶えることがなかった欧州内での戦争。これを避け、同時に米ドル圏に対抗し得るような広大な経済圏を創ろうとの発想で出発したEU。だが共同体政府を誰が動かすのかで、政治が漠然としてしまい、唯一、統一された通貨ユーロではあったが、その発行と諸国の財政もまたEU政府のサジ加減でそれぞれの国情に合った政策が取れなくなり、ギリシャ問題のようなことが起ってしまった。

そして共同体参加国の内、出発時点での経済状況面ではむしろ負け組からスタートしたドイツ、サブローンショックからも一番脱出が早く、一番の経済力をつけてしまった。そして共同体なのにドイツだけが主権を持ってるかのような不満が、参加国に充満してきた。米シンクタンクの調査によると、全欧州を通じ、EUで行こうとの支持率が17%も低下し、国別でみると、

支持する :ポーランド72% ハンガリー61%、スペイン47%、英国44%、フランス38%、ギリシャ27%。

そして年齢層別では若年層の支持が56%に対し、中高齢層では31%に激減している。歴史を知っていて、結局は共同体など夢物語であり、現実は各国が実情に合わせて工夫して主権国家としてやって行くしかない。その矛盾が最も影響したのが難民問題ではなかろうか・・・・事実上フリーパスで国境を越えてくる難民対策も、共同体として解決しようともせず、旧諸国に任せてしまっているでは、共同体の意味を成さない。

特に人種、風土、歴史的発展経過の違いなどを越えて、共同して生活して行くところまで人類というヤツは、まだそこまで脱皮していない、いやそれが本能かも知れない。そして最後は主権を求める本能がある限り、それをカバーできる経済的平等しか手が無いのに、北米自由貿易圏NAFTAがそうであるように、むしろ不平等を創ってしまっている。
そこにトランプのような移民排除を掲げる者が、大統領候補として民衆の支持を得ている。正に絵に描いたような共同体ユートピア論排除の構図である。

特に不寛容の時代に代わった、と言うよりも、寛容であるべき筈のものが、共同してやれない状況ばかり産み出すものだから、バラバラに戻ってそれぞれが主権国家としてやって行かざるを得なくなっているのが、今の状況ではないか・・・バラバラになって一番懸念されることは、共同体の中では戦争は起らないが、それぞれが独立してしまうと逆にぶつかり合いがモロに出て来はしないか。

それを避けるために安全保障体制を造り直しても、そこに不平等が混じると、共同して安全を保障し合えなくなる。人間と言うヤツは、どこまで行っても利害関係にある生き物のようだ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存