ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3072] 資本主義・民主主義の問題点<現代社会の矛盾
日時: 2018/11/24 13:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:U9q0gAXQ

資本主義・民主主義と言う言葉は、もはや我々にとって空気や水のように当たり前に得られる概念となってしまっています。
現代社会が抱える矛盾は、その資本主義・民主主義が起因している事を省みようとはしません。

このスレッドでは、この問題を取り上げてみます。
最初に、資本主義について、マックス・ヴェーバーはその主著で次のように書いています(1920年)。
https://www.y-history.net/appendix/wh1704-029_1.html

ウェーバーが問題にしたのは、近代資本主義は「利潤追求」の営みであるが、それが生まれたキリスト教ヨーロッパは、むしろ利潤追求が否定されていた、という点であった。中世カトリック教会では暴利の取り締まりとか利子禁止などの商業上の倫理的規制を設けており、さらに宗教改革後のイギリスやオランダ、フランス、アメリカなどの禁欲的プロテスタンティズムでは商人の暴利は最大の悪事であるととされ、厳しく取り締まられていた。なぜこのようなところで近代資本主義が生まれたのだろうか。ヨーロッパでは営利以外のなにものか、とりわけ営利を敵視するピューリタニズムの経済倫理(世俗的禁欲)が、逆に歴史上、近代の資本主義というまったく新しい社会事象を生み出されるさいに、なにか大きな貢献をしているのではないか、と言うのが問題設定である。

ベンジャミン=フランクリンを例にとり、「正当な利潤を》Beruf《「天職」として組織的かつ合理的に追求するという心情」が、もっとも適合的な形態として現われ、また逆にこの心情が資本主義的企業のもっとも適合的な精神的推進力となった」<岩波文庫版p.72>と説明している。この「天職」(岩波文庫の旧版、梶山訳では「職業」とされていた)Beruf とは、ルターが使った言葉で、「神の召命と世俗の職業」という二つの意味がこめられおり、われわれの世俗の職業そのものが神からの召命(Calling)だという考えを示している<

ピューリタニズムの宗教意識は、カトリック信徒がとらわれていた救いの手段としての「呪術」を排除した。カトリック信徒は「悔い改めと懺悔によって司祭に助けを求め、彼から贖罪と恩恵の希望と赦免の確信を与えらる」ことによって内面的な緊張からまぬがれることができたが、「カルヴィニズムの神がその信徒に与えたのものは、個々の善き業ではなくて、組織にまで高められた行為主義だった。」<岩波文庫版p.196>
 キリスト教的禁欲は、非行動的な禁欲ではなく、エネルギーのすべてを目標達成のために注ぎ込む行動的禁欲であり、カトリックの修道院内での「祈り働け」の生活に見られるが、そのような「世俗外的禁欲」を「世俗内的禁欲」に転換させたのがルターの「天職」の思想であった<大塚解説 p.401>。さらにカルヴィニズム(特にイギリスのピューリタニズム)では、「神のためにあなたがたが労働し、富裕になることはよいことなのだ」(バクスターの言葉)とされ、怠惰は罪悪であり、隣人愛に反することとされるようになった。

ウェーバーの議論は西ヨーロッパとアメリカで発展した近代資本主義の精神的な支柱が、カルヴィニズムの天職と世俗内禁欲(今与えられている職業に誠実に努めること)にあったと理解できる。その論証は、カトリック、ルター派、カルヴァン派さらにそこから派生したメソジストやクェーカー教徒などの教説に及んでおり、細部は難解な部分が多い。しかし、巻末の次の部分は、アメリカ発の新自由主義資本主義の暴走という現在(2008年)の資本主義の混迷を予言しているようで興味深い。

>営利のもっとも自由な地域であるアメリカ合衆国では、営利活動は宗教的・倫理的な意味を取り去られていて、今では純粋な競争の感情に結びつく傾向があり、その結果、スポーツの性格をおびることさえ稀ではない。将来この鉄の檻の中に住むものは誰なのか、そして、その巨大な発展が終わるとき、まったく新しい預言者たちが現れるのか、あるいはかつての思想や理想の力強い復活が起きるのか、それとも、そのどちらでもなくて、一種の異様な尊大さで粉飾された機械的化石と化することになるのか、まだ誰にもわからない。それはそれとして、こうした文化発展の最後に現れる「末人たち」にとっては、次の言葉が真理となるのではなかろうか。「精神のない専門人、心情のない享楽人。この無のもの(ニヒツ)は、人間性のかつて達したことのない段階にまですでに登りつめた、とうぬぼれるだろう」と。

(引用終わり)

哲学者らしく、ヴェーバーは、資本主義の考え方が興る根拠を宗教改革に結びつけています。
そうして行き過ぎた資本主義の結果、現代社会が抱える社会の2極化を予言しています。

