ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[294] 達磨さんに催促されて  天皇論
日時: 2009/10/25 13:36
名前: 天橋立の愚痴人間

岡田外務大臣の天皇陛下の発言い関する云々はいただけないと思っていました。

なぜかと言えば、天皇家にも何時不埒な人格を持った人が出て来るか解りません。
歴史を遡れば、取り巻きの影響があったとしても、天皇家も身内で権力争奪の殺し合いをされているときもありました。

憲法で囲ってあるからこその象徴天皇なのです。

さて本来の天皇論ですが、私は従来の天皇論の延長では考えてはいません。
民主主義を基にして考えれば否定するのみです。

その民主主義の行く末の事に思いを馳せた場合に天皇制のことを考えます。
ずっと将来、あらゆる分野のグローバル化がなり、民主主義(個人主義)が行き渡った状態で人間社会の平安が保たれるかと言うことです。

現代社会は、何でもかんでも個人の生き様を重要視してますが、人間の半分くらいは、もともと従属して(共生の概念の中に)生きることに安心感を抱いているものです。

多くの物資を手に入れ、享楽に浸っている、表面上を見ていれば、そのようには見えないでしょうが、元来持っている生への不安感は深いところでなくなってはいません。

将来、民族意識が希薄になり、国家意識が希薄になったときに、人間は何に共生の概念を持つ事になるのでしょう。

民主主義の考え方からすれば不合理なことですが、その不合理が必要でないとは、結論は出せません。
何となれば、民主主義も、ここ200年間の実験の最中なのです。

民族とか国家と関連して天皇制を考えるので戦争のことも想定するのです。
そのずっと将来、人間社会に天皇のような象徴が必要か否かの議論もしなくてはなりませんが、私は全ての(我が国に限れば1億、世界では100億)人間が個の集合の概念だけで平和な社会を維持できるとは思いません。

この世に宗教があるのも、人間の精神の限界があると思っています。
将来の社会で共生の象徴(統治では無い)を考える時に、折角の歴史を不用意に排除する必要はないと思っているのです。

営々と象徴でいなければならない、天皇家には迷惑な話と思いますが。



どの道、現実を逸脱した未来論ですので、余り話さないことを御解りいただけたでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

即位の礼・大嘗祭 ( No.17 )
日時: 2018/12/01 21:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:xVRyWh9A

大嘗祭について勘違いして記述した面があるので追記します。
天皇の継承、即位の儀式は、1年にも及ぶ長い期間に渡るものです。
大嘗祭は、その一連の行事として行われるものであり、行事の中心は即位の礼であります。
次に今生天皇の即位の礼、大嘗祭の日程を紹介します。

1990年(平成2年)

1月23日 賢所・皇霊殿・神殿に期日奉告の儀、伊勢神宮・天皇陵等に勅使発遣の儀
1月25日 伊勢神宮・神武天皇・前四代天皇陵奉幣の儀
2月8日 斎田点定の儀
8月2日 大嘗宮地鎮祭
9月27日 斎田抜穂前一日大祓(悠紀田:秋田県南秋田郡五城目町)
9月28日 斎田抜穂の儀(悠紀田)
10月9日 斎田抜穂前一日大祓(主基田:大分県玖珠郡玖珠町)
10月10日 斎田抜穂の儀(主基田)
11月12日 即位礼当日賢所大前の儀
同日 即位礼当日皇霊殿・神殿に報告の儀
同日 即位の礼・即位礼正殿の儀 ※国事行為
同日 即位の礼・祝賀御列の儀(オープンカーでのパレード) ※国事行為
同日 - 15日 即位の礼・饗宴の儀 ※国事行為
11月13日 園遊会・内閣総理大臣夫妻主催の晩餐
11月16日 伊勢神宮に勅使発遣の儀
11月18日 一般参賀
11月20日 大嘗祭前二日御禊・大祓
11月21日 大嘗祭前一日鎮魂の儀・同大嘗宮鎮祭
11月22日 大嘗祭当日神宮に奉幣の儀
同日 大嘗祭当日賢所大御饌供進の儀
同日 大嘗祭当日皇霊殿・神殿に奉告の儀
同日 大嘗宮の儀・悠紀殿供饌の儀
11月23日 大嘗宮の儀・主基殿供饌の儀
11月23日 - 25日 大饗の儀
11月24日 大嘗祭後一日大嘗宮鎮祭
11月27日 - 28日 即位礼・大嘗祭後神宮に親謁の儀
12月2・3・5日 即位礼・大嘗祭後神武天皇・前四代天皇陵親謁の儀
12月3日 茶会
12月6日 即位礼・大嘗祭後賢所・皇霊殿・神殿に親謁の儀
同日 即位礼・大嘗祭後賢所御神楽の儀
12月10日 天皇陛下御即位記念祝賀会

※ 秋篠宮が言及した 大嘗祭は、この中の一部であり、即位の礼の約10日後に行われています。

なお、即位礼正殿の儀 ・祝賀御列の儀・饗宴の儀は国事行為とされています。
国事行以外は、内廷費から出すべきだと言う秋篠宮の主張ですが、そうなれば、その年の内廷費を増やさねば出来ません。
結局は税金を使う事になるのですが、秋篠宮の発言は、経費的な面よりも、神事は宗教的な意味があると言う事を重視した発言となります。

天皇家と神道の関係は、厳密には難しい問題がありますが、天皇を象徴として受け入れた我が国の体制(憲法)は、天皇家と神道の関係も抱合して受け入れているものと思います。

古代エジプトの時代から王家という存在は何時でも民衆以外の要素と結び付けられるものがあります。
それは宗教と言うよりも神の概念に基づくものです。

天皇家を天皇家として在らしめることの中に神的なものがあっても不思議ではありません。
天皇制を一切、否定するならばともかく、天皇家と神道の関係を一般的な信仰と同じように捉えることが良いのでしょうか。

しかしながら現実的には政治と宗教の慣れあいは好ましくなく、神事については国事行為から外しているのでしょう。
ただ、天皇家の一族、ましてや皇位継承第一位となるような秋篠宮自ら、神事を明確に切り捨てる(一般民衆と同じ観念で)のは如何なものか。

曖昧になっている天皇制の根源を危うくするものであると言える。





メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存