ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3178] 日本(日本人)とは(日本人のルーツ)
日時: 2019/07/05 16:22
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:uY3N0oQw

(人口の問題)
紀元前2〜3万年ころの地球は寒冷化が進み人類の定住地に異変が起きた。
この一連の動きのなか、ロシア大陸と日本は氷上を歩いて渡る事ができ、モンゴルの北、バイカル湖周辺に住んでいた人たちが約7000人ほど日本に移住してきたと考えられている。

発見された縄文時代の遺跡数の分析から、縄文以降、各期の推定人口から、8,000年前の縄文早期の人口は、東日本地区で17,300人、西日本地区で2,800人の計、20000人と推定している(東日本地区の多くは北方から移住してきた7000人を含んでいる)。

一方、
・・・・・日ユ同祖という考え方があります。「シュメールと日本、同祖」というのが精確だと思います。

楔形文字は表意文字と表音文字との組合せで、これは日本語と同じやり方です。そして文法も、”既知名詞+変化名詞+変化態様”というように、日本語と語順が同じです。
シュメールとは現在の南イラクのことです。
こうしたシュメール文化が、南方(東南アジア・台湾)や朝鮮半島を経由して日本に入って来ました。

このうち黒潮に乗って移住してきた人たちは、日本海ルートをたどり九州北部、山陰から北陸地方に定住しました。
出雲大社を作った一族は相当大きな勢力を持っていたと考えられます。
他方、太平洋側へ渡った一族は九州南部の定住し熊襲を名乗っていました。紀伊半島へ向かって定住したと考えられます。

弥生時代に入ってから中国、朝鮮半島からの移住者が増えるまでは、この南方からの移住者が、縄文人の中核をなしていました。
縄文時代の人口のピークは26万人と言われています。

以上から、現代日本列島人は、旧石器時代から縄文時代を通じて居住してきた縄文人の系統と、弥生時代以降を中心に日本列島に渡来してきた弥生系渡来人の系統の混血であることがはっきりしたというわけだ。また、南方から来たアイヌ人(蝦夷)はこれらとはさらに別の第3の系統(ニブヒなどのオホーツク沿岸居住民)との遺伝子交流があったことがわかった。

(我が国への渡来人の歴史)
T 紀元前1万年頃   コーカサス(バイカル湖)方面から約7000人
U 紀元前1万年〜紀元前1000年  南方からの渡来人 縄文時代の中核を構成。北方系渡来人との交流もあり。
V 紀元前2〜3世紀 中国、朝鮮半島から移住し弥生人の中核となった。
  西暦5世紀までに100〜150万人と言われる。
  西暦5世紀後半〜6世紀  今来漢人(いまきのあやひと)が最新技術をもたらした。
  仏教の伝来もこの時期。
W 7世紀  百済・高句麗などから亡命してきた。

(参考)
弥生時代は紀元前1000年から西暦200頃までと言われていますが、弥生時代の後半の人口は60万人と言われています。
西暦700年(飛鳥・奈良時代)には540万人(100〜150万の渡来人を含む)となって行きます。

大和朝廷は紀元200年頃から始動を始め、国家としての形を形成するのは紀元500年頃である。

日本と言う国家は、この時期に初めて成立する概念であり、紀元500年ころ、大和朝廷を成立させた部族を、その民族とすることが出来る。
その部族とは、弥生時代以降、700年簡の移住してきた渡来弥生人が中核となるでしょう。
渡来弥生人と言っても700年の間に民族間の混血が進み、縄文人も含まれることになる。
しかしながら、大和朝廷に服従しないアイヌ(蝦夷)人の一部は、頑強に抵抗しやがて東北、北海道地方に追いやられる。

要するに18世紀に建国したアメリカは、アングロサクソン人が支配しているが、今尚インデアンと言う現住民族がいると同じことである。
我が国(日本人)のルーツ探しも、弥生人をそれとするか蝦夷(アイヌ)を日本人の原型とするか、見方によるものとしなくてはならない。

さて、次には日本の社会の様相を見てみましょう。
我が国に稲作が伝えられたのは紀元前800年(弥生前期ないし縄文後期)とされている。
それ以前と言う説もある。

稲作の伝来、定着と共に社会的大きな変化は環濠集落誕生と社会構成である。
最初は小さな集団から始まったのであろうが、これが段々と大規模なものとなり直径が数百メートルもある大規模なものとなり、村の概念から国の概念へと発達して行く。
また収穫物と言う財産を保持することになり、狩猟生活における獲物の取り合いとは別の、集団同士(村)の熾烈で大規模な争奪戦を生む原因ともなった。