次に民主主義について考えてみましょう。
民主主義そのものの成り立ちは説明するまでもなく主権在民のことですが、近年は主権在民は当たり前で、個人の自由。権利が保障されることが民主主義と思われています。

民主主義と自由主義は、基本的には次元の違う話で、一義的には対立するものではありません。

民主主義が原理とするのは、「自己統治」ということです。つまり、治められる者と治める者が一致する体制がその主眼とするところです。国の主権が誰にあるか、という問題のはなしであって、国民が為政者を選ぶ民主制に対立する概念としては当然、王制や貴族制が挙げられます。

一方で自由主義というのは、民主主義とは次元の違う原理です。自由主義は、近代国家が成立して徐々に国民の生活のいろいろな側面に介入するようになってから、それに対抗する形で、国家といえども介入できない「個人の自由な領域」を確保しようとして生まれたものです。「思想の自由」「信教の自由」という時の「自由」がそのニュアンスを含んでいます。
つまり自由主義というのはその成立から言って、国家権力に対抗する「個人主義」と密接に関係するわけで、単純に言えばライフスタイルの選択は個人の自由に委ねられていて、社会が干渉してはならない、というのが自由主義の基本的な立場です。

このように両者は次元を異にするものですから、当然お互い必ずしも対立するものではあ・

般的な体制として存在し得ます。

ただ自由主義の程度とあり方次第によっては、民主主義との軋轢を起こしかねない事は事実です。

自由主義は、社会に先だって個人を普遍的な主体として想定しているわけで、伝統的な「社会が個人を人間にしていく」といった考えに対して概して批判的です。
こういう考え方が先鋭化してくると、例えば帰属意識の問題が起こってきます。個人個人の価値観が優先され過ぎると社会の共通意識がどうしても薄れてしまい、社会全体の結合力が弱くなってしまうわけです。

結局、個人の自由を強調しすぎることは、主権国家が対立する国際社会のなかでは国益を損ねてしまい、結果的に国民の利益を損ねる事になりかねないと言えるでしょう。
さらにまた、行き過ぎた自由主義が政治そのものに対する無関心や心理的抵抗をもたらして、ひいては民主制そのものも危険に落とし入れてしまう危険性もはらんでいます。

次には、資本主義・民主主義が抱える問題点を検証してみましょう。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 資本主義・民主主義の問題点<現代社会の矛盾 ( No.4 )
日時: 2019/05/05 04:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:RomMpC32

民主主義とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想のことを言う。
この様な概念が使われ始めたのは、フランス革命からである。

当時(18世紀後半)、イギリスでは産業革命も起きていた時代であり、社会(ヨーロッパ)は急速に近代化をしていた。
そのころフランスでは
国民は、第一身分の聖職者、第二身分の貴族、第三身分の平民、といった具合で区別されていた。第一・第二の身分は免税や大土地所有権、加えてすべての要職を掌握し、年金まで支給された。これらだけでも酷い話だが、真に驚くべきは、人口における平民の割合は90%に達していた、という点。これが世にいう「アンシャン・レジーム(旧制度)」である。

この様な状況下で起きたのがフランス革命であり、武力を持って王制を倒し前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。

ある意味でブルジョア革命とも資本主義革命とも言えるか、これによって変わったのは、法の下の平等・経済的自由・自由な私的所有等がある。
これによって具体的には、資本主義憲法の確立し、人民主権・権力分立・自由権(経済的自由権)等の人権保障を中心とする原理が謳われた。

国家の主権が王朝、一部のブルジョア貴族から国民へ移ったことが最大の変革であり、それに従い個人の権利、自由が保障されるようになった。

前述のように、当時のフランスでは
第一身分 聖職者
第二身分 貴族
第三身分 平民
という身分制度にしばられていた。

現代社会と似通ったことがないのであろうか。

第一身分 公務員    3%
第二身分 ブルジョア  30%
第三身分 平民(ワーキングプアを含む) 67%

という数値はほぼ、当てはまっているであろう。
そうして、実際の政治、権力は第一身分、第二身分者に占有され、多くの平民は彼等にもてあそばれているだけ。

要するに、形は違えどフランス革命勃発の時代と社会の構成は似ているのである。
現代社会で民主主義を言うならば、もう一度市民革命(第二の市民革命)がなければ民主主義とは言えないのである。

民主主義の名の下に、個人の自由、権利ばかり気にしていると、大きな社会構造は見えなくなってくる。
この様な意味で、現代社会は民主主義の理念から逸脱しているのに、民主主義の果実、個人の権利、自由のみを民主主義と思い込み、盲目的に追い求める民主主義は民主主義でもなく、この様な民主主義はいずれ朽ち果て、個人の権利、自由も得られなくなる。

民主主義という言葉は、水戸黄門の印籠の様にはいかないのである。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存