ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

え?自民党は6年前に歳出削減せよとNHKの日曜討論番組で発言! 今はその正反対!オッチャンの説明でなんとか修復できないかぁ? ( No.7 )
日時: 2017/06/18 13:28
名前: イントィッション ID:DvhEKomY

日時: 2011/08/07 15:08名前: 満天下有人 ID:I08KD8W6

・・・敗戦時の国債紙切れ化、勿論現在とは要因が違いますが、預金封鎖なる措置で切り抜けた、つまり最終的に国債とは国民負担になるという例として書きました・・・最終的に具体的に始末する時は、まあ、預金封鎖の煽りは企業も受けます・・・

あのやり方は現在でもやれると思うのです・・・私はずっと国債も円も一度燃やしてしまえ、と主張しているのですが、長くなるので、どうすれば良いかの別のテーマにするとして、ヘビの生殺しみたいに毎年国債費だけでも約10兆円も一般会計で負担するアホなことをやっているのですね・・・

・・・国債は最終的に誰が担保しているのかという議論では、romさんのおっしゃる通りで、政府B/S上の正味資産だけで見るのではなく、政府+民間総正味資産で見るべしでしょう・・・

ただ、國際基準はあくまでも国債を金融収支でしか評価しませんから、国全体としての正味資産は基準にされない・・・会計学上でも、ドイツ静態論=正味資産重視に対し、アメリカ会計学は金融損益も含む期間損益=ランニングプロフィット重視ですから、国債評価と発行理屈も、どうもその影響を受けているとの感じがします・・・

・・・結局、最終的には民間資産、それも流動性が高い預貯金残高が基準にされますね・・・我が国の場合は国債の引受け手は95%が国内金融資産で賄われているから良いようなものですが、この比率が外国引き受けが多くて仮にデフオルトした場合、正にromさんが言われていた米国債デフオルト見返り差押えの裏返しになりますね(笑)・・・富士山も新幹線インフラ全部寄越せとかね(笑)・・・

・・・まあお互いに不動産やそれに準じる資産まで差押えとなるのは、かなわんということで、やはり現ナマの多寡とそれを稼げる力がどうしても基準になるのでしょう・・・

エリーゼさんのマクロコントロールスレッドか天橋立さんの1000兆円借金のマクロ経済論、どっちだったか忘れましたが、御存じの通り現在のマクロ経済論は次の方程式が国際的基準になっておりますね・・・復習すると同じ国民総生産(GDP)を同じ総額の生産と所得面から見ますと・・・、

国民経済活動による国民所得=消費+税+貯蓄S(企業内部留保含む)+経常収支・・・(A)

これを一国の総生産支出から見ると・・・

GDP=雇用者報酬(=消費)+財政支出(国債I、税含む)+民間投資I+経常収支・・・(B)

AもBも同じ経済活動を生産と支出の両面から見ているのですから基本はA=Bです・・・この両辺から消費と経常収支を相殺すると・・・

貯蓄S=財政支出I、民間投資Iとなります・・・(ハロッド・ドーマーの定理)

・・・何が言いたいかと申すなら、民間投資や政府財政支出は貯蓄や税収の範囲内にあるということです、それがバックになっているのが有効な付加価値創出の絶対値でなければならない、・・・仮にS<Iなら、投資不足状態にある訳で、米国のように海外からの借金に頼ることになってしまう・・・

そしてそれでも足りないと、紙幣印刷で賄う・・・行き着く所の状態は今更言うまでもありません・・・キツネが枯葉を頭の上にひょいと置いて、トンボ返りすると、黄金の葉っぱになるとでも思っていたのでしょうか、それが元の枯葉に化けの皮が剥がれつつある(笑)・・・

上記はあくまでも経済活動の結露の分析であり、予測方程式では無い・・・経済学の怠慢テーマでも言いましたが、空中戦である紙幣交換価値の変動項も含んだ方程式は、いまだにありません、それぞれの項のミクロ論は多々あっても・・・

・・・過去の財政支出に大きく占めたものは、政府行政システムへの支出であったことは、間違いがない所ですね、巨額人件費の上に、いまでも特殊法人へ年約3.5兆円の支出がなされている・・・

今日のNHK日曜討論で、赤字国債発行が議論されておりました・・・自民党は今回のアメリカ議会をまねて歳出削減が足りないと言うだけで、どの歳出を削減せよと言っているのか、それを具体的に突っ込む者もいない、民主党は何卒法案を通してくれと言うだけですから、話にもならない・・・

・・・先週既に、どうなるか見通しも無く4.5兆円も為替市場に突っ込んでしまった、そんなことに使っていながら、具体的にすぐ必要な復興予算の財源が無いと言うばかり・・・ほんにドタ勘やろうばかりで、目が見えなくても座頭市のように勘が鋭い者は、どこにも居ませんねぇ・・・。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存