ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3074] マルクス主義について
日時: 2018/11/27 19:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:FMdlMn6w

マルクス主義について随分と語った様ですが、気がつけばマルクス主義を正面からとらえたスレッドがありませんでしたので、改めて立ち上げます。


「なぜ今、カール・マルクスの『資本論』に立ち返る必要があるのか?」

私はマルクス主義者ではない。思想ということならば、キリスト教(プロテスタンティズム)が私の物事を考える基本になっている。政治的には、私は保守陣営に属するという自己意識を持っている。しかし、私は、マルクスが『資本論』で展開した資本主義分析は基本的に正しいと一貫して考えている。それは、マルクスが資本主義の根本的な矛盾が、労働力の商品化にあることを解明したからだ。その具体的な内容と論理については、この対談でわかりやすく説明しているので、是非読んで欲しい。労働力の商品化ということの意味がわかると、世の中がまったく異なって見えてくる。そして、経済現象に関して、ほんとうに重要な事柄と、そうでない幻影との区別ができるようになる。現代の主流派経済学に慣れている読者には、難病を治療するにあたってのセカンド・オピニオンとしての意味を『資本論』は持つ。
(引用おわり)

そのマルクス資本論の世界はと言えば、資本論が大著なので容易には説明しがたいが大略すれば次のようになります。
資本論は3部構成となっておりマルクスは、その1部を書き下ろしただけであり、後の2部、3部は盟友エンゲルスによるものです。


第1部(資本の生産過程の研究)
『資本論』第1巻の資本の生産について述べた箇所だけを紹介する。授業で紹介したように,アダム・スミスは,資本と土地の私有制にもとづく経済では,
@ 商品交換では,その商品をつくりだすために必要な労苦が商品の価値になること,
A 労働生産物(商品)の価値は,賃金,資本,地代の3つに分かれること
を主張していた。しかし,スミスの議論では,商品の価値がどのようなしくみで3つの構成部分に分かれるのかはあきらかでなかった。マルクスは,労働がつくりだす商品の価値と労働力の価値とを区別することによって,資本が利潤(剰余価値)をつくりだすしくみを説明した。
これに対してマルクスは、
3-1 商品と貨幣
 W−W' 物々交換で手放した商品(たとえば20エレのリンネル)の価値と,交換でえた商品(たとえば一着の上着)の価値とは等しい(それぞれの商品をつくるのに必要な[社会的平均]労働量は等しい/Wは商品die Ware[商品]の略,Gはdas Geld[貨幣]の略)。
 W−G−W' この等価交換の原則は,交換の過程に一般的等価形態である貨幣が仲立ちになっても変わることはない。
 
 3-2 絶対的剰余価値の生産
 G−W−G'  もしすべての商品が等価交換されるのなら,資本家が原料(労働対象),設備(労働手段)を購入し,労働者を雇って(労働力を購入して),商品を生産・販売してえるもの(G')は,当初の元手(G)から増えも減りもしないだろう。ところが,資本家はこの過程で利潤をえる(G' はGより大きくなる)。このような自己増殖する貨幣であるという資本の特徴はどうして生じるのだろうか。
 労働力の価値(der Wert der Arbeitekraft) 労働力の再生産に必要な価値。すなわち,労働者とその家族が生活を維持するのに必要な費用=価値(労働力の価値は食っていくために必要最低限の費用という意味ではない。社会の生活水準が高くなれば,労働力の価値も増大する)
 剰余価値(der Mehrwert) (平均的な)労働者が10時間労働をすれば,その商品には(原料費や設備費に加えて)10時間分の価値が付加される。もし労働力の価値が5時間とする
と,残る5時間分の価値は利潤として資本家の手もとに残る。これを剰余価値という。
 不変資本と可変資本 資本家が生産手段(原料や機会・設備)を購入するために投下する資本は商品の価格に転嫁されるが,剰余価値をつくりだすことはない。これを不変資本という。一方,労働力商品の購入(労働者の雇用)に投下する資本は剰余価値をつくりだす。これを可変資本という。
 絶対的剰余価値の生産 利潤を増やすための最も単純な方策は,下の図のように,労働時間を延長することである(必要労働時間とは労働力の再生産に必要な価値をつくりだすのに必要な労働時間,剰余労働時間とは剰余価値をつくりだす時間のことである)。事実,産業革命の時期の労働者階級と資本家階級との闘争の焦点は,労働時間の短縮を求める労働者とできるだけ長時間労働を維持しようとする資本家たちとの闘争であった。このように,労働時間の延長によってえられる剰余価値を,マルクスは絶対的剰余価値という。

3-3 相対的剰余価値の生産
 1日の労働時間が一定とする。この場合に剰余価値が増大するのは,労働力の価値が低下したときである。生産技術の発展によって,生産できる衣料や食料などなど,労働力の再生産に必要なすべての商品がこれまでと同じ時間で2倍生産できるようになったとしよう。そうすると,それぞれの商品の価値(それぞれの商品に投下されている労働時間)は(不変資本は考慮しないなら)1/2になると考えられる*。それゆえ,労働力の再生産に必要な労働時間(労働力の価値)はこれまでの1/2になる。そうすると,下の例では剰余労働時間は4時間から6時間に増加する。このように,必要労働時間の短縮によってつくりだされる剰余価値を相対的剰余価値という。
相対的剰余価値は社会の全体で実現するものであって,個別の資本家の努力によって達成できるものではない。しかし,技術革新を追求し,結果的に相対的剰余価値をつくりだそうとする動機は,どの資本家にも存在する。それは特別剰余価値(Extramehrwert)を手に入れたいというそれぞれの資本家の欲求である。ある資本家が画期的な技術革新に成功すると,彼は特別剰余価値を獲得できる。その他の資本家も遅かれ早かれこの技術革新に追随するだろうから、 この特別利潤はいずれ喪失する。 しかし、 このような特別利潤を求める資本家間の技術革新の競争こそ資本主義の生産力を飛躍的に高めることになる。


