ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3178] 日本(日本人)とは(日本人のルーツ)
日時: 2019/07/05 16:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:uY3N0oQw

(人口の問題)
紀元前2〜3万年ころの地球は寒冷化が進み人類の定住地に異変が起きた。
この一連の動きのなか、ロシア大陸と日本は氷上を歩いて渡る事ができ、モンゴルの北、バイカル湖周辺に住んでいた人たちが約7000人ほど日本に移住してきたと考えられている。

発見された縄文時代の遺跡数の分析から、縄文以降、各期の推定人口から、8,000年前の縄文早期の人口は、東日本地区で17,300人、西日本地区で2,800人の計、20000人と推定している(東日本地区の多くは北方から移住してきた7000人を含んでいる)。

一方、
・・・・・日ユ同祖という考え方があります。「シュメールと日本、同祖」というのが精確だと思います。

楔形文字は表意文字と表音文字との組合せで、これは日本語と同じやり方です。そして文法も、”既知名詞+変化名詞+変化態様”というように、日本語と語順が同じです。
シュメールとは現在の南イラクのことです。
こうしたシュメール文化が、南方(東南アジア・台湾)や朝鮮半島を経由して日本に入って来ました。

このうち黒潮に乗って移住してきた人たちは、日本海ルートをたどり九州北部、山陰から北陸地方に定住しました。
出雲大社を作った一族は相当大きな勢力を持っていたと考えられます。
他方、太平洋側へ渡った一族は九州南部の定住し熊襲を名乗っていました。紀伊半島へ向かって定住したと考えられます。

弥生時代に入ってから中国、朝鮮半島からの移住者が増えるまでは、この南方からの移住者が、縄文人の中核をなしていました。
縄文時代の人口のピークは26万人と言われています。

以上から、現代日本列島人は、旧石器時代から縄文時代を通じて居住してきた縄文人の系統と、弥生時代以降を中心に日本列島に渡来してきた弥生系渡来人の系統の混血であることがはっきりしたというわけだ。また、南方から来たアイヌ人(蝦夷)はこれらとはさらに別の第3の系統(ニブヒなどのオホーツク沿岸居住民)との遺伝子交流があったことがわかった。

(我が国への渡来人の歴史)
T 紀元前1万年頃   コーカサス(バイカル湖)方面から約7000人
U 紀元前1万年〜紀元前1000年  南方からの渡来人 縄文時代の中核を構成。北方系渡来人との交流もあり。
V 紀元前2〜3世紀 中国、朝鮮半島から移住し弥生人の中核となった。
  西暦5世紀までに100〜150万人と言われる。
  西暦5世紀後半〜6世紀  今来漢人(いまきのあやひと)が最新技術をもたらした。
  仏教の伝来もこの時期。
W 7世紀  百済・高句麗などから亡命してきた。

(参考)
弥生時代は紀元前1000年から西暦200頃までと言われていますが、弥生時代の後半の人口は60万人と言われています。
西暦700年(飛鳥・奈良時代)には540万人(100〜150万の渡来人を含む)となって行きます。

大和朝廷は紀元200年頃から始動を始め、国家としての形を形成するのは紀元500年頃である。

日本と言う国家は、この時期に初めて成立する概念であり、紀元500年ころ、大和朝廷を成立させた部族を、その民族とすることが出来る。
その部族とは、弥生時代以降、700年簡の移住してきた渡来弥生人が中核となるでしょう。
渡来弥生人と言っても700年の間に民族間の混血が進み、縄文人も含まれることになる。
しかしながら、大和朝廷に服従しないアイヌ(蝦夷)人の一部は、頑強に抵抗しやがて東北、北海道地方に追いやられる。

要するに18世紀に建国したアメリカは、アングロサクソン人が支配しているが、今尚インデアンと言う現住民族がいると同じことである。
我が国(日本人)のルーツ探しも、弥生人をそれとするか蝦夷(アイヌ)を日本人の原型とするか、見方によるものとしなくてはならない。

