ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[294] 達磨さんに催促されて  天皇論
日時: 2009/10/25 13:36
名前: 天橋立の愚痴人間

岡田外務大臣の天皇陛下の発言い関する云々はいただけないと思っていました。

なぜかと言えば、天皇家にも何時不埒な人格を持った人が出て来るか解りません。
歴史を遡れば、取り巻きの影響があったとしても、天皇家も身内で権力争奪の殺し合いをされているときもありました。

憲法で囲ってあるからこその象徴天皇なのです。

さて本来の天皇論ですが、私は従来の天皇論の延長では考えてはいません。
民主主義を基にして考えれば否定するのみです。

その民主主義の行く末の事に思いを馳せた場合に天皇制のことを考えます。
ずっと将来、あらゆる分野のグローバル化がなり、民主主義(個人主義)が行き渡った状態で人間社会の平安が保たれるかと言うことです。

現代社会は、何でもかんでも個人の生き様を重要視してますが、人間の半分くらいは、もともと従属して(共生の概念の中に)生きることに安心感を抱いているものです。

多くの物資を手に入れ、享楽に浸っている、表面上を見ていれば、そのようには見えないでしょうが、元来持っている生への不安感は深いところでなくなってはいません。

将来、民族意識が希薄になり、国家意識が希薄になったときに、人間は何に共生の概念を持つ事になるのでしょう。

民主主義の考え方からすれば不合理なことですが、その不合理が必要でないとは、結論は出せません。
何となれば、民主主義も、ここ200年間の実験の最中なのです。

民族とか国家と関連して天皇制を考えるので戦争のことも想定するのです。
そのずっと将来、人間社会に天皇のような象徴が必要か否かの議論もしなくてはなりませんが、私は全ての(我が国に限れば1億、世界では100億)人間が個の集合の概念だけで平和な社会を維持できるとは思いません。

この世に宗教があるのも、人間の精神の限界があると思っています。
将来の社会で共生の象徴(統治では無い)を考える時に、折角の歴史を不用意に排除する必要はないと思っているのです。

営々と象徴でいなければならない、天皇家には迷惑な話と思いますが。



どの道、現実を逸脱した未来論ですので、余り話さないことを御解りいただけたでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

「大嘗祭」の経費について ( No.15 )
日時: 2018/12/01 14:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:xVRyWh9A

>天皇の代替わりに行われる皇室行事である「大嘗祭」の経費について、「宗教色の強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と異議を唱えられた。

この秋篠宮の発言に対してネットでは概ね秋篠宮の発言を称賛し秋篠宮の意見を無視する宮内庁を言語道断と避難している。

だが、一歩引いて考えては如何なものか。
天皇制について憲法では次のように規定している。

第1章 天皇

第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
第2条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
第3条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
第4条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
第5条 皇室典範の定めるところにより、摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。
第6条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
 1 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
 2 国会を召集すること。
 3 衆議院を解散すること。
 4 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
 5 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
 6 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
 7 栄典を授与すること。
 8 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
 9 外国の大使及び公使を接受すること。
10 儀式を行ふこと。
第8条 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

(引用終り)


一番大事なのは、天皇が政治に関わらないことの規定である。
しかしながら象徴と言ってもアイドルと言う意味では決してない。
限定された中での国体に組み込まれているのである。

皇位継承についても皇室典範に基づき内閣の承認が必用な項目である。
天皇家の財産権についても、その処分は国会の議決が必要である。

皇位継承と言う事は、天皇制において重要な事であり、世襲せいであっても、皇族の勝手な決定をそのまま受け入れられるものではない。
国民が納得することも重大な事である。

「大嘗祭」はある程度宗教色が出るとしても、それは日本人の多くが受け入れている神道のものであり、また五穀豊穣を願う儀式が宗教的偏りとは言えない。

この重大な式典を、皇族だけが取り仕切ってよいのであろうか。
皇族の婚姻などは、天皇家の問題として概ね天皇家の私事であって良い。

判官贔屓かしらないが、秋篠宮の発言を我が意を得たりの様に反応するのは、余りにも視野が狭い。
なるほど、経費の節約と言う観点からは話が聞けても、もっと大きな問題があるのである。

天皇制と言う大きな枠組みの中で、天皇継承について、天皇家の意のままにされる事で良いのか。

「大嘗祭」を盛大にするか否かは、国民が判断する事であろう。

その「大嘗祭」が質素なものであっても良いと言う皇室側の希望は発言されてもしかるべきであるが、それを言うのは現天皇でなければならない。

秋篠宮は出過ぎた真似をしたことになり、かつ、国民と天皇制の関係を私物化して考えているのである。

秋篠宮の越権行為は秋篠宮の性格であり、今後我が国の天皇制の根幹を揺るがすことにもなりかねない。


(宗教色と言うことに関する考察)

五穀豊穣、社会の安寧を求める儀式は、特定の宗教を指す事にはならない。
政治と宗教を切り離すのは、キリスト教の於けるイエスの存在、イスラム教におけるアラーの存在の影響を受けない為である。

また五穀豊穣、社会の安寧などは、カルト以外のどの宗教でも目的であり、これを受け入れる事は信仰の偏りではなく人間生活の中の精神的希求である。

拠って「大嘗祭」の神事は、殆どの国民の受け入れる所であり、宗教的偏りではない。

神社庁などが全国の神社を統括し皇室と神道を結び付けようとしている事は問題ではあるが、神社庁の存在など後世に出てきたもので本来の神道(氏神信仰)の精神ではない。

それに大日本帝国憲法では天皇を現人神と規定したが、現在の憲法では国民の象徴と規定していて天皇をキリスト、アラ―のように神と思う人間はいない。

神道の歴史においても天皇を神と規定したことはない。

>「宗教色の強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と異議を唱えられた。

と言った秋篠宮の発言は、余りにも拙速な判断であった。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存