ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

国家独占と資本主義 ( No.76 )
日時: 2017/06/25 16:18
名前: イントィッション ID:CJcvG2jM

日時: 2011/11/30 18:33名前: 満天下有人 ID:ANfULUHA

・・・ニホンさん今晩は・・・

論旨に多くのフアクターが入り混じって、頭の整理が出来ないままにレスします・・・

取り敢えず、更なる説明をお聞きしたいことに絞りますが、確かに資本主義なるもの、マックスウエーバーが資本家の倫理精神で、神の視点から倫理を求めては居りました・・・

・・・一方でカールマルクスが検証したように、資本が持つ本来の本能は、好むと好まざるとを問わず、果てしない自己増殖の運動体に転じるとも言っております・・・

寡頭勢力は資本主義ではないと言っても、現実には資本運動の本能、それは最も効率的に剰余価値を蓄積するには、どうすべきか、実に本質をよく見た工夫の下に、しかも表に出ずに世界の支配構造を創り上げて来ました・・・

剰余価値の蓄積は貨幣経済にあっては、貨幣の蓄積として現れて来ます・・・そして貨幣は、交換手段としての使用価値を離れて、貨幣そのものの増殖運動を始めます・・・

ということから、<資本家の代表は、銀行家でなければならない>という点が、一気に理解出来ないのですが、多分、有効な投資を行えという意味で「銀行家であれ」という意味であろうと思いますが、それでも彼らは、無から生じる利子を求めることが、本質的な目的であり、投資によって配当を得ることも、違う形での利子の追及ですね・・・

・・・銀行による投融資は、貨幣経済にあっては実物経済を循環させる潤滑油として不可欠のものではあります・・・利益の出ない所へは投融資しない、それにも合理性はあります・・・しかし資本家が銀行家たれという場合の資本家は、命がけの投資を行うこともありますが、銀行はそれはやらないでしょう・・・

・・・と言う点で、資本家の代表は銀行家たれと言われることに、少しためらいを感じました・・・

第二点は、「資本家」という概念です・・・所有と経営の分離が進み、現在の経営者は資本家とは言えないと思います、資本「家」というより「資本」の代理人に過ぎません・・・いわば雇われマダムのようなものですね・・・では資本家は誰だということになりますが、銀行もその一つでしょう・・・その場合でも銀行「家」ではなく銀行「資本」、「金融資本」というものでしょう・・・

・・・資本的生産関係が複雑高度に発達してしまいましたから、仰る意味での「家」的な、あるいは個人的な意味合いでの投資家というものは、居なくなってしまいました・・・

資本調達にせよ、一昔前までの我が国では、間接金融形態で、銀行による持ち株がほとんどでした・・・それが自己金融の動きに転換して、市場からの資金調達に姿を変えて来ました・・・それでも、一般市場からの資金調達、所謂大衆による経営参加、社員持ち株制度etc.、ピープルズ・キャピタリズムなる概念が世間を覆ったこともありますが、でも、大衆などと言うものは、配当や値上がり益しか眼中になく、経営参加と言う思いは希薄・・・そこで相変わらずの銀行=金融資本による間接支配が現実ですね・・・

・・・と言う意味でも、資本家は銀行家たりえても、資本は銀行にはなれないと思うのです・・・よって法人税減税も、資本家に対する優遇策ではなく、資本に対する優遇であり、その優遇が働く者にも寄与しているのかという点でも、資本家の意気とも違う資本による自己蓄積だけ、そして単なる政官による政治権力の維持にしか、寄与していません・・・

・・・銀行資本、金融資本について言うなれば、ニホンさんも言っておられた「通貨の債務化」・・・彼らの本質は、無から生じる利子の確保が経営の根幹ですからね、そもそもは単体としては何の価値も無い交換手段を債務化して利子として無から有を取るのですから、実物経済には本来的には関心が無いとも言えます・・・周りに一杯おりますぞ、ノウハウが全然分からないんだという連中が(笑)・・・

・・・<寡頭勢力が資本主義を破壊している>・・・

定義の問題ですが、私の場合は現代の資本主義は=寡頭勢力だとしております・・・ロスチャイルドとかデル・バンコのように出発点では個人的な勢力として世に出ておりましたが、複雑錯綜化した現代にあっては独禁法もあって、しかし入り乱れながらも根は、別名義での株式支配を通じ、一つのところに行き着くと思います・・・

・・・メガバンク、メガフアンドなるものも、一種の寡頭勢力と位置つけております・・・逆に、寡頭勢力でない資本主義とは、どういうものであるかを、お時間のある時にでも、また聞かせて下さい・・・

・・・<資本主義以外のロシアが残る>・・・中國もそうですがロシアは既に、巨大な国家独占「資本主義」であると思うのですが・・・。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存