さて、次には日本の社会の様相を見てみましょう。
我が国に稲作が伝えられたのは紀元前800年(弥生前期ないし縄文後期)とされている。
それ以前と言う説もある。

稲作の伝来、定着と共に社会的大きな変化は環濠集落誕生と社会構成である。
最初は小さな集団から始まったのであろうが、これが段々と大規模なものとなり直径が数百メートルもある大規模なものとなり、村の概念から国の概念へと発達して行く。
また収穫物と言う財産を保持することになり、狩猟生活における獲物の取り合いとは別の、集団同士(村)の熾烈で大規模な争奪戦を生む原因ともなった。

「 クニ」の形成

弥生時代、当時の最先進地域であった北部九州では、当初、それぞれ個別の集落として存在していた「ムラ」が、農耕が基本に持つ高い人口再生産力を発揮してムラの拡大・分化を生み、近辺の生産適地を埋め尽くすように未開地を耕作地へ変えていった。

その結果増加した「ムラムラ」が、弥生前期後半ごろから小共同体(おそらく血族集団、本家と分家などから構成されたような共同体)に成長し、更にその小共同体が、指導力を持った中心的な小共同体と、そういう小共同体との共存を図ろうとする従属的な小共同体とに階層化し、それらが一つのグループとなって「クニ」を形成し始めた。
クニ形成の基本的要因は、水資源の共有化や管理の一元化の必要性が生じたことにあったと思われる。

それほどにムラの数や人口が急増し、北部九州の中小河川の水量では、その効率的な利用が強く求められたからであろう。
当然、クニの内外で調整や裁定というような社会的作業や、それがうまく図れなかった場合には、争いが−すなわちこの列島において初めての戦争が−起こったであろう。
それは次第に、大リーダー(大首長)と小リーダー(小首長)、さらにその構成員というように、人々の間に階層的な関係を発生させた。
縄文時代には考えられなかった、社会構造が形成され始めたのである。

そうした日本列島の新しい鼓動は、半島や大陸の方にも聞こえ始めていた。
「楽浪海中に倭人有り、分かれて百余国を為し、歳時を以て来たり献見す、と云ふ」
これは『漢書』に記された一文の読み下し文であるが、中国の正史に「倭」が登場した最初の記述である。時代は紀元前1世紀の頃。
現代文に直せば

「楽浪郡から海路を行った先に倭人と言う処がある。(倭の人々がいる、という読み方が一般的であるが、そういう漢文の用法は見出せない、という意見もある) 100以上の国々に分かれており、毎年、四季毎に(楽浪郡政庁を)訪れて貢物を献上する、と言う話である」

これはすなわち、当時の漢(前漢)を中心とする東アジアの国際社会の中に、倭(or倭人)と呼ばれる北部九州を中心とした西日本のクニグニが、一つの勢力として登場してきたことを意味する。
そして、100余国すなわち100余クニとは北部九州だけで収まりきれるものではなく、おそらく「倭」とは西日本全体を指していたのであろう、としている。

中国は後漢の時代、倭の「奴国」が自称太夫(=大臣、長官)を遣わして朝貢をした。時の皇帝・光武帝は返礼として印綬を下賜したという。
この一文は有名な「漢委奴国王」 により証明された。

そして民族の特性として、大和民族は農耕民族、あるいは島国に居住することから海洋民族と分類される場合もある。 また江上波夫が騎馬民族征服王朝説を唱えたが学術的には否定されている。

このような中で、日本列島に住む民族の間に自然発生的に生まれ育った伝統的な民俗信仰・自然信仰を基盤とし、豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立したのが神道のはじめである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本(日本人)とは(日本人のルーツ) ( No.11 )
日時: 2019/08/21 10:05
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:qC8xBU3g

>分類とは、複数の事物や現象を、何らかの基準に従って区分することによって体系づけることである。そうして作られたグループをカテゴリという。

>事物は多様である。それを扱う場合、ある特徴でもって共通であるものをまとめることで極めて多様である事象を多少とも簡略化することが出来る。これが分類である。学問全般が多かれ少なかれ様々な分類によって事物・事象を分析・整理して扱う性質があるといえる。

要するに分類は、その必要に応じて行なうもの。
限りなく分類すれば、それは事象の数ほどに分けねばならなず、もはや分類にはならない。
逆に、大雑把過ぎると、分類の効果を得られない。

この観点からみて、
自分の頭では何も考えない日本人を嘆く者氏の分類は、日本人を特定する目的にはそぐわない。

他方、 贅六@関西弁氏や ooeyama 氏は分類すること、そのものに異を唱えている。
しかし、このスレッドは、元々、日本人の発祥を特定したい為に書いているもの。
分類なくして語れない。

要するに両氏は、このカテゴリー(スレッド)自身を否定したいのであろう。
またご丁寧にも「大和魂<日本人の心のルーツを探る」を取り出して、そのスレッドの意義を否定しているが、文脈上でどこに、その必要性があるか。

余談になるが、 贅六@関西弁氏、日本貧民党氏(同一人)が私を非難するときの口癖が「私は文章の読解力がない」とのことであるが、どういたしまして、彼が思う以上に彼の心情は手に取るように解っているつもり。

>贅六@関西弁氏 ID:7CaTNJEAの言われる如く、大して重要な事でない! と00eyamaも思います。

この様に言う、00eyama氏もあるいは贅六と同人物なのであろう。
かれは4つのHNを使って私に纏わり付いていたことになる。
呆れたものだ。
否、追分の三五郎と言った御仁も同じような捨て台詞と共に去って行った。

翻って、糾弾掲示板などで政治を語ることも、人間の精神的ある種のカテゴリーに入る。
社会の様相を見るに、政治、経済、教育、芸術など、人間活動のカテゴリー毎の議論が存在し、必要である。

両氏は、自分勝手な立場で、時にはカテゴリーにこだわり、場合によってはカテゴリーを否定する。
それは意見の交換が目的ではないことを意味する。

それでは、意見は異なるが、
自分の頭では何も考えない日本人を嘆く者氏の対応の方が、余程誠実である。

贅六@関西弁氏や ooeyama 氏について考えてみた。
両氏の投稿の中には、この様な場面がしばしば出てくる。
両氏は、それぞれの意見を言うも、元々、私の存在、そのものが気に入らないのであろう。

私が糾弾掲示板の画面の管理をしていることが気に入らないのかもしれないが、確固たる掲示板は、どこでも管理者が存在している。
完全放置の掲示板が、どの様になっていくか、氏は解らないのであろうか。

以前にヤフー掲示板にいたことがある。
ヤフー掲示板も一応は管理者がいることになっていたが、殆ど放置状態。
そのために、紙面は罵声の浴びせあい、荒らし、ストーカーが蔓延り、真摯な交流を続けたい者にとっては悲しい経験をした。

その経験から、糾弾掲示板は参加者にとって居心地の良い掲示板であろうとした。
過去には、それに感謝されている人もいた。

糾弾掲示板の参加者が減ってきた理由に、この掲示板は真面目すぎると言うか、正論を言う場合が多く、気軽に発信したい人にとって堅苦しく思われていることもあるのではなかろうかと思っている。
同時に、政治の腐敗と言うか、政治家のテイタラクを見て、ことさらに発信する意欲を無くされた方が多いと思っている。
私自身も、その気持ちを免れない。

阿修羅掲示板においても、意欲的にスレッドを立ち上げる人が激減して、最近のスレッド立ての8割ほどは、赤カブをはじめ数名の管理者側の人間がしている。

また、糾弾掲示板に参加していらい十数年、
意見が対立した方はいるが、この様な姿勢で私に絡んでくる投稿者は居なかった。

私は両氏の意見に賛同することはあっても、非難したことはない、
その私の何処が気に入らないというのであろう。


(参考)掲示板の管理について

阿修羅掲示板では、罵声を浴びせることを目的とした投稿、スレッドの流れを阻害するような投稿は管理人が非表示としている。

るいネットは、管理人の立場で投稿者の意見に優劣をつけ佳作、優秀作などランクをつけている。

今は活動停止している老人党掲示板は数名の管理者をおいていたが、管理者の意向を反映するような行為が行われ、衰退していった。
(老人党掲示板自体が、右傾化していった)

糾弾掲示板において、スレッドを大切にしているのは、そのスレッドが末永く活動できるようにすることと、スレッドの乱立により流れが目ぐるしく推移すること、また特定の投稿者の身勝手な投稿が掲示板を占めることが無いようにするためです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存