ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

投稿休憩前の価値観雑感・・・A ( No.84 )
日時: 2017/06/25 17:05
名前: イントィッション ID:CJcvG2jM

今日はここまでにしておきます。。。

日時: 2012/01/29 11:55名前: 満天下有人 ID:VPQQSu5Q

・・・ニーチエが批判したキリスト教的善悪二元論への批判・・・ゾロアスター教などの原点もそこにあるのだが、それが宗教的善悪であっても現実には、そのせめぎ合いにも、双方なんらかの価値基準の違いから生じていることに間違いはない・・・だがその価値基準が何なのか、現代ではそこが不明確になってしまっているのではなかろうか・・・

・・・原発事故に対する二項対立も、経済効率論から出て来る価値基準が軸となり、根拠がオカネの問題に収斂されてしまっている・・・

菅直人たちの不逞なる対処策があって、ある意味、こいつらと原子力村の連中は悪であろう・・・だが菅直人がダボス会議では反原発を言い出している光景は、善に回帰しようとする姿でもあり、単純に善悪二元論では割り切れないとする論にもお目にかかる・・・しかし悪は悪の顔を保って出て来るのではなく、時に善の鎧を着て現れて来る・・・下心ある善がまかり通る所に、一時も気が休まらないご時世の特徴がある・・・

・・・善悪の発生、その転化と変化は、非常に見分けにくい・・・政権交代後における民主党の有り様が最も良い例であろう・・・キリスト教的善悪二元論に対しお釈迦様仏法では、それが転化する・・・だが菅の場合、年金三兄弟問題の後、四国冷所周りをやったにも関わらず、総理なる最高権力者となった途端に、生きている人間をエサにするが如き行為をやったのだから、仏法で言う善悪二元論の転化とは言えないものがある・・・

・・・仏法における地獄と浄土に至る段階は、地獄界、餓鬼界、畜生界の三悪道、それは人を陥れ強いものには尻尾を振るという特性を持つものだが、それは修行悟りによって人、天、菩薩へと展開すること可能であると・・・パスカルが言った考える葦の概念にも通じ、ニーチエは、それを闘うことによってしか得られないと言った・・・

・・・善悪二元論の基準、考える葦の基準、何故闘うのかの基準・・・今のご時世にあってのその基準・・・それは価値基準が全部オカネ換算によって成されている所に、価値基準の本質が埋没してしまっている・・・

オカネ崇拝の世の中になり、それを経済学的言葉で言うと、事象が「物象化」すると論理的に喝破したのは、200年も昔のカール・マルクスによる哲学・経済学批判であるが、昨今の世界は正にその通りの顔を現してしまった・・・

・・・それは、生きている人間をもモノとしてしか扱わない=物象化の端的な現象であり、モノに人間以上の価値を与えて、そして人間をもモノ化してしまった現象であり、そこに価値基準を失わせてしまった本質があり、その本質を見極めることの基準から出発しない限り、足無し幽霊が徘徊するが如く不毛な状態が続くということだ・・・

・・・価値基準は、この世を構成している生きている人間に焦点を戻さねばならない・・・在る物は、在る物の為に在るのではなく、人間の為に「在る」のだという原点に・・・その基準で見れば、限界に来た資本主義なる制度の本質、人間なるものが市場によって生かされているだけの本質も見えて来る筈だ・・・

・・・民主主義なるものも、本質が見えず、それに迫らない民主主義なら、意味の無い民主主義でしかない・・・考える葦に求められているもの、或いはニーチエの闘う力に人間の存在があるという示唆を、も一度反芻して見る時期に来ている・・・入院中に、ゆっくり考えて見たいものだ・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存