第2部
第2部は資本の流通過程の研究、すなわち、資本制的生産様式の再生産に関する研究である。第1部がマルクス自身が構成や叙述の仕上げ、刊行まで関わったのに対し、第2部は、マルクスの死後、残されていたいくつかの草稿(第2部のエンゲルスによる序文を参照)をエンゲルスが編集、刊行したものである。

第1篇と第2篇は資本の循環や回転などを扱っており、個別資本の流通過程での運動を考察した。いわば資本家が経営の上で資本の動きを見る時と同じ視点である。実際、マルクスは、工場経営者であったエンゲルスにしばしば資本の回転率などについて照会の手紙を送り、経営のリアルな現実における実務を学び、この草稿に反映させている。

第3篇は社会全体における資本の流通過程の研究である。「再生産論」と呼ばれる理論分野で、社会的総資本の観点から、資本制的生産様式を維持・持続するために、資本の生産・流通・再投下が、どのような制約・条件の下でおこなわれているかを考察したものである。マルクスはフランソワ・ケネーの経済表に刺激を受けながら「再生産表式」とよばれるモデルをつくりあげ、マクロ的視点から資本の流通・循環を論じた。

第3部
第3部は、資本主義的生産の総過程の研究である。第3部も第2部と同様に、マルクス自身の手で刊行されたものではなく、マルクスの草稿をエンゲルスが編集(第3部のエンゲルスによる序文を参照)したものである。

第3部は第1部と第2部の研究をふまえ、資本主義経済の一般的・普遍的な諸現象である費用価格、利潤、平均利潤率、利潤率の傾向的低下の法則、利子、地代などを扱い、資本主義経済の全体像の再構成を試みた。

(引用おわり)

この文章でも何が言いたいか解りません。簡単にまとめてみましょう。

>そこでマルクスは考えました。世の中には、剰余価値を搾取する資本家と、搾取される労働者という二大階級が存在する!!

つまり、資本家は、労働者を低賃金で働かせて、そのぶんの剰余価値を搾取している。本来、社会的必要という観点から支払うべき賃金を支払わず、その分を自らの懐に入れているのだというわけです。
なぜ、そんなことができるのか。それは、資本家には貨幣・土地・工場などの生産手段があって、労働者を雇えば生産できるのに対して、労働者には自らの労働力を売ることでしか生きていけないからです。
この問題を解決するためには、生産手段の私有を排して、社会主義あるいは共産主義の社会にしなければだめだというのが、マルクスの主張でした。

だが、剰余価値の発生を否定するが、国家、行政を維持する費用は何処から出てくるか。
一般的には国民から税金を取らねばならない。
その税金の査定根拠は剰余価値説ではどのように説明できるのか。

また実際は、各生産を受け持つ組織(民間企業ではないが結局は企業のような組織が登場する)が必要経費として確保したものの中から上納金として国家へ治めるか、その企業単位で福祉政策などを行うかである。
どちらにしても、国家を維持する為の金が足らず、従来とおり国民から税金をとっていた様である。
剰余価値説の原則的な事は理解できても、税金や国家の維持の為の経費の出処については明確な説明はない。

この曖昧な税体系が、各組織の幹部(共産党幹部)の企業の私物化を生み資本主義国家の富裕層に代わる腐敗を生みだした。

また一般的な剰余価値の定義について、具体的に色々な事例で説明しているが、
人間活動のすべてを剰余価値と言う基準で数値を当てはめることが本当に出来るのであろうか。

この疑問に対して後で、マルクス経済学を批判する立場からの指摘がある。
この大前提に瑕疵があれば、後の2部、3部は意味をなさない。
後世マルクスが広く受け入れられた原因に、マルクスが指摘した資本主義経済のシステムの矛盾の事がある。
実際にはマルクスは次のように指摘した。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: マルクス主義について ( No.3 )
日時: 2018/11/27 19:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:FMdlMn6w

マルクス自身は、結局のところ「資本論」を完結しなかった。
彼が描いた資本論の社会の実現は無理と解っていたのではないか。
マルクスの資本論の世界では、国家の構成そのものが出来なかったのである。
マルクスの「資本論」はあくまでも一つの私案にすぎず、欠陥理論であったのである。
マルクスは剰余価値の根拠を説いただけであり、それで国家の経営を含む、人間の経済活動が把握できたと勘違いしたのである。

それを高坂逸郎など日本の学者は文章の解説のみに精をだし、肝心の是非は問わなかった。
さらに、マルクス主義の指導者達は、マルクスの資本主義経済体制批判の部分のみを強調し、資本論の欠陥には目をつむる事で政治的な批判精神旺盛な若者を虜にする事になった。

マルクス自身は晩年、「インターナショナル運動」を組織して労働者の団結を図った。
資本論構成の中で資本家と労組者を仕分けしたことから、労働者が側の擁護が必要と思っていたのであろう。

マルクス自身は、この様であり、マルクスの資本主義経済体制批判は的を得たものであり、労働運動の必要性も有益な指摘であった。
しかしながら若くしてマルクスの著作を読んだレーニンが、マルクスの著作を大義名分にソ連共産党を組織する事を思いついた事から、後世のマスクス主義共産党独裁国家が現れた。

あとは歴史が示すとおり、マルクスの基本的な認識違いが悲劇となって現れた。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存