ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3175] しばらくぶりで復帰します。
日時: 2019/07/05 09:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:uY3N0oQw

最初に断って置きますが、私は糾弾掲示板の管理人(開設者)から委託されて掲示板上の問題の実質管理をしている者です。

その私の存在について私を煙たく思っていた方々も、私が休んでいた期間を御覧になり、少しは私の役目を御解かりになったことでしょう。
私も言いたいことは沢山ありますが、委細は申しません。
その代わりといいますか、糾弾掲示板の存在について改めて書いておきたく思います。

ブログでも掲示板でも、それを立ち上げた開設者には、それなりの想いがあります。
糾弾掲示板の場合、ヨーロッパに永住されている日本の方が、我が国の政治の現状を憂い、日本の社会がより良くなる為には政治がどの様なものであるべきかについて、私たちが語り合う場を設けたいと立ち上げられたものです。

また糾弾掲示板では、現実政治の批判も必要ですが、来るべき社会の有り様から政治の方向を模索することも大切なものと考えています。
来るべき社会の有り様といっても、それは特定の文章によって現されると考えているのではなく、糾弾掲示板に集まってこられた100人を超える人たちによる幅広い分野の膨大なスレッドの存在から導かれるものであると考えています。

この様な思いで集ってこられた皆様の3000を超えるスレッドに対して毎日、5000を越えるアクセスを頂いていることも誇らしい成果と思っております。

私の留守中、私を敬遠された人達も意欲的に投稿して頂いたことは解りますが、残念ながら意見の内容、展開が狭く少し物足りなく思っています。
また投稿してくださる皆さんの多くが高年齢であることもあり、その発想が似通っていることも否めません。
出来れば、若い人たちの参加によって新しく、もっと幅の広い価値観やパラダイムチェンジも見てみたいものです。

また、掲示板とは、投稿してくださる少ない人達だけの世界ではなく、ロムしてくださっている多くの人たち共有の広い世界と思っています。
故に、どなたの、どの様な記事でも「悪意の無い限り」尊重すべきものと考えています。

ブログと異なり掲示板では、意見に対する反論、意見交換が出来ることは掲示板の掲示板たる所以で好ましく思いますが、そうではなく、他人の意見、そのものを誹謗中傷する行為、または投稿者の人格攻撃は謹んで頂きたいものです。
また投稿者は、それぞれ考え方も違い、個性、表現の仕方も違いますので、他人がそれに対して注文をつけることはすべきでないと考えています。

最後に、最近は糾弾掲示板へ投稿してくださる方が減ってきています。
政治に魅力が無くなった現在、互いに掲示板活動に空しい気持ちがあることは解ります。
ですが、なにとぞ今一度踏ん張っていただき、人生の経験者の意見を投稿してくださり、子や孫の為に、若き後継者の為に何かを残そうではありませんか。

この様な訳で私は復帰することを決意しましたが、私自身も、すでに気弱にもなっていて何時まで続けられるか自信もありません。
それでも、今後とも糾弾掲示板を宜しく御願いしたいと思います。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: しばらくぶりで復帰します。 ( No.1 )
日時: 2019/08/28 07:48
名前: 遂犯無罪 ID:JxO6EqA2
参照: http://www.suihanmuzai.com/

長年に裁判司法問題サイトをしているとたまに相談が入ることがありますが、これが刑事であれば判り易いのですが民事では相手当事者の存在があり難しく一概には判断できず、また不本意な結果を招きうんざりしています、これもその一例ですが上告をするというこの方を止めたのですが、全く解っていずしつこくアドバイスを愁訴してきてうんざりしています、本件は建築問題とあり天立さんにお伝えしました。





本件は熊本県建設業者の工事です。(平成29年に廃業していますが、法人登記はそのままです) 建築士は一級建築士です。

借家を扱った不動産業者の紹介で弁護士と面談しました。その後弁護士から「受任したい」と電話があり

委任契約をしました。 その弁護士にこれでもかこれでもかと騙されつづけました。(騙される方が悪い。〇様はそう思われるかもしれませんが)

建築士、他の弁護士等はこの弁護士に忖度して違法な主張等を行いました。

ともかく、

当方の弁護士等、建築士等、調定委員建築士等は、法律と事実に沿った論をせず、真の争点外の論と水かけ論を続けました。 

そして、意味のない書面を1800枚以上出し、中には私が建築士と違反工事を協議していた

との記載もありました。 

 

