ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[294] 達磨さんに催促されて  天皇論
日時: 2009/10/25 13:36
名前: 天橋立の愚痴人間

岡田外務大臣の天皇陛下の発言い関する云々はいただけないと思っていました。

なぜかと言えば、天皇家にも何時不埒な人格を持った人が出て来るか解りません。
歴史を遡れば、取り巻きの影響があったとしても、天皇家も身内で権力争奪の殺し合いをされているときもありました。

憲法で囲ってあるからこその象徴天皇なのです。

さて本来の天皇論ですが、私は従来の天皇論の延長では考えてはいません。
民主主義を基にして考えれば否定するのみです。

その民主主義の行く末の事に思いを馳せた場合に天皇制のことを考えます。
ずっと将来、あらゆる分野のグローバル化がなり、民主主義(個人主義)が行き渡った状態で人間社会の平安が保たれるかと言うことです。

現代社会は、何でもかんでも個人の生き様を重要視してますが、人間の半分くらいは、もともと従属して(共生の概念の中に)生きることに安心感を抱いているものです。

多くの物資を手に入れ、享楽に浸っている、表面上を見ていれば、そのようには見えないでしょうが、元来持っている生への不安感は深いところでなくなってはいません。

将来、民族意識が希薄になり、国家意識が希薄になったときに、人間は何に共生の概念を持つ事になるのでしょう。

民主主義の考え方からすれば不合理なことですが、その不合理が必要でないとは、結論は出せません。
何となれば、民主主義も、ここ200年間の実験の最中なのです。

民族とか国家と関連して天皇制を考えるので戦争のことも想定するのです。
そのずっと将来、人間社会に天皇のような象徴が必要か否かの議論もしなくてはなりませんが、私は全ての(我が国に限れば1億、世界では100億)人間が個の集合の概念だけで平和な社会を維持できるとは思いません。

この世に宗教があるのも、人間の精神の限界があると思っています。
将来の社会で共生の象徴(統治では無い)を考える時に、折角の歴史を不用意に排除する必要はないと思っているのです。

営々と象徴でいなければならない、天皇家には迷惑な話と思いますが。



どの道、現実を逸脱した未来論ですので、余り話さないことを御解りいただけたでしょうか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 達磨さんに催促されて  天皇論 ( No.9 )
日時: 2011/01/01 23:05
名前: 沖縄戦の亡霊

天橋立の愚痴人間 さん

あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。(もう、バレバレ・笑)

そうしてあなたの怒りは天皇家と言うよりも、ヤマトンチューに向けられているかと思います。
<仰る通りです。何しろ、私自身が現在はヤマトゥンチュなのです。

実は私がこれだけ厳しく言えるのは、
私がこの10年近く、ずっとヤマトゥンチュと一緒に暮らしてきて、
「本当のヤマトゥンチュは、天橋立の愚痴人間さんの仰る<100年前の感覚>を
未だしっかりその芯に残している」と感じているからです。

ただ恐れながら「大きな意味」については、そこは宗教に入り込むので、
宗教と無関係の「ただの人」の私は、そこに論を入れる事を余り好んでおりません。

神秘体験(と恐らくは通常呼ばれるもの)の経験を、事実、この身で経ているからです。
実際に経験してしまうと、これは厳密な意味での「個人の死生観の確立」ですから、
それはさすがに他者と共有できない、それが「人間」としての限界でもあり、矜持でもある、と認識しています。

それを共有しようとすると、それはどうしても宗教になってしまう。
宗教の教祖様なんて、真っ平ゴメン、と思っています。
なので私は、敢えてそこに行かないでいます。どうぞ、ご容赦を。

ただ、一つだけ「大きな意味」を思う時に感じることなのですが…
「象徴」という実に複雑なものを最高法規の第一条に持ってきてしまったゆえに、
ヤマトゥンチュは、宗教と政治を分けて考える―すなわち「政教分離」をこの150年、
一度だってしていない、というのが私の考えです。
(大日本帝国憲法の頃は、「政教分離していない」ことがはっきりしていましたが、
今は、政教分離しているのかどうかはっきりしていません。
けれど、どう見ても「政教分離してない」です。上のブログに書いてあることしかり、です。
つまり「象徴制」とは「政教分離してる」ように見せかけた詐術としか考えられません。
結局、現在の日本国憲法は実は第1条〜第8条がある以上、
いつだって「大日本帝国憲法」と何ら変わりなく施行できる可能性を残している。
いや、沖縄からすれば事実、そうやって運用されてきています。
実は、双方見てる私にすれば沖縄だけじゃなくて全部そうなんですけどね…。
沖縄にいれば、それがよりはっきり見える、ということです。
そうでなければ「日米安保」なるたった二国間の条約が、憲法の上位概念に存在している事実をどうやって説明しますか?
実際、東京じゃあナンカ変わった条例が出来て、今まで通り漫画すら描けなくなったそうで。
もうこれ、戦前の治安維持法による検閲の始まり以外の何ものにも見えません。
結局「日本」と呼ばれる場所で生きてる人は「大日本帝国憲法」下における臣民なんです。
更には今の憲法があるため「そのことに、自分で気づけなくなった」
50年に一度と言われる政権交代が起こって、今回つくづく思ったのですが。
結局はその「詐術」の腕前が上がっただけで、何もかわっていない。実際の暮らしが何も変わらないのはそのためです。)

結果、宗教(というより歴史的文化)も政治も失ってしまっている、
という風に異国人には見えます。
文化も政治もない国、それが「ヤマト」なんです。

(憲法といえども法律です。それは「改正」が可能なのです。
すなわち「なくなる」可能性がそこに発生する。
しかしながら「歴史的文化」であれば、それは法律とは何ら関係がありませんから「なくなる」ことがありません。
すなわち、引継ごうと思う人がいさえすれば、それは半永久的に持続されます。
その「歴史的文化」をちゃんと持っていたのが、
天橋立の愚痴人間 さんの仰る「100年前の日本人」なんじゃないでしょうか。
…私は明治政府成立を節目として考えてるので150年なんですけど。
本来ならば、こういった指摘は外国からきた私がすべきことではないような気もしますが。)

島には政治はないけれど、世界遺産となった「歴史的文化」が残っています。
世界遺産になろうがどうなろうが、それが私を含む、島で生まれた多くの人が、
「私はウチナーンチュである」と言う時、真っ先に思き、
更にはそれが今も島に暮らす人との結びつきの根拠だと思える以上は
それが一つの歴史的文化であることは間違いありません。

歴史的文化もない、そして政治もないでは、人が頼るべきものは最早何もありません。
それが恐らく、昨年の昭和22年の統計開始以来最多の(すなわち太平洋戦争当時よりも多い)
119万4千人の死亡者数の原因なのじゃあないか、と見ています。

ちなみに、沖縄は死亡者数も多いでしょうが、出生率は全国トップクラスであると記憶しています。
(だから島は「白物家電市場」なるものが今もちゃんと廻ってます。
ちなみに、今、ちょっとネットを調べてみたら、沖縄、死亡率もどうやら全国最下位レベルのようです。)
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存