ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[294] 達磨さんに催促されて  天皇論
日時: 2009/10/25 13:36
名前: 天橋立の愚痴人間

岡田外務大臣の天皇陛下の発言い関する云々はいただけないと思っていました。

なぜかと言えば、天皇家にも何時不埒な人格を持った人が出て来るか解りません。
歴史を遡れば、取り巻きの影響があったとしても、天皇家も身内で権力争奪の殺し合いをされているときもありました。

憲法で囲ってあるからこその象徴天皇なのです。

さて本来の天皇論ですが、私は従来の天皇論の延長では考えてはいません。
民主主義を基にして考えれば否定するのみです。

その民主主義の行く末の事に思いを馳せた場合に天皇制のことを考えます。
ずっと将来、あらゆる分野のグローバル化がなり、民主主義(個人主義)が行き渡った状態で人間社会の平安が保たれるかと言うことです。

現代社会は、何でもかんでも個人の生き様を重要視してますが、人間の半分くらいは、もともと従属して(共生の概念の中に)生きることに安心感を抱いているものです。

多くの物資を手に入れ、享楽に浸っている、表面上を見ていれば、そのようには見えないでしょうが、元来持っている生への不安感は深いところでなくなってはいません。

将来、民族意識が希薄になり、国家意識が希薄になったときに、人間は何に共生の概念を持つ事になるのでしょう。

民主主義の考え方からすれば不合理なことですが、その不合理が必要でないとは、結論は出せません。
何となれば、民主主義も、ここ200年間の実験の最中なのです。

民族とか国家と関連して天皇制を考えるので戦争のことも想定するのです。
そのずっと将来、人間社会に天皇のような象徴が必要か否かの議論もしなくてはなりませんが、私は全ての(我が国に限れば1億、世界では100億)人間が個の集合の概念だけで平和な社会を維持できるとは思いません。

この世に宗教があるのも、人間の精神の限界があると思っています。
将来の社会で共生の象徴(統治では無い)を考える時に、折角の歴史を不用意に排除する必要はないと思っているのです。

営々と象徴でいなければならない、天皇家には迷惑な話と思いますが。



どの道、現実を逸脱した未来論ですので、余り話さないことを御解りいただけたでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 達磨さんに催促されて  天皇論 ( No.2 )
日時: 2009/10/28 12:45
名前: 禿頭

ワシは天皇制について深く考えたことはなかった。
否、考えようとしてこなかった。
何やらタブー視してきたのかも知れん。
得体の知れない恐れ感覚?があったやに思う。

只、言えることは時の政府が陛下のご意思と関係なく天皇制度を利用してきたことは事実だと思う。

ワシは天皇家に特段の思いを持っていないがご存在を否定出来ない。
少し時間をかけて考えてみようと思う。

メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存