二人目の現場を視察した裁判官は心ある人であったと思います。私を助けたくとも

立証できておらず、できなかったのではないかと思っています。 この裁判官の時は

私の尋問はありませんでした。 視察後に基礎の写真提出を求めました。

弁護士が結審を急いだ時「争点整理をして下さい。争点整理をして下さい。

原告と代理人の意見が異なります。準備書面と証拠説明書の内容も違います。

一審が大事です。一審が大事です」と指摘しましたが、弁護士は何ら改善せず、

この裁判官の転任3年間待ちました。  私も弁護士と随分メールでやり取りしましたが弁護士は間違った主張を続けました。



弁護士は、「本件では基礎などは問題ない」「本件は違反建築である」「平成12年から既存不適格になり、本件は建築基準法第3条3項3号に該当する」

と不適切な主張も続けました。 違反建築が是正工事をせずに既存不適格建築となるはずはないのです。



本件の真の問題点

1.本件は建設業者の建築工事で請負工事である。請負工事は工事を完成させることを目的としたもので

建設業者は建築基準法に適合させて工事を完成させる義務がある。(建設業法)

2.本件は延床面積100u以上の大規模修繕工事で建築士による設計及び工事監理を定めずには

  着工できないとする建築基準法第5条の6第5項に違反する工事である。

  しかし、建設業者、建築士は違反建築(注ア)の大規模修繕工事ありながら、設計どころか、

土地・建物の現況調査さえ、していない。

3.建設業者が「本件工事の設計をする建築士」と紹介した建築士は、私から新築図面を借りて

  現況図を作成して30u以上の増築が判りながら、私に建物履歴を聞きませんでした。

  建設業者と初めて自宅に来た時、「新築図面を貸してほしい」と言いま�靴燭��首鞜�瘤臀杜t咯種咋昭�咋昭�鞜郛鹿齔瘤昭�昭�赱齠粛齒麗鴉瘡昭齔瘤��跂洲肬銓灘壹Y臼�頸祉闌闥昨繖Ь  検査済証の有無の確認をしませんでした。

  また、私と一緒に建物を一回りして車庫基礎のブロック基礎と家屋の基礎が一体化しているため

  建築士は「違反建築」と判りながら、私共に建物が違反建築であることや工事についての説明や注意を

  全くしませんでした。

  そして、十分な打ち合わせもせず、何も決まらないままに1,2階の平面図各1枚と仕上書1枚を

  袋に入れて自宅のテーブルに置いて直ぐに帰宅しました。その際、書面内容について一切の説明や注意はありませんでした。

4.建設業は過去に本件建物の増改築を3回行い、その際に建物を違反建築にしていたのです。(工事中断後に判明した)

  違反建築であることを隠して私達に、車庫改装やシステムバス等の工事を勧めたのですが、このこと自体が

  建築士法違反です。

5 業者は場当たり的に工事を進め、建物を写真のように毀損させました。

  そして、防水工事を等を全く進めないため、工程等を聞くため社長宅へ行っても社長は部屋からでてきません。

  

屋根工事後は狭い敷地に足場のないほど散乱したまま放置され、私は足が悪いのですが、工事が早く進むように

  汗水たらして一人で一生けん命掃除をしました。 そして、トイレ拡張するために増設した基礎は北西の角�紡膺佑侶�腓侶蠅�△辰燭海��首鞜�瘤臀杜t咯種咋昭�咋昭�鞜郛鹿齔瘤昭�昭�赱齠粛齒麗鴉瘡昭齔瘤��跂洲肬銓灘壹Y臼�頸祉闌闥昨繖Ь  増設した玄関の基礎には板断熱材のような棒状2本が挟まっていたこと。を発見して手直しを依頼しました。

