ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

投稿休憩前の価値観雑感・・・@ ( No.83 )
日時: 2017/06/25 16:59
名前: イントィッション ID:CJcvG2jM

日時: 2012/01/29 11:34名前: 満天下有人 ID:VPQQSu5Q

・・・入院の為しばらく投稿休憩・・・今時の病院ではTVも完備、街中よりも立派なコンビニも設置されているし、世俗から離れて休憩出来るのかどうかは自信も無い・・・

・・・漂流して行く世相に身を置いている事実には、何の変化もないだろう、そしてあっちでもこっちでも、政治、経済面での二項対立議論ばかりが続くことにも変わりはないのだろう・・・当たり前の話であるこの世に在るもの、政治にせよ経済にせよ、或いはその他の物にせよ、それは在る物の為に在るのではなく、生きている人間にとって在るべき物なのに、その価値基準がスッポリ抜け堕ちたまま、人間から乖離して、その在る物の擁護か、擁護への批判の為の批判という二項対立ばかりが世に蔓延して、一体何の為の対立なのか、基準なるものがさっぱり見えなくなってしまった・・・

イントちゃんが批判している官僚、学者のノサバリにしても、在る物の擁護だけにしか過ぎませんね・・・その現象は特にマスコミ主導の議論によく見られる・・・

・・・ある時、人間と言うHuman―beingなる横文字を見て、つくづく思ったことがあったが、beとは存在を現し、ingとはその進行を意味する・・・語源がどこから来たものかは知らないが、存在するものは存在し続ける、存在し続ける間は、考え続ける生き物だと言うことなら、うまい言葉を当てはめたものだと変に感心したものだ・・・

・・・パスカルがそれを「人間は考える葦だ」と表現した・・・その意味がよく分からない部分は「葦」なる表現だ・・・葦は群生しているから、群衆なるものが、全部考える生き物という意味なのか・・・しかし考えない人間が多すぎる・・・あれこれ調べて見るとパスカルは、「一本の葦」と言ったそうで、神から見ると人間は一本の葦にしか過ぎない・・・しかしそれは考える葦であると・・・

・・・群生する葦、それを群衆と読むならパスカルは、群衆なるもの、平穏な生活に飽き足らず倦怠に耐えることも出来なくて出世競争や戦争にうつつを抜かす生き物でもあると言っている・・・それは禁断の実に手を出した結果、全てを手に入れようとし、全てに手を出す志向が全てを失わせる結果となる・・・

・・・昨今の結果がさような状況になっている時、350年前のこの洞察は、身に沁みる思いがする・・・全部を手に入れようとする衝動は、資本主義であれ民主主義であれ、人間利己心の解放の姿でもあろうか・・・しかしパスカルはそれでも一本一本の葦は神から見れば矮小な存在に過ぎない、だから一本一本はそれぞれに矮小な存在であることに思いを至らせ、そこから考える群生葦であれと言いたかったのかも知れない・・・

・・・神との対比における人間・・・パスカルから200年後にニーチエが、神は死んだという有名な言葉を通じ、要するに神などというものは、神の基準によってこの世を善悪二元論で分断してしまう弱い人間が作り出したものに過ぎない、弱い人間が強い相手にかなわないとする妬み・ルサンチマンが、死後に天国に行けると自らを思い込ませる弱者の逃避に過ぎない、そのことが対比としての悪を規定し、善悪二元論でこの世を規定してしまう・・・

・・・さように二分割してしまうのが神である・・・現実に人間が善悪二元を規定するのは、現実世界における力関係から生じるものであり、神の善悪規定から生まれるものでは無い・・・よって、「神は死んだ」・・・

そんなことを言った神の祟りの所為でもあるまいが、ニーチエは最後に発狂してしまう・・・

・・・ニーチエを評価できる面は、現実にひっきりなしに攻めてくる相手に対する闘いの意志・力への意志を持つのが人間であるとした箇所にあろうか・・・パスカルが言った、考える葦だけでは及ばない世相になって来た昨今にあっては、ニーチエ的であることも必要であるか・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存