ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2716] 満天下有人さんの名言と重要内容
日時: 2017/06/17 17:04
名前: イントィッション ID:Mkk4J4kE

2011/07/27 18:02名前: 満天下有人 ID:Ekdjbk.w

・・・やはりこちらに場所を移しますね・・・

・・・サブローン破綻から生じた累積額(損失)は、野村資本市場調査では6京円とも報告されていました・・・

この債権債務者の構図がどうなっているのか、真相は誰にも掴めないようです、それぞれの多岐に亘るデリバテイブ取引残高を累積すると、ほぼさような数値になるということでしょう・・・大元が例えば米年金基金であっても、その先にはA、B、C、D、Eと紙切れの上に紙切れが重なっていることでしょう・・・

無数の欧米金融機関や企業が重なっている筈で、欧州では未だにストレステストをやっても主な所だけで、しかしその連鎖は途方もない錯綜となっていることでしょう・・・ECBは未だに自己資本不足の金融機関が相当あると言っていますね、ギリシャ、スペインなどの国債中心の財政破綻とは別にです・・・

・・・処方箋としては、信用連鎖の大元を防御しておくしか手が無い・・・所謂裏書回し手形を想像すれば理解出来ると思います・・・

・・・まあ邪推すれば損失を巨大に見せかけて、資金を引っ張り込む作戦も無いとは言えない・・・我が国の例では、野村HDがリーマンのアジア部門買収、三菱UFJがモルガンスタンレーに約1兆円出資、みずほがメリルリンチに出資、三井住友はゴールドマンサックスへ・・・と、出資の形でそれぞれの自己資本不足をカバーしてやりながら、彼らの牙城であった金融市場への足掛かりをつくる・・・

・・・しかし、それで根本にある不良債権の方がついたということにはなりません・・・結果として円高ドル、ユーロ安で、彼らの損失を埋めてやっているという構図でもありますね・・・。







メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

モルガン財閥の変遷と日本の接点・・・@ ( No.91 )
日時: 2017/06/26 16:13
名前: イントィッション ID:rNrJVSks

日時: 2012/04/21 08:16名前: 満天下有人 ID:MYqoxBD.

・・・<日銀の横にピタッとしっかりとモーガンスタンレーの蛆虫がくっついていますが。。。>・・・

あはは、今のモーガンスタンレーではねえ・・・モルガン財閥にはJPモルガンにモルガンスタンレーに、モルガンギャランテイ、モルガングレンフエル等々、名前が違う会社があって、世間ではその関係が良く分からない向きが多いと思いますが、元々はモルガンではなく、ピーボデイ商会だったのです・・・

・・・随分前にも書きましたが、マサチューセッツ州の学も無いジョージ・ピーボデイさんが織物商として大成功し、かなりの資金力を持つようになり、そして19世紀初頭ののアメリカでは鉄道ブームが起こって各州が公債を起債していたのですが、それが殆どロスチャイルド系金融業者に牛耳られて、高利が払えなくなり、各州財政がデフオルト状態にありました・・・

・・・それを見かねた、と言うか、これは新たな金儲けになると思ったかは知りませんが、このピーボデイさんが1835年にロンドンに渡って、間接的にロスチャイルドなどに対し、マサチューセッツ公債など各州の公債に余りひどい扱いをするなと交渉に行きます・・・間接的にと言う意味は、当時のロンドンではロスチャイルドより先にシテイに入り込んでいたユダヤ人ベアリング商会とロスチャイルドに直接会えるのは、米議会議員でも至難の業であったからです・・・

・・・大恐慌の後に続く大不況の時代に、米国では英国金融資本に頼らざるを得ない状況下にあって、ワシントン大統領は財務省特使を立ててまでしてロンドンロスチャイルドに泣き付かざるを得ず、しかしジェームズ・ド・ロスチャイルドの返事は、いいか、1ドルたりともアメリカに貸す者はどこにも居ないと、大統領にしっかり伝えろ!という、大変な時代であったようです・・・

・・・ピーボデイは、その配下にある銀行家たちを毎日接待して米各州に対する追加融資まで引き出すことに成功・・・同時に机一つだけのピーボデイ商会をロンドンで設立して、マーチャントバンク業を始めました・・・マーチャントバンクというのは、商品取引をベースに、その取引に関わる手形などの割引金融を行う業種のことです・・・ゴールドマンサックスもマンハッタンの端っこで、雨が降ったら泥水をかぶるビルの地下室で、机一つから手形割引で巨財を成して行った、よく似た出発ですね・・・

・・・このピーボデイ商会がモルガン財閥の元祖なのです・・・英国金融資本から追加資金を引き出した腕前が、大統領の賛辞を得てその後のモルガン財閥の政治面における強い発言権に繋がって行ったようです・・・

・・・ピーボデイがデフオルトしかかっている各州に対し、追加融資まで引き出した裏には、ベアリング商会やロスチャイルドを信用させる為に、メリーランド州などでは牧師まで総動員して、先ず債務の履行を行うことは神への神聖な契約の履行でもあるとして、徹底した宣伝に努めたことが功を奏したこともあり、債務償還を放置していた各州も支払を開始、最後まで払おうとしなかったフロリダ州に対しては、彼が後に慈善事業家になってからも、寄付の対象からはずしたと言われているようです・・・

・・・幸運なことに40年代に入って欧州でブルジョア革命が起こった為に、欧州の資金が逃避先としてアメリカを選んだことにより、アメリカの景気が回復した・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存