ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2721] 日本のマスメディアについて!
日時: 2017/06/30 16:13
名前: イントィッション ID:ae3a9DBU

最近、日本のマスメディアがどうも安倍政権寄りばかりであるのが不思議でたまりません。。。

アメリカでは、現在、トランプ大統領のツイッターで、CNNは嘘ばかり! と叩いていました。。。ついでにCNNでトランプ大統領の悪口を言う女性アナウンサーが整形手術をした〜〜〜など、トランプ大統領が発言しているので、政府の中では波紋を呼んでいる。。。

日本では、色々な局の記者は常に安倍政権側の味方を基本にした内容の質問を投げかけている。。。

その中で東京新聞の望月記者の鋭い質問。。。官邸側には絶対に立たずに真実を追求している。。。

そんな望月記者に何かあったら、すぐに安倍政権のやったことだとネットに大騒ぎになるでしょう。。。

そして、何か大きな力がマスメディアに動いているのではないか??? デンツウとも言われていますが。。。

安倍首相はマスメディアに50億円も支払っていることも耳にしました。。。

マスメディアというのは、必ず真実を突き止めて、真実を報道しなければならない。。。 それなのに最近も嘘報道ばかり!!!

NHKなどは国民のためにある国民が皆で支払って国民に雇われている局なのに、なぜか、国民の頭脳を支配してしまうような報道である!!!

さて、皆さんのご意見をぜひお聞かせください。。。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

現代の日本のメディアに、このような経済の哲学について番組をやってほしい (2) ( No.9 )
日時: 2017/07/08 17:13
名前: イントィッション ID:IcNtRvM.

日時: 2013/02/21 13:48:14名前: 天橋立の愚痴人間

 たとえば、キルケゴールは『死に至る病』の中で、「信仰」を「自己自身を獲得するために自己自身を喪失すること」であると規定しているが、それは以下のことを意味している。すなわち、神の前に単独者として立つ自己(真のキリスト者)と成るためには、「自己自身を忘却する」ことによって、また「自己自身を分散する(=気晴らしをする)」ことによって「自己自身を喪失している」ような自己、このような自己(「絶望」せる自己あるいは大衆人の自己)を喪失しなければならないということ、このことを意味している。このことは逆に言えば、大衆人(宗教的に実存していない者)は、「神の前の自己」という真の自己自身に関係しておらず、したがってまた単独者として絶対者に絶対的に関係してもいないという意味で、「自己自身および神を喪失している」ということを意味する。キルケゴールの先の時代批判は、真の自己を喪失し、また神を喪失し、匿名性と無責任性の中で生きている大衆が真理である、という公理が時代を支配していることに対する批判なのである。つまり、キルケゴールは大衆社会状況の原因を、大衆人のこのような非本来的な自己関係のあり方のうちに、自己喪失・神喪失のうちに見いだしているのである。

 それは、ハイデッガーの場合でも同様である。マルクスが資本主義の世界を商品連関の全体性と解するのに対して、ハイデッガーは『存在と時間』において、平均的日常的世界(環境世界)を道具連関の全体性と解する。そして、環境世界の世界性が有意義性の全体性であることを、また環境世界が共世界であることを分析する。このような世界において共存在する共現存在は、他者への顧慮的な気遣いを欠損していたり、積極的に他者を顧慮的に気遣っていたりするのだが、この相互共存在の秘匿された性格を、懸隔性(=他者との区別を気遣うこと)であると指摘する。だが、懸隔性が共存在の性格であるということは、現存在が日常的な相互共存在としては、不断に非自立的であること、非本来的であること(おのれの自己をおのれのものとしていないこと)を、また「そのつど私のものであるということ」を喪失してしまった、誰でもであって誰でもでないような中性的な、したがってまた責任免責された「世人(das Man)」であることを意味している。

 ところで、ハイデッガーは現存在を「死へと態度をとる存在(Sein zum Tode)」であると規定するが、おのれの最も固有な可能性であるおのれの死へと積極的に態度をとる限り、われわれは単独化し「不安のうちに漂泊する」ことになる。というのは、不安が有意義性の全体性であったはずの世界を無化し、それと共に共存在しているわれれ自身をも滑り落ちさせるからである。だが、「何ものにもすがりつくことができない、この漂泊の底深き振動において」「純粋な現・存在」が出会われるのである(『形而上学とは何か』)。にもかかわらず、われわれはさしあたって大抵は、おのれの死へと積極的に態度をとることから逃避し、本来的自己(おのれの自己をおのれのものにし得ている自己)から額落し、平均的日常的世界に埋没しているのである。この本来的自己からの額落という事態、本来的自己存在の忘却あるいは喪失という事態のうちに、換言するならば、自己に対するこのような態度のとり方のうちに、ハイデッガーも大衆社会状況の原因を見いだしており、おのれの死へと先駆的に決意すること(die Entschlossenheit)によってのみ大衆社会状況は脱せられると考えているのである(キルケゴールにあっても信仰は決断の問題である)。

 ところで、大衆社会に対する実存主義的批判は、大衆論ではあっても大衆社会論ではないといった印象が強い。というのも、それは歴史的所与としての社会を政治的・経済的・社会的に具体的に分析したりはしないからである。しかし、それが大衆社会状況を存在論的に分析するものである限り、それを存在論的な大衆社会論であるといってもさし支えないのではないだろうか。そもそも実存主義に対しては、それは主観的な非合理主義であり、独我論的な個人主義であり、歴史的・社会的な具体性を欠く形而上学であるという批判がある。確かに、実存主義は一般に、不安・絶望・嘔吐といった根本的情態性を問題にし、単独者を問題にし、政治的・社会的・経済的世界を具体的に考察しないため、そのような批判が妥当するように見える。しかし、非隠蔽性という根源的な真理を開示するからこそ根本的情態性を問題にしているのであること、単独者の自我孤立性は抽象的なものではなく、具体的であること、存在者にのみ関わる存在的な実証諸科学に対して、この立場は存在論的であること、これらのことを偏見なく考慮すれば、上記の批判は無効になる(詳しくは、W・ヤンケ著『実存思想の軌跡』八二ー九二頁参照)。それと同時に、具体性を欠いてはいるが、存在論的な大衆社会論の存立可能性も理解されるであろう。

(続く)
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存