ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

作物の自給は、需給価格を超える国家安全保障である・・・(完) ( No.75 )
日時: 2017/06/24 14:06
名前: イントィッション ID:nVDQ7Ugo

日時: 2011/12/30 08:10名前: 満天下有人 ID:ANfULUHA

・・・これまで食糧なるものが国家覇権の道具として使われ、そこに政治が癒着して来た歴史を大雑把に概観してきた・・・食糧が政治戦略物資として扱われる以上、人口増加に伴って食えない国との格差も拡大されて行くであろう・・・

・・・今年10月に発表された国連人口基金によると、10月31日で地球人口は70億人に達し、2050年には更に94億人に膨れ上がると予想していた・・・1950年では25億人、2006年に64億人、それがあっと言う間に70億人に達してしまった・・・すさまじい増加ぶりである・・・

言うまでも無くインドの増加がすさまじい、06年では6億5千万人であったと記憶するが、今や12億人を突破してしまった・・・外食産業のマックがインドに特化する訳だ(笑)・・・そしてパキスタンがこれに続くだろう・・・

・・・限られた地球上の耕地面積、ブラジルやインドネシアにおける森林伐採が地球環境に影響を及ぼしていることからして、今後の食糧問題は、単位当たりの増収が焦点となって来る・・・それを実現する種子開発戦争がこれからの食糧戦略の中心となり、いや既にそうなっている・・・特に人口増加が著しく且つ、支払能力があるインドが実験場兼激戦の場になっている・・・

・・・香辛料摂取量が世界一のインドでは、その種子開発競争も激しい、我が国サカタのタネ社も異種勾配を軸にしたハイブリッド方式でがんばっているようだが、何と言っても功罪有名になった米モンサントのGMO方式に批判が集中している・・・

数年前に英BBC放送が特集していた種子戦争でも取り上げられていたが、インドは世界第三位の主産業でもある綿の育成増収に使われたモンサント社のGMO種子で、害虫駆除の遺伝子を組み込んだ種子が、インドの害虫に効果が無く、綿農家が大損害を受けていた・・・それ以前にインドは、政府補助金が付いている米国産綿の攻勢に悲鳴を上げ、関税撤廃を唱えながら一方で補助金による競争力を付けている米国政策はWTO協定違反であるとして提訴していた・・・

ならば生産コストを減らし増収につながるモンサント社の種子を使って競争力を付けよということになったのか、今度は米政府政策と関係ない種子を引っ提げてインド市場に参入した・・・アグリビジネス多国籍企業は、前にも申したように母国の援助は受けても母国のことなどどうでも良いのである・・・

コメとモンサント社の関係で言えば、イントちゃんが紹介してくれたメコンデルタ地帯で一時人気を博した同社のハイブリッド米の種子・・・これも害虫に強いとの触れ込みに反し東南アジア害虫に効果が無く、逆に大量の害虫駆除農薬を要することになった・・・ここにモンサントの商売手法が見える・・・除草剤に強い遺伝子を組み込んだ種子・ラウンドアップレデイを売り込めば、除草剤ラウンドアップを使っても穀物に影響がないのだから、除草剤もパッケージで売れる・・・1+1が3になる寸法だ・・・

・・・種子部門の開発は概ね巨大化学企業によって促進されて来た・・・モンサントなどのような新参者は、相応の対抗策を講じる為に、既に技術を持つ種子会社のM&Aの繰り返しによって巨大化して来た・・・96年から98年にかけて穀物メジャートップのカーギル社の種子部門を買収したことを始め、この3年間だけで10社を、約70億ドルかけてM&Aしている・・・

世界に拠点を持つカーギル社の種子部門買収の狙いは、同社の種子技術というより、同社が持つ世界ネットワークの力を買収したということであろう・・・特に欧州における競争相手であるスイスのノバルテイ社、ドイツヘキスト社の仔会社・アグレポ社に対抗する為であったことは明らかである・・・

・・・このドイツヘキスト社の由来は、ナチス政策に協力し、ユダヤ人大量処刑用のガスを供給したことで有名な戦前の巨大化学会社IG・フアルベンの戦後第二会社である・・・幹部の殆どは連合国による軍事裁判で処刑されたが、米英仏占領地区では旧IGフアルベンをヘキストやバイエルなどの第二会社として存続させたものである・・・モンサントもベトナム戦でジャングルにまき散らした枯葉剤の開発供給悪名を轟ろかせていた・・・

・・・既に誰が考えても急速な人口増加では、更に食糧貧困国との格差が拡大して行くことは明らかである、加えて地球環境問題から派生して来たバイオ燃料用穀物の需要も拡大している・・・それに対処する化学的な遺伝子組換え種子による増産、そのキーワードにはコインの表裏のように二つの顔を持っている・・・一つは人類生存の為の増産という名目、それを看板に食糧を種子から支配独占しようとする競争、それに乗ろうとする政治覇権の動意・・・その根底にある影響がまだ分からない遺伝子組換えによる覇権争い・・・

・・・キリスト教ヨハネ伝の、「一粒の麦を地に撒いて死なば、ただ一つにてあらん、死なば多くにて実を結ぶべし」・・・多く実を結んでから人体に影響が出て死ぬのは人間だけになっては意味が無い・・・種子開発競争に明け暮れる化学企業は、このヨハネ伝を額縁に入れて飾っておくべし・・・いや、人間そのものの遺伝子も変えてしまいたいと言うなら、話は別だ・・・(完)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存