ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

アメリカを世界投機の発信地にした最大の責任者はGSのユダヤ人のロバート・ルービン! ( No.89 )
日時: 2017/06/26 16:01
名前: イントィッション ID:rNrJVSks

日時: 2012/03/19 13:49名前: 満天下有人 ID:oIXRO70s

・・・アメリカを世界投機の発信地にした最大の責任者は、ゴールドマンサックスCEOになったこれもユダヤ人のロバート・ルービンですね・・・リサ・エンドリックさんという同社の重役も務めた人が書いたゴールドマンサックスなる書物を昔読んだことがありますが、まあ元役員ですから、当たり障りの無い出版物ですが、そのルービンは地下室の狭い事務所に陣取って、同社を世界最大の投資銀行にのし上げて、クリントン政権では財務長官を務めました・・・

そして投機に目を光らすべきSECの顧問も兼任して、監視を骨抜きにしてしまった・・・更には自由化路線に転換したロシアのエリツイン大統領が、こともあろうにこのルービンを自由主義経済推進のロシア顧問に据えてしまいました・・・中国もそうですね、ルービンの後釜のポールソンが江沢民の頭をなでてしまって・・・巨大国を相手にした訳ですから、ゴールドマンが化け物のようなヘッジフアンドになったのも不思議なことではありません・・・

・・・まあ自由化の西も東も判らなかったエリツインだから、しょうがなかったとしても、ルービンは小躍りして喜んだことでしょう・・・投機市場の仕掛けを巧妙にロシア経済に埋め込むことが出来た訳ですから・・・ジョージソロスがぽんと1億ドルをエリツインに寄贈したとしても、最後に得た利益に比べれば、鼻クソのような額であったでしょう・・・

・・・投機経済を推進したのはブッシュのように思われがちですが、何のことはない、その前にクリントンがルービンを使ってせっせと下ごしらえをやっていたと言う訳です・・・

ルービンが財務長官の時、副長官に指名されたのがサマーズ・・・ルービン退任後に財務長官になって銀行が証券業務をやってはいけないグラスステイーガル法を廃止に追い込み、ミソもクソモ投機にのめり込む土壌を創り上げました・・・

・・・このサマーズは史上最年少でハーヴァードの教授となり、当時の同僚経済学者マートンはノーベル経済学賞をもらいながら、米LTCM・長期資本投資組合の経営幹部となり、投機の失敗で世界の年金基金や銀行に巨額の損失を与えて破綻・・・サブローン破綻の先駆者でもある・・・こんなヤツにノベール経済学賞が与えられ、サマーズの叔父アローも受賞している・・・

・・・これはノーベル一家を非難するよりも、ノーベル財団を意のままに動かすユダヤ巨大金融資本が非難されるべきですが、そもそもノーベルも、ダイナマイト開発の過程で倒産しかかり、それをテコ入れしたのがロスチャイルドとあっては、子孫も文句が言えない・・・しかし子孫は、そもそもノーベル賞には経済学賞などなかったのに、途中で賞を作らされてしまったことを、心中苦々しく思っているようです・・・

・・・しかし先の財務長官ルービンは退任後、デビッドロックフエラーのシテイGに入り込んでロックフエラー経営会議の議長になっているのですね、ここにロックとゴールドマンの接点が見えます・・・そしてオバマ政権が発足するや、サマーズを連れて経済委員会顧問に就任、サマーズはオバマ政権の国家経済会議委員長になっているのだから、もうお笑いを通り越してしまう・・・自分たちが破綻させた米経済の立て直し委員長なのだから、こりゃもう世界最高のマッチ・ポンプ構造です(笑)・・・どうもオバマの政策も途中からおかしくなって、サブローン破綻による投機規制金融法案も、読んで見ると抜け穴だらけ(笑)・・・最大のゴロツキどもが経済顧問や委員長なのだから・・・

・・・紹介1されているゴールドマン内部からの勇気ある発言、結局このような動きがどんどん出ない限り、世界の構造は、とてもじゃないが変えることは不可能でしょう・・・

いつも同じ結論になりますが、定住できる国家を失い、放浪して来たあの民族の知恵は、ヒトラーもスターリンも居ない新天地で華開いたと言う訳で、これは陰謀論でも何でもありません・・・現実の人脈構造をつないで見ると、すべてはあの民族によるものであり、現実に政治を支配している事実は、誰にも否定出来ませんからね・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存