  工事業者、建設業者から一言の詫びもありませんでした。

  本当に、いろいろありました。

  業者は私の家族に「私が文句を言うから工事が進まない」と言っていました。

  私は母が早く自宅で生活できるようにと必死で掃除と、10時15時のお茶出しをしました。



  実に、いろいろありました。人生初めて車上生活も約1月しました。

  このことは弁護士に全て話しましたが、その弁護士が私を騙し続けたのです。

6.工事中断理由

H25年7月中ばの工事中断は防水工事等や工事完成時期が明確にされなかったこと。

  着工前や着工後に見積書等を要求したが業者は出さなかった。

  業者は「いくら迄出せるか」と言って口頭契約のまま契約書を作成しなかっこと。

  H25年7月前後に、建設業者は工事後に追加工事代を要求すると聞いたこと

  着工後に何も決まっていないこと、事前打ち合わせが必要と気づき、建設業者にその旨伝えたが

  事前打ち合わせができなかったこと。

  着工して1月後には建設業者は母に既に工事代に1000万円は使ったといったこと。

7.工事中断後、建設業者は屋根工事や風呂場の工事も終わった。工事代は1200万円以上かかっている。

  「1025万円の追加工事契約をしていないので工事は出来ない」と文書で通知した。

  しかし、1025万円には是正工事や違法工事等の工事代が含まれておらず、

  違反建築となる追加工事請求であった。

8.工事実態を知らなかったため、他の業者に工事継続を依頼するため現場には建築者、工務店に多く来てもらったが

  「屋根の水切りが切れています」「耐震工事はできません。すればできるが新築が安い」

  「風呂場のシロアリが心配ですね」「外壁に平ラスは使いません」「柱が釘止めで危険です」

   等を指摘して、どこも継続工事を行う所はなかった。

   専門家の説明を受けている時は無知で理解できなかったが、ネットで調べて知識を得ていった。

9  弁護士は信念のある建築士には建築士から断るようなメールを出した。

   裁判が進まないため、建築士探して弁護士に相談をさせた、その結果真の建築士は来なかった。



3人目の裁判官になり、私の弁護士が私の尋問を要求して私の尋問が行われましたが

尋問調書は意味不明な部分以外に、間違いが49か所あり、弁護士に訂正を要求しました。

弁護士は「尋問調書は間違っていても何ら問題はない。今までに訂正を申し出た人はいない」

と言いましたが、私は訂正を願いました。

そして、弁護士は49か所の内、19か所を自らピックアップして訂正申し立てをしましたが、

認定は結審後でした。



相手方の証拠書は4年以上の裁判で陳述書20枚が全てです。(業者も事実と異なることを書いています)

そして、その陳述書は建設業者、建築士等が自ら違反建築となる違法工事を行っている

ことを立証するものです。

私は控訴審での本人裁判では、私共の弁護士や建築士の主張や意見書の誤りから

立証する必要がありました。そして法律と事実に基づいた主張をしました

以下の写真もその一部です。簡単にできるソフトを使用しなかったため、作成に時間を要しました。

また、建築知識が薄いため、数千枚以上はある写真の選択に一番時間を要しました。

一審、二審では支離滅裂な判決文、仮処分さえ認められず、結果的に何も認められていないのと同じでした。

私は�梢討�膸�縫瓮鵐謄淵鵐垢鬚靴討い寝箸鮗困�掘�_烹横娃娃伊ヒ澎幣紊鮖拿个靴討い泙后��首鞜�瘤臀杜t咯種咋昭�咋昭�鞜郛鹿齔瘤昭�昭�赱齠粛齒麗鴉瘡昭齔瘤��跂洲肬銓灘壹Y臼�頸Ь一円ももらっていません。 本当に悲しいです。 弁護士、建築士等が依頼人を騙すこと

このような世の中であることを初めて知りました。



弁護士は勝手なことをして、裁判所は事実を、真実を法律を見ないこと。

日本では無知無力者に人権がないことを知りました。

今、知識を得て、本件は簡単に勝てる裁判であったことが判ります。

以前、写真等を見た建築士の方々からもそのように聞きました。

この弁護士は受けるべきでなかったと。本件は簡単に勝訴できる案件であった。



私は、常生活において人を騙すとか、嘘をつくとかそのような生活をしておりません。

件裁判においても一切の虚偽をしておりません。



私共は刑事事件であれば、人殺しの罪を着せられたえん罪者のようなものです。

上告、上告受理申立てをしても、高裁に握りつぶされることに今気づきました。

最高裁に書類を出せると思ったのですが、最高裁に書類がいくことさえないように思います。

真実の弁護士と、建築士等の支援があれば別でしょうが、今の日本の裁判では

真実が正義が勝つことはないこと、そして、真実は世間にも分からないまま

悪事がばれる世の中でないことを、見思って知りました。 大変悔しいです。



事実を何もご存じない方からでさえ、いわれもない疑いをかけられる

〇さんの電話や〇さんの電話で、まさにそのように思い、たまらない気持ちになりました。。

これからも、弁護士、建築士はなにごともなかったように

無知で疑うことをせぬ依頼者に対して、同じことをするかもしれません。

https://s.mypocket.ntt.com/F79jIw  写真

https://s.mypocket.ntt.com/FKblH2  写真

https://s.mypocket.ntt.com/FgA1Lm  写真
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存