「 クニ」の形成

弥生時代、当時の最先進地域であった北部九州では、当初、それぞれ個別の集落として存在していた「ムラ」が、農耕が基本に持つ高い人口再生産力を発揮してムラの拡大・分化を生み、近辺の生産適地を埋め尽くすように未開地を耕作地へ変えていった。

その結果増加した「ムラムラ」が、弥生前期後半ごろから小共同体(おそらく血族集団、本家と分家などから構成されたような共同体)に成長し、更にその小共同体が、指導力を持った中心的な小共同体と、そういう小共同体との共存を図ろうとする従属的な小共同体とに階層化し、それらが一つのグループとなって「クニ」を形成し始めた。
クニ形成の基本的要因は、水資源の共有化や管理の一元化の必要性が生じたことにあったと思われる。

それほどにムラの数や人口が急増し、北部九州の中小河川の水量では、その効率的な利用が強く求められたからであろう。
当然、クニの内外で調整や裁定というような社会的作業や、それがうまく図れなかった場合には、争いが−すなわちこの列島において初めての戦争が−起こったであろう。
それは次第に、大リーダー(大首長)と小リーダー(小首長)、さらにその構成員というように、人々の間に階層的な関係を発生させた。
縄文時代には考えられなかった、社会構造が形成され始めたのである。

そうした日本列島の新しい鼓動は、半島や大陸の方にも聞こえ始めていた。
「楽浪海中に倭人有り、分かれて百余国を為し、歳時を以て来たり献見す、と云ふ」
これは『漢書』に記された一文の読み下し文であるが、中国の正史に「倭」が登場した最初の記述である。時代は紀元前1世紀の頃。
現代文に直せば

「楽浪郡から海路を行った先に倭人と言う処がある。(倭の人々がいる、という読み方が一般的であるが、そういう漢文の用法は見出せない、という意見もある) 100以上の国々に分かれており、毎年、四季毎に(楽浪郡政庁を)訪れて貢物を献上する、と言う話である」

これはすなわち、当時の漢(前漢)を中心とする東アジアの国際社会の中に、倭(or倭人)と呼ばれる北部九州を中心とした西日本のクニグニが、一つの勢力として登場してきたことを意味する。
そして、100余国すなわち100余クニとは北部九州だけで収まりきれるものではなく、おそらく「倭」とは西日本全体を指していたのであろう、としている。

中国は後漢の時代、倭の「奴国」が自称太夫(=大臣、長官)を遣わして朝貢をした。時の皇帝・光武帝は返礼として印綬を下賜したという。
この一文は有名な「漢委奴国王」 により証明された。

そして民族の特性として、大和民族は農耕民族、あるいは島国に居住することから海洋民族と分類される場合もある。 また江上波夫が騎馬民族征服王朝説を唱えたが学術的には否定されている。

このような中で、日本列島に住む民族の間に自然発生的に生まれ育った伝統的な民俗信仰・自然信仰を基盤とし、豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立したのが神道のはじめである。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

アイデンティティーとは⁉ ( No.13 )
日時: 2019/09/27 19:29
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ZHKCF.LQ

>「アイデンティティー」とは

1 自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。主体性。自己同一性。「アイデンティティーの喪失」
2 本人にまちがいないこと。また、身分証明。

>人種・民族的アイデンティティーについて次の文章を紹介します。

私が日本を離れて海外に住むようになったのは、 ちょうど1990年代半ば。それまでは、自分が日本 人であることを何かの折に誇りに感じること(例 えば、日本人研究者がノーベル賞を受賞したり、 アスリートがオリンピックでメダルを獲得した時 など)はあっても、何故自分は「日本人」であっ て、そのことが如何に自分の人生に係わってくるか等、胃が痛くなるまで深刻に考える必要はそれほどなかった。 日本の法律によれば、日本国籍を有する者は 「日本人」である。しかし、実際のところ、この 「日本人」の定義は、一般の日本人が「日本人」 とみなす「日本人」の定義と相当乖離がある。

