ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

CIAと戦後日本・・・ ( No.77 )
日時: 2017/06/25 16:24
名前: イントィッション ID:CJcvG2jM

日時: 2011/12/01 07:43名前: 満天下有人 ID:PZKj5ZX2

・・・早大大学院社会科学研究所教授先生による上記書物を読んで見た・・・所謂陰謀推論もあるのかなと思ったのだが、米国立公文書館やハーヴァード大などの図書館に保存されている公文書を基に、各館員の協力も得ての実証がベースになっているので、戦後の日米政治事件など、多分CIAが絡んでいることだろうと言う程度の推測しかできなかった事が客観的に実証されていて面白い・・・

・・・米国立公文書館に刻まれている銘文、「過去から引き継がれているものは、未来を生み出す種となる」・・・これは気に入った・・・私もよく欧米及び我が国の金融史や穀物メジャーなどの歴史を長々と書くクセがあるのだが(笑)、それは単に過去はこうだったと言うだけでなく、それが現在に繋がり、目下起こっている現象も過去が土台になって、そしてどのような解決からどのように事態が進展するのかも、ある程度の推測もつくからである・・・

・・・氏が言われるように、例えば沖縄返還問題でも、日米密約があった、我が国マスコミは一方的な報道しかしないと言うう場合、そのような事があったと言う連続性の無いある時点での事実の認識しか成されないでは、単に過去を知るだけに留まり、歴史認識を持って現在を生き、未来に活かす役には立たなくなる・・・

・・・米国金融史を見ても、何故FRBはドル札を印刷し続け、結果としてこのような事態を招いたのか、欧州金融危機しかりであり、食糧問題にしても、どうして米国は身勝手なことを要求して来るのか、何故食糧問題が一部のメジャーのGMO種子によって支配されようとしてるのか、何故我が国政治は隷米になっているのか、何故我が国マスコミは都合の悪い事は報道しないのか、これらのことが公文書記録によってちゃんと実証されているのである・・・

・・・公文書記録の多数はCIA文書で占められているようだが、勿論、国益に反するか、あるいは現職大統領が就任中の場合は、内容は公開されない、しかし例え目次だけであっても関係事件はフアイルとして表示さているそうである・・・大統領現職中に証拠が公開されたのは、あのウオーターゲート事件で失脚したニクソン大統領の録音テープだけだとか・・・しかしレーガンによるイランと中南米を結んだイラン・コントラ事件でも、レーガン現職中に議会で大問題になったように記憶するのだが、それには触れておられない・・・

・・・戦中戦後の我が国に関する記録は米陸軍情報部=G2と言われる組織によるもので、終戦と同時にその記録は全部CIAに引き継がれたそうである・・・読売新聞の暗号名はPOBULK、読売社長であった正力松太郎はPODAM、朝日新聞副社長から吉田内閣の官房長官となり、後に自由党総裁になった緒方竹虎の暗号名はPOCAPON、等々、CIAがコンタクトし資金を援助した先にはマスコミが多い・・・これは当然であろうか、占領とその先で宣撫工作を行って行く場合、当然ながら情報とそれによる宣撫が大きな役割を果たすのだから・・・

・・・この状況は現在にも繋がっている、野田や玄葉の行動など幼稚で見えすぎだ(笑)・・・(続く)。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存