1980年代後半、日本経済がバブルを謳歌していた 頃、労働力不足を暫定的に解決する方法として、 外国人労働者をゲストワーカー的に採用すること の是非が熱く論じられた。その中で、特に脚光を 浴び、実際に日本政府によって実行されたのは、 かつて日本が貧しかった頃に南米へ移民した日本 人の子孫を、優先的に受け入れるという政策である。南米からの日系人の受け入れは、戦後の、 「日本人の血」を重視する「日本人」の定義にも かない、他人種の移民よりは感情的にも受け入れ 易かったのだろう。世論も彼らの受け入れに納得 したかのように思われた。ところが、実際に南米 から来た「日本人」の子孫は、外見上は「日本人 の血」を受け継いではいたが、「日本人」らしさを喪失してしまい、文化的にはむしろラテン系。 多くの日本人が、文化でも「日本人」らしさを体 現していないと、「日本人」ではないのだと気づかされた。

したがって、ある研究者の言を借りる ならば、一般の日本人は、国籍・文化・血統の3 つが「日本人」として一致して、はじめて「日本 人」だとその人を認識するというのである。私は これを「3+(スリー・プラス)の日本人」と呼 んでいる。そして、この3つの変数を「日本人」 として満たさない、「3−(スリー・マイナス) の外国人」という概念が対極に位置する。 「3+」等というと、なんだか傲岸なように聞 こえるかもしれない。しかし、この言い方は、日 本に住んでいる多くの日本人が、自分が日本人で あるという「視えない特権」を、日々享受しているということを喚起するのに役立つ。

例えば在日 コリアン。4世・5世ともなれば、文化的にも、 外見的にも「3+」の日本人と変わりないように 見えるが、日本国籍を持たない故の彼らに対する 差別も未だにある。日本に住んでいるのだから帰 化して「本当の日本人」になってしまえばいいのにという声も聞くが、そんな簡単な問題ではない。 1999年の小樽温泉事件の被害者・有道出人氏(元 米国籍)は、帰化による「日本人」であったが、そ の外見上の明らかな違いから「Japanese only」 とのサインを掲げた温泉で、入浴を拒否された。 この事件は、人種差別として、後に裁判沙汰になった。かように、日本で「3+の日本人」である ことは、実は「特権的」(privileged)なことな のである。日本なんだから、そんなこと当たり前だろうと主張する方々もいるかもしれない。しか し、この当たり前な「不可視的な特権」の顕在化は、日本人のコスモポリタン化や日本のグローバ ル化には重要なことだと思う。
(引用終わり)

最後に出てきた、コスモポリタンについて考えてみましょう。

>コスモポリタン

国籍・民族などにとらわれず、世界的視野と行動力とをもつ人。世界人。国際人。また、そのようなさま。

民族のアイデンティティーなどのことを言いますと、多くの方、特に若者はコスモポリタンを目指すのに、その様なもの(アイデンティティー)が必要かと思うでしょう。

それでは、さらに問いたい。
そうなれば、人類(人間)としてのアイデンティティーが求められるのではないか!と、
最初に挙げたアイデンティティーの意味は、

>自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。

であった、個人でも集団でも、人間は共生社会で生きている。
であれば、
上の「連続する同一のもの」を意識する必要があるのではないか。
必要と言うよりも、それがなければ共生社会は成り立たない。

一方で、現代人は民主主義社会の恩恵を受けて、個人の権利、自由を主張するのがアイデンティティーの様に思っているのではないか。
民主主義の社会における個人の尊重意識など、

>自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。

この問題の極一部の要素に過ぎない。
個人の尊重が人類のアイデンティティーとして抱合することなど出来ないのである。

アイデンティティーとは、そのような概念。

とりあえず、我々は民族、国家という共生社会を構築し、その中のアイデンティティーと共に生きている。

そのアイデンティティーを捨て去れば、世界国家が実現すると言う考えは、短絡的過ぎている。
人間と言う種族は、そのようにたやすい種族ではなく、世界で最も難儀な種族である。

逆に民族的アイデンティティーを乗り越えてこそ、世界国家が生まれるのである。
この様な意味で、現代日本人は、個人的アイデンティティーさえも覚束ない。
ましてや民族、国家のアイデンティティーなど、思いもしない。

それでは、水辺の浮き草の様なもので、自主的に方向性など見つけることもできない。
自然に身を任せ漂うばかり。
それが現代日本